インフォメーション

最近の製作物
ギャロップ[1/1200][製作依頼品]
ガルダ(UC版) [製作依頼品]
タイムメカブトン[ヤフオク!出品終了]
知波単学園[チハ][新砲塔チハ][ハ号][ヤフオク!出品終了]
VF-25F スーパーメサイア[ヤフオク!出品終了]
サンダーバードS号[ヤフオク!出品終了]
サンダーバード2号&4号[ヤフオク!出品終了]
IV号戦車D型改&あんこうチーム[製作依頼品]
ミレニアム・ファルコン[ヤフオク!出品終了]
ポー専用 Xウイング[ヤフオク!出品終了]
ギャロップ[2台目][製作依頼品]
アルカディア号[製作依頼品]
ドラムロ[ヤフオク!出品終了]
X-wing[ヤフオク!出品終了]
61式戦車[製作依頼品]
グランビートル&カイゼルビートル[製作依頼品]
ガンダムアストレイ レッドドラゴン[製作依頼品]
テスタロッサ[2台目][製作依頼品]
テスタロッサ[1台目][製作依頼品]
タイ・ファイター&タイ・アドバンスト[ヤフオク!出品終了]
R2-D2&R5-D4[ヤフオク!出品終了]
AT-ST[ヤフオク!出終了]
マクロス要塞艦[ヤフオク!出品終了]
ギャロップ[製作依頼品]
それ以前の作品

プラモデル・ガレージキットの代行製作お受けします。
見積希望の方はg_cubeweb@yahoo.co.jpに「○○製作希望」とメールして下さい。
※「g_cubeweb」の「 _ 」はアンダーバーです。ご注意下さい。

|

2016年12月 5日 (月)

1/1200 ギャロップ&カーゴ製作 (各部加工3)

4923
今回のギャロップは3DCGを元にしてるためか、ややディティールがあっさりしてます。
依頼主と相談して、以前製作したB-CLUB版を参考にディティールアップすることにしました。

まずはエンジン前後の塗り分け部にスジ彫りします。

幅を測るため2ミリマスキングテープを貼ったら、それに沿ってスジ彫りガイドテープを貼ります。
この後、マスキングテープを剥がしてスジ彫りします。
4932
スジ彫りが終わったら細切りプラ板を貼ります。
ここでも位置がずれないようにマスキングテープをガイドにします。
4942
ギャロップのエンジンのディティールアップ終わりました。
エンジン裏側にはシャッターのモールドも掘りました。
4939
カーゴのエンジンも同様にディティールアップしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月29日 (火)

1/1200 ギャロップ&カーゴ製作 (各部加工2)

4901
ギャロップ&カーゴのエンジンダクトにはディティールが無いので市販パーツを貼ってディティールアップします。
ただ、市販パーツが直径4ミリなのに対してエンジンの穴は少し小さいです。
4920
3ミリ径を使うと隙間が大きいので4ミリ径の物を一回り削ってピッタリ嵌るようにしました。
4922
噴射口にも市販パーツを貼ります。
こちらは3ミリの物がそのまま使えました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月27日 (日)

1/1200 ギャロップ&カーゴ製作 (各部加工)

4907
再洗浄がすんで、乾燥させたらガイアのマルチプライマーを塗り、ガイアサフを上塗りします。
サフを吹いて各部の状態が確認しやすくなったら仕上げていきます。
4910
このキットの原型はおそらく3Dプリンターで作られてます。
3Dプリンターには詳しくないのですが、谷になった部分は苦手の様でエンジンとアームの境目が甘くなってます。

そういった箇所をカチッと仕上げることでメカとしてのリアル感を上げる事が出来ます。
ココをハッキリさせると共にスジ彫りを追加して別パーツ感も増します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月24日 (木)

1/1200 ギャロップ 製作(仮組)

4905
ギャロップ&カーゴ仮組みしました。

 
ココからバラして再洗浄したらサフ吹きです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月19日 (土)

1/1200 ギャロップ 製作(洗浄)

4889
今回製作するのはレジン製キットなので離型剤を落とすため洗浄します。
ポリデントを溶かしたお湯に漬け込んだ後、中性洗剤+クレンザーを歯ブラシに付けゴシゴシ洗います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月18日 (金)

1/1200 ギャロップ 製作

4887
次のお題は戦艦屋製「1/1200 ギャロップ」です。
当日版権のガレージキットです。

依頼品なのでオーダーに従い製作します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月16日 (水)

1/1200 ガルダ(UC版)製作(細部塗装)

4829
ウェザリングが終わったら窓・翼端灯・衝突防止灯を塗ります。
これらはシタデルカラーを筆塗りしました。

全ての塗装が終わりましたので、ツヤ消しクリアを吹き付けます。
ツヤ消しクリアは2度吹きしてツヤをしっかり消します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月12日 (土)

1/1200 ガルダ(UC版)製作(ウェザリング)

4824
細かいパーツを付け終わったらウェザリングです。

エナメル塗料の茶・黒・グレーをランダムに塗り乾かします。
4827
塗料が乾いたら全体に薄めたダークブラウンを塗りキムワイプで拭き取ります。
拭き取りは機体が汚れる方向を考えながら拭き取ります。
先に塗った塗料を溶かすように拭き取りつつ違和感のない様に仕上げていきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月11日 (金)

1/1200 ガルダ(UC版)製作(組立)

4821
全ての塗装が終わったらマスキングテープを剥がします。
結構な数なので剥がし忘れないように注意します。

その後、細部を筆塗りします。
4823
機体各部に機銃を接着します。
機銃の入る穴にゼリー状瞬着を塗り、機銃を仮止めします。
機銃は左右や水平に注意しながら位置を決めます。

機銃の位置が決まったら接合部に瞬着を流し込んで固定します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月 9日 (水)

1/1200 ガルダ(UC版)製作(塗装2)

4807
サブコクピットをマスキングしたら全体にボディ色のパープルグレーを塗ります。
4810
パネルラインの部分をマスキングします。
色々な幅や長さのテープを用意して貼ったり、モールドに合わせてカットしたりします。
4812
マスキングが終わったら全体にベースグレーを塗ります。
4815
エッジを残すようにパープルグレーを塗ります。
その後、白を足してハイライトを塗り、更に白を足した物を上面を中心に塗ります。
4818
パネルラインの色の差は同じ条件で塗ったプラ板で確認します。
1色塗り終わる度に様子を見て、あまりクドくならないように塗り重ねます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月 6日 (日)

1/1200 ガルダ(UC版)製作(塗装)

4800
ダクト・ノズルカバー等にグレーを塗ったらマスキングして、機首やサブコクピットに紫を塗ります。

UC版のガルダはグレーですが、オーダーで今作はTV版の紫に塗ります。
4802
紫を塗りおえたらパネルラインを再現するため、細切りマスキングテープを貼ります。
4804
次にMAX塗り下地用にベースグレーを塗ります。
4806
エッジを残す様に紫を細吹きしたら、さらに紫に白を足した物を上塗りします。

塗料が乾いたら紫部分をマスキングして全体の塗装です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月 3日 (木)

1/1200 ガルダ(UC版)製作(最終仮組)

4741
主翼付け根に隙間があったのでプラ板を挟んで隙間を埋めました。
ココ以外にも隙間が目立つところは埋めてます。
4797
すべての加工が終わったので仮組みして最終チェックします。

問題ないので塗装に入ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月 2日 (水)

1/1200 ガルダ(UC版)製作(各部加工9)

Garu12
キットでは垂直尾翼のモールドが省略されてるので再現します。
4786
細切りのプラ板をマスキングテープで仮止めします。(画像左)

斜めに切ったプラ板を接着します。(画像右)
4790
尾翼からプラ板を外し、反対側に細切りプラ板を接着します。

余分な部分を切り取ったらリューターに噛ませ、円錐状に削り出します。
4796
形が出たら垂直尾翼に接着します。

この後、仕上げ・スジ彫りを施します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月25日 (火)

1/1200 ガルダ(UC版)製作(各部加工8)

4760
キットのノズルは奥まってるのでかさ上げします。
まずはノズルにプラ板を接着して土台とします。
4766
ノズル取付用の治具を作ります。
0.5ミリプラ板の小片を1ミリプラ板に貼り付けました。
4769
ノズル土台のプラ板に接着剤を少し着け、ノズルを仮止めします。
4770
プラ板の治具を押しつけ、ノズルカバーより0.5ミリ低い位置に固定します。
プラ用接着剤は乾燥が遅いので位置をずらすことが出来ます。
4772
正しい位置になったら、土台部分に流し込み接着剤を流し込んで固定します。
 
これでエンジンの改造は完了です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月24日 (月)

1/1200 ガルダ(UC版)製作(各部加工7)

4731
ノズルカバー下端の成型が終わったらスジ彫りを追加します。
ここでもプラ板の目盛が役に立ちます。
スジ彫りの位置そのものに目盛が無くても水平・垂直の当たりとして充分役に立ちます。
スジ彫りが終わったらプラ板全体に軽くヤスリをかけ、目盛を削り落とします。
4736
エンジンカバーにもスジ彫りを追加します。
スジ彫りのガイドにはHiQPartsの「スジボリ用ガイドテンプレート ジグ2」を使いました。
4742
スジ彫りが終わったらエンジンカバー角を落とす為の治具を作ります。
1ミリプラ板を垂直に接着したら角から1ミリの箇所にスジ彫りを入れ、見易いようにスミ入れします。
4750
それをエンジンカバー角に当て、鉛筆で当たりを書きます。
4761_2
エンジンカバー角をヤスリで削ります。
鉛筆の当たりまで削ったら先ほどの治具をもう一度当てて、ちゃんと削れてるかチェックして完成です。
エンジンカバーのエッジ(赤線)も面取してます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月20日 (木)

1/1200 ガルダ(UC版)製作(各部加工6)

Garu052
UC版ガルダの機体上部エンジンカバーはデザインが変更されてます。
Img_7985
キットはTV版のままでエンジンカバーが一体でラインも違います。
ノズルも奥まってます。
4723
まずはエンジンカバーをUC版デザインに合わせ後端を垂直にカットします。
4722
紙でノズルカバーを試作して長さを決めます。
何種類か試して、4ミリに決定しました。
4727
ノズルカバーの上面をエンジンカバーに接着します。
プラ板はWAVEのメモリ付プラ板を使いました。
このプラ板は大変便利で位置決めを確実に行えました。
4728
ノズルカバー側面にプラ板を張りました。
乾燥したら下端を成型します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月 6日 (木)

1/1200 ガルダ(UC版)製作(各部加工5)

4704
キットには機銃用の金属砲身が付属してます。
全長5ミリ、接続用軸0.3ミリと大変小さいです。
4706
金属砲身の脱脂は砲身が入っていた袋にシンナーを入れ洗浄しました。
この後、無くさない様に慎重に取り出し、乾燥させます。
4710
機銃台座はランナーに付いたまま砲身取付用の穴を開けます。
台座には開口用の当たりが有り、大変助かりました。
コレが有ると無いとでは大違いで、おかげで失敗せずに穴開け出来ました。

機銃差し込み用に0.4ミリ、裏側に0.5ミリの穴を開けました。
4718
機銃台座裏側に開けた0.5ミリの穴に指示棒を挿したらゲートを処理します。
ゲート処理が終わったら機銃を瞬着で接着します。
機銃がシッカリ固定されてるのを確認したらプライマー&サフを吹きます。
4720
機体にはTV版の機銃のモールドが有るので削り落とし、リューターで新規機銃が入る様に穴を開けます。
機銃は角度違いで何種類か有るので場所に合わせ接着します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月 5日 (水)

1/1200 ガルダ(UC版)製作(各部加工4)

4703
キット底部にはスタンド用の3ミリ穴を開けるガイドが有るのでボール盤を使って垂直に開けました。(画像左)

裏側から5ミリの穴を開けます。
表に貫通しないように注意して開けます。
穴を開けたらポリキャップを埋め、瞬着で固定します。(画像右)
コレによりスタンド軸をしっかり固定します。
この後、プラ板で穴を塞いでストッパーにします。
Img_7987
各翼は付け根に真鍮線を埋め込み固定します。
塗装用の持ち手にするため長めに残してます。
Img_7992
気泡で角が欠けてる場合は少し削ってレジンランナーの小片を接着して削り出します。

微細気泡が有る場所はサフを擦り込む様に筆塗りして潰していきます。
サフが乾燥したらペーパー掛け&モールドの掘り直しをします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月30日 (金)

1/1200 ガルダ(UC版)製作(各部加工3)

Img_7977
キットの翼端にはアンテナのガイドになるモールドが有るので、ココにアンテナを追加します。
Img_7981
モールドに沿って溝を掘ります。
今回はアンテナに0.5ミリ真鍮線を使いますので、溝も0.5ミリ幅で掘ります。
Img_7979
長さを揃えた真鍮線を接着します。
溝に埋め込むので強度も出ます。
Img_7983
リアハッチ上のモールドが片側欠けていたので真鍮線で作り直しました。
接着した後、先端を少し尖らせました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«1/1200 ガルダ(UC版)製作(洗浄・サフ吹き)