最近の製作物

アレキサンドリア[制作依頼品]
ゴッドフェニクス・ミニメカ[制作依頼品]
アームズフォート アンサラー[制作依頼品]
フェラーリ458[制作依頼品]
ゴッドフェニックス(2機目)[制作依頼品]
シルフィード[ヤフオク!終了]
ゴッドフェニックス[ヤフオク!終了]
レイズナー&ザカール[ヤフオク!終了]
ガルダ(UC版)[製作依頼品]
サザビー
プロマキス
ガデラーザ[製作依頼品]
ゼネラルレビル[製作依頼品]
タイムメカブトン[製作依頼品]
 
シリーズ別

スターウォーズ
宇宙戦艦ヤマト
機動戦士ガンダム
超時空要塞マクロス
ゲームキャラクター
その他

質問・問い合わせはg-cube@ymail.ne.jpmまでメールして下さい。

| | コメント (0)

2024年1月11日 (木)

1/1200 アレキサンドリア 製作3

■塗装(2024.1.11)
Img_5241
黄・赤下地用にピンクを塗りました。
Img_5242
赤パネル用・黄色 ・黄橙色を塗りました。
Img_5245
甲板用のグレーを塗ったらマスキングしてフレーム用グレーを塗りました。
Img_5247
赤部分をパネル箇所をマスキング→ベースグレー→エッジを残して白→赤→マスキングを剥がしました。
Img_5249
ボディ濃のパネル色を塗りました。
Img_5251
パネル部分をマスキングしました。
Img_52532
ベースグレーを塗りました。
Img_5254
エッジを残してボディ色を細吹きします。
Img_5256
パネルのマスキングを剥がします。
色の差が激しい時はボディ色を上塗りして馴染ませます。
Img_5259
フレームのグレーを塗りました。
Img_5261
ノズルに明るいガンメタを塗りました。
Img_5264
エナメルのダークブラウンでスミ入れしました。
Img_5266
デカールを貼りました。
Img_5268
デカール保護と全体の表面チェックの為につや消しクリアを吹きました。
Img_5271
タミヤのウェザリングマスターでパネルラインの汚れを施します。
パネルラインの欲しい場所にマスキングテープを貼ってウェザリングマスターを擦りつけます。
Img_5275
左右のエンジンブロックはブリッジから生えた板で支えられているのですが、その板が薄くピッタリとした位置に固定するのは難しいです。
Img_5273
そこでプラ板で治具を作りました。
Img_5278
この板を船体とエンジンブロックの間に挟み、左右からクランプします。
この状態でエンジンブロックを繋ぐフレームをドライヤーで熱し、レジンを柔らかくして矯正します。

この板は模型発送時に嵌めておけば郵送による破損防止に役立ちます。
Img_5280
機銃等、細かいパーツを接着したら仕上げのつや消しクリアを吹いて完成です。

| | コメント (0)

2024年1月 4日 (木)

1/1200 アレキサンドリア 製作2

■各部加工2(2023.11.24)
O0960054013824276729
画像は劇場版Zガンダムの1シーンです。
コレを参考にディティールを入れます。
Img_5171
パソコンで作図した物を貼って様子を見ます。
画像は紙ですが、この後プラ板に置き換え貼ったりスジ彫りのガイドにしたりします。
Img_5172
レジン成形品には気泡があります。
基本瞬着パテで埋めるのですが大きな気泡はレジンの小片を接着します。
キットには版権プレートが付いていたのでコレを使いました。
 
■仮組2
Img_5189
仮組みしてベースにも仮置きしました。
この状態で追加スジ彫りする箇所を全体のバランスを見ながら鉛筆で書き込みます。
Img_5195
スジ彫りはガイドテープやテンプレートに沿ってカーバイトやニードルを使って掘ります。
Img_5199 Img_5200
各部にプラ板を貼ってディティールアップしました。
Img_5203
キットには金属砲身が付属してるので置き換えます。
まずは、砲身が入っていた袋にシンナーを入れ脱脂します。
Img_5205
前回作った治具が残っていたので、それを使い砲身を接着します。
Img_5207
副砲の砲身も置き換えます。
Img_5209
機銃も金属砲身に置き換えました。
Img_5223
キットの機銃はすべて2連装なのですが、設定ではモビルスーツ格納庫上の物が単身なので改造しました。
Img_5225
すべての砲身を金属に置き換えました。
Img_5233
ディティールアップとしてプラ板の小片を船体に貼っていきます。
Img_5236
ブリッジのアンテナは0.3ミリのピアノ線で作りました。
ピアノ線は真鍮線に比べ加工が難しいですが、細くても曲がらないのでありがたいです。
 
■最終仮組
Img_5239
台座に載せ、機銃等細かいパーツも全て取り付けて最終チェックです。
問題なかったので塗装です。

| | コメント (0)

2024年1月 1日 (月)

謹賀新年

Blog_20240101014201
あけましておめでとうございます。
今年もG-CUBEをよろしくお願いします。

| | コメント (0)

2023年12月28日 (木)

2023年まとめ

2023_20231228125701
2023年に作った物です。
・依頼3作・プライベート1作でした。

来年もよろしくお願いします。

| | コメント (0)

2023年10月11日 (水)

1/1200 アレキサンドリア 製作

■製作開始(2023.10.11)
Img_5082
次のお題は「んどぱら屋」の1/1200「アレキサンドリア」です。
当日版権のガレージキットです。

依頼品なのでオーダーに従い制作します。
 
■洗浄
Img_5085
今回製作するキットはレジン製なので、離型剤を落とす為に洗浄します。
ポリデントを溶かしたお湯に漬け込みます。
Img_5106
パーツを中性洗剤+クレンザーで洗ったら乾燥させます。
食器乾燥機にかけて完全に乾燥させます。
Img_5110
キットはレジン軸で接続する仕様ですが、アルミ軸接続に変更します。
コレにより微調整が出来ますし、強度も上がります。
 
■仮組(2023.10.31)
Img_5112
アレキサンドリア、仮組みしました。

複雑な船体をみごとに再現しててカッコ良いです。

ココから各パーツの合わせを調整します。
レジンキットはパーツによって収縮率が違うため調整します。
 
■各部加工
Img_5150
レジンキットは結構ヒケるので直線的なメカだと目立つ場合が有ります。
ヤスリ掛けをしてなるべく表面を平滑します。
スジ彫りは掘り直し、ディティールは削ってしまいます。
削ったディティールは後でプラ板等で再生します。
 
また、表面に傷を付けることでプライマーやサフの食い付きを良くする目的もあります。
Img_5152
メインエンジン横のパーツですが前端を合わせると隙間が出来ますので、プラ板と瞬着パテで埋めました。
Img_5159
画像の赤線にスジ彫りすることで別パーツ感を出すことが出来ます。
その時、パーツの重なり方を意識した方向でスジ彫りすることで、リアリティが増します。
Img_5161
左右エンジン外側に付くフィン付け根パーツのダクトを掘り込みました。
Img_5165
カタパルト左右のパーツの塗り分け部分にスジ彫りします。
これにより塗り分けがキレイになります。
Img_5167
一通りの加工が済みましたら2度目の洗浄をします。
コレは、より確実に離型剤を落とす事と作業で付いた削りカスを除去する為です。
Img_5168
パーツを乾燥させたらガイアのマルチプライマーを吹いた後、ガイアのサフを吹きます。
乾燥したらパーツの表面チェックをします。

| | コメント (0)

2023年9月25日 (月)

ゴッドフェニクス・ミニメカ制作

■製作開始(2023.9.25)
Img_5032
次のお題はWAVE製「ゴッドフェニックス」付属のミニメカの制作です。
ゴッドフェニクス本体は制作せずG-1号~G-4号を制作します。
依頼品なのでオーダーに従い制作します。
 
■サフ吹き
Img_5033
キットは白で整形されてるので、加工し易い様にサフを吹きます。
 
■各部加工
Img_5049
G-1号の羽の塗り分けラインは凸モールドなのでスジボリし直します。
まずはモールドに沿って黒サフを塗り、凸モールドを削ります。
するとラインが浮き出ます。
Img_5051
そのラインに沿ってガイドテープを貼り、スジボリします。
Img_5058
G-2号の裏側をプラ板で塞ぎました。
Img_5061
G-2号のライトをスジボリしました。
Img_5075
G-2号のホイールを再現しました。
Img_5080
G-2号のエキパイを追加しました。
Img_5070
G-3号のシートをスジボリします。
Img_5072
G-3号のリアノズルを再現しました。
Img_5065
G-4号のノズルを開口しました。
Img_5078
G-4号のノズルを追加しました。
 
■塗装
Img_5094
G-1号の白を塗りました。
Img_5100  
G-1号の赤を塗りました。
Img_5087
G-2号とG-4号のシャーシの黒を塗りました。
Img_5091
G-2号のタイヤにラバーブラックを塗りました。
Img_5102
G-2号の水色を塗りました。
Img_5096
G-3号の黄色を塗りました。
Img_5104
G-4号の黄橙色を塗りました。
Img_5089
G-1号とG-3号のベースを黒く塗りました。
Img_5108
塗装が終わったらデカールを貼ります。
デカールはマークセッターを使って密着させます。
 
■完成(2023.10.29)
Gmeka01
「ゴッドフェニクス・ミニメカ制作」完成しました。
Gmeka02 Gmeka03 Gmeka04

| | コメント (0)

2023年9月 5日 (火)

アームズフォート アンサラー制作2

アームズフォート アンサラー制作1→コチラ
 
■最終仮組(2023.9.4)
Img_4987
仮組して各部をチェックします。
問題なかったので塗装に入ります。
 
■塗装
Img_4989
まずはフレーム等に使う明るいグレーを塗ります。
Img_4991
フレーム部分をマスキングします。
ディティールが細かいので大変でした。
Img_4995
パネル色を塗りました。
Img_4997
円盤部にパネル塗り分けを再現するためにマスキングします。
まずは円形に切ったマスキングテープをグルっと全体に貼ります。
Img_4999
様子を見ながら剥がして行きます。
Img_5001
小さい円盤も同様にマスキングしました。
Img_5003
パネルのマスキングが終わりました。
Img_5006
ベースグレーで真っ黒にします。
Img_5010
機体色を細吹きしてエッジ部の黒を残すようにしてグラデーション塗装を行ないました。
Img_5011
パネルのマスキングを剥がしたら機体色を薄く塗りパネル色を馴染ませます。
Img_5014
機銃等はマスキングが難しいので機体色を塗ってからマスキングしてフレーム色を塗りました。
Img_5016
塗装が終わったらエナメルのダークブラウンで全体をウォッシングします。
Img_5022
フラットクリアを吹いて完成です。

| | コメント (0)

2023年7月 1日 (土)

アームズフォート アンサラー制作1

■製作開始(2023.7.1)
Img_4901
次のお題は「ARMORED CORE for Answer」よりハーブ工房製「アームズフォート アンサラー」です。
イベント当日版権のガレージキットです。
 
制作依頼品ですのでオーダーに従って制作します。
Img_4905
今回制作するキットは3Dプリンター製です。
サポート除去がしてある親切キットなのですが、破損し易いパーツには3Dプリンター製のケースが付いてます。
3Dプリンターだとこういう事も出来るのかと感心しました。
 
■仮組
Img_4907
仮組しました。
3Dプリンター出力品は軽いので薄い羽もヘタる心配が無いのが良いですね
繊細なパーツが多いので破損しない様に注意が必要です。
Img_4913
中央部に付く大きい円盤は整形の都合で歪んでましたので、一度切り離して修正します。
修正のついでにキットでは再現されてなかった裏側のディティールを再現します。
Img_4915
円盤の裏側をフラットにしたら円形のプラ板を貼り付け、コレをガイドに修正します。
Img_4917
上半分の修正が終わりました。
下半分もプラ板から削り出します。
Img_4934
ラウンジ用に薄いプラ板を大小切り出します。
Img_4937
交互に接着したらしっかりクランプします。
Img_4938
ラウンジ部完成しました。
Img_4944
中央部と合わせます。
Img_4946
正面から見た時、中央部とお揃いになりました。
Img_4952
ウェポンコンテナは繊細なディティールで、それゆえに欠けが有るので修正します。
Img_4956
裏側のルーバーは掛けてる部分にプラ板を接着して整形します。
作業中に機銃を折らないようにプラ板で治具を作りました。
Img_4957
縁のモールドはサポート跡の為、何箇所か欠けが有りましたので思い切って全てを削ってフラットにしてからプラ板を貼りました。
この方が統一感が出せます。
Img_4959
欠けていた機銃・カバーを修復しました。
Img_4972
羽側面のボルトはサポートに関係で一部潰れてますので、修正します。
Img_4971
市販の6角ボルトでは厚いので、6角プラ棒を薄くスライスした物を重ね自作しました。
Img_4976
ボルトの形状を揃える為に正常に整形されたボルトも削り、整形後接着します。
Img_4978
中央の柱の一部のディティールが潰れていたので、プラ棒で再生しました。
Img_4980
アンテナは真鍮線に置き換え強度を上げました。
真鍮線の表面はヤスリで荒らして塗料の食い付きを良くしてます。
Img_4984
大きいアンテナは複雑な形状をしているので何個か作り、良い物を選びました。
Img_4986
中央の柱は軸にプラ棒やプラパイプでジョイントを作り、強度を増してます。
郵送時に分解も出来る様にしました。

| | コメント (0)

2023年6月10日 (土)

フジミ 1/24 フェラーリ458イタリア 製作4

フジミ 1/24 フェラーリ458イタリア 製作1→コチラ
フジミ 1/24 フェラーリ458イタリア 製作3→コチラ

■ボディ仕上げ(2023.6.10)

Img_4862
ボディ表面を研ぎ出しします。
神ヤス磨 高番手で磨いた後、ハセガワのセラミックコンパウンドで仕上げました。
Img_4867
ボディの磨きが終わったら黒部分を塗る為にマスキングします。
Img_4872
ヘッドライトのレンズはアルミテープを貼ってからレンズを接着してプロジェクターレンズを再現しました。
Img_4879
サイドミラーはエッチングパーツを磨いてから嵌めました。
Img_4881
車体各所にエッチングパーツを貼っていきます。
エポキシ接着剤を極少量使って接着します。
目盛り付きマスキングテープを使って中心がズレないように貼ります。
Img_4883
コクピット完成しました。
Img_4885
ヘッドライトカバーは縁を黒く塗って、プラの厚みを解消します。
Img_4888
テールランプ基部にはメタルテープを貼って反射する様にしました。
Img_4890
エンジン完成しました。
Img_4895
軽くペーパーがけしたタイヤにタミヤのコーティング剤塗りました。
しっとりとした艶が出ててます。
Img_4898
仕上げにタミヤのモデリングワックスを塗って完成です。

| | コメント (0)

2023年4月 2日 (日)

フジミ 1/24 フェラーリ458イタリア 製作3

フジミ 1/24 フェラーリ458イタリア 製作1→コチラ
フジミ 1/24 フェラーリ458イタリア 製作2→コチラ

■最終仮組(2023.4.1)
Img_4807
各部加工が終わったので仮組しました。
出来るだけパーツを付けて問題がないかチェックします。

問題がなかったので塗装に入ります。
 
■塗装
Img_4809
ボディに白を塗りました。
薄く塗り、表面をチェックしながら塗り重ねます。
Img_4813
ウィンドウパーツをマスキングしました。
この後、黒を塗ります。
Img_4818
ブレーキキャリパーの赤を塗りました。
Img_4820
内装の床を黒く塗り、マスキングしました。
キットはシート下面が一体化されてるのでマスキングは大変です。
Img_4815
エッチングパーツとマスキングテープを張り合わせた物でシートでルトを作ります。
Img_4823
ノーズのエンブレムはエッチングパーツを貼った後、デカールを貼り立体的に成るようにしました。
Img_4825
デカールを貼り終わったらシッカリ乾燥させクリアを少しずつ吹いていきます。
Img_4847
シートベルトとバックルを取り付けました。
Img_4853
インテークマニホールドのフェラーリロゴはエッチングパーツに置き換えたので塗装を剥がしロゴが浮き上がる様にしました。
Img_4858
メーターはデカールを貼った後、UVクリアジェルでガラス面を再現しました。
 
フジミ 1/24 フェラーリ458イタリア 製作4に続く

| | コメント (0)

2023年3月 1日 (水)

フジミ 1/24 フェラーリ458イタリア 製作2

フジミ 1/24 フェラーリ458イタリア 製作1→コチラ

■内装制作(2023.3.1)

Img_4738
内装にエッチングパーツを貼っていきます。
Img_4739_20230302020601
インパネ・ステアリングにエッチングパーツを貼りました。
Img_4744
エンジン周りにエッチングを貼りました。
エンブレム・キャップは塗装後に接着します。
Img_4746
ワイパーはエッチングパーツを参考に裏側を削ります。
こういった細いパーツを削る時はおゆまるで補強すると折らずに削れます。
Img_4749
ワイパー、削り終わりました。
アームは段差を付け、ブレードはガラス側を薄くしました。
Img_4751
ブレーキディスクにエッチングを貼ります。
Img_4752
プラ板で簡単な治具を作って、キットのモールドを削ります。
Img_4757
モールドを削ったらエッチングパーツを重ね貼りします。
Img_4759
前後4枚完成しました。
Img_4761
ヘッドカバーのロゴをエッチングパーツに置き換えます。
Img_4764
キットのモールドを削ったらエッチングパーツを貼ります。
Img_4769
結晶塗装を再現する為にガイアの鋳造表現塗料を塗りました。
ロゴ部分は赤塗装後に剥がします。
Img_4776
サイドミラーはアルミ線で接続します。
アルミ線を通す事で最終組立時に微調整出来ますし、強度も上がります。
Img_4780
アルミ線接続にする為に裏側はプラ板で補強します。
Img_4785
キットのヘッドライトは一体なので、レンズ部分を枠ごと剥ります。
Img_4791
市販パーツの組み合わせでレンズをクリア化しました。
Img_4782
インテリア・シャーシにサフを吹きました。
エッチングパーツを貼った所はプライマーを下地にしてます。
Img_4792
リアバンパーの下部、黒い箇所はスジ彫りを追加して別パーツ感を増します。
Img_4794
リアバンパーダクト部とエキパイにエッチングパーツを貼りました。
Img_4798
ウインカーのクリアパーツ用に透明ランナーを熱で伸ばします。
Img_4800
カットして先端を整形します。
Img_4802
ボディ塗装後に内側から挿して接着・カットします。
 
フジミ 1/24 フェラーリ458イタリア 製作3に続く

| | コメント (0)

2023年1月22日 (日)

フジミ 1/24 フェラーリ458イタリア 製作1

■製作開始(2023.1.22)
Img_4611
次のお題はフジミ製プラモデル 1/24「フェラーリ458イタリア」+ホビーデザイン製ディテールアップセット です。
依頼品なのでオーダーに従い制作します。
Img_4615
リヤタイヤ用のシャフトは少し短いので真鍮線で作り直しました。
Img_4616
別パーツのサイドステップは接着後、プラ板で補強しました。
Img_4619
仮組みしてタイヤ位置の確認をします。
ネットの製作記事で言われてる通り車高が高いんで調整します。
Img_4643
フロントの調整しました。
Img_4641
リアの調整しました。
Img_4645
車高の調整終わりました。
やはり車高落とすとカッコいいです。
Img_4666
フロントタイヤの位置が後ろ過ぎたので調整しました。
Img_4685
車高を下げた事によりフロントのホイールハウスが干渉するので削ります。
Img_4683
リアも干渉する部分を削ります。
Img_4688
仮組みして様子を見ます。
車高は下げすぎたので少し上げました。
Img_4694
フロントインテイクのメッシュモールドをくり抜いてエッチングパーツに置き換えます。
Img_4702
メッシュ部分の下半分をくり抜きます。
Img_4704
くり抜きたい部分の裏側から削って薄くします。
光を当てながらチェックしてギリギリまで薄くします。
Img_4706
メッシュ部分を完全にくり抜きました。
Img_4707
エッチングのメッシュを貼りました。
グッとリアルになりました。
Img_4700
リアバンパーのメッシュをエッチングパーツに置き換えます。
Img_4709
上部分のメッシュモールドは削り、下部分のメッシュ部分とエキパイ出口はくり抜きました。
Img_4714
上部分のメッシュを張りました。
曲面に馴染ませる様に少しづづ曲げながら合わせました。
Img_4716
フロントライト横のメッシュモールドをエッチングパーツに置き換えます。
Img_4719
メッシュ部分をくり抜きました。
Img_4722
運転席側の鍵穴は開口してメタルパイルに置き換えました。
Img_4712
助手席側の鍵穴は埋めるので開口してプラ棒を差し込みました。
Img_4726
サイドのウインカーはクリア化するため開口します。
Img_4731
スジ彫りをカーバートで彫り直します。
Img_4728
一通り加工が終わったんで、洗浄します。
Img_4733
乾燥したらサフを軽く吹きます。
Img_4736
ボディは白で整形されてるので、透け防止に内側を黒く塗りました。
 
フジミ 1/24 フェラーリ458イタリア 製作2に続く

| | コメント (0)

2023年1月 1日 (日)

謹賀新年

Webblog_20230101101001
あけましておめでとうございます。
今年もG-CUBEをよろしくお願いします。

| | コメント (0)

2022年12月28日 (水)

2022年まとめ

20225
2022年に作った物です。
・依頼2作・ヤフオク3作・プライベート2作でした。

来年もよろしくお願いします。

| | コメント (0)

2022年12月13日 (火)

1/1200 ガルダ(UC版)完成

03
「1/1200 ガルダ(UC版)」完成画像UPしました。
画像はコチラ


| | コメント (0)

2022年9月30日 (金)

ゴッドフェニックス制作

■製作開始(2022.9.23)
Img_4374
次のお題はWAVE製「ゴッドフェニックス」2機目です。
依頼品なのでオーダーに従い制作します。
 
■仮組
Img_4425
仮組しました。
やはり良いバランスしてます。
スゴくカッコいいです。
 
■台座制作
Img_4439
今回はキットには無い、台座を制作依頼されましたので、市販の木製ベースとプラ棒で制作しました。
 
■Gメカ加工
Img_4459
G-1号のスジボリは一部凸モールドなので彫り直しました。
キャノピー周りも彫り込んでパーツ構成をハッキリさせました。
Img_4461
G-2号裏側の肉抜き穴を埋めました。
Img_4470
ホイールを彫りました。
Img_4474
エキパイを追加しました。
Img_4475
ライトのモールドをスジボリします。
Img_4463
G-3号のシートをスジボリしました。
Img_4466
後部ノズルを再現しました。
Img_4472
G-4号上部ノズルを開口しました。
Img_4477
G-4号後部にノズルを追加しました。
 
■各部加工
Img_4495
キットでは下部噴射口は選択式ですが、差し替えできる様に切り欠きを入れました。
Img_4498
切り欠きにプラ製のコアドライバーを加工した物を差し込んで外します。
Img_4501
超バードミサイルも差し替えできるように切り欠きを入れました。
Img_4503
翼端後部の凹みを開口しました。
Img_4507
G-3号の収納アーム付け根にプラ板で補強板を追加しました。
  
■洗浄(2022.10.10)
Img_4506
一通りの加工が終わったらパーツを洗浄します。
Img_4510
サフを吹いてパーツ表面をチェックします。
 
■最終仮組(2022.10.23)
Img_4513
仮組をしてパーツのチェックをします。
台座を塗装しての支柱も接着しました。
 
問題なかったので塗装に移ります。
 
■塗装
Img_4518
ノズル・フィン等に黒下地の上にチタンシルバーを塗ります。
Img_4528
フレーム等にニュートラルグレーを塗りました。
Img_4530
ベースグレーを下地に塗って白を細吹きします。
Img_4533
赤を上塗りします。
Img_4540
赤部分をマスキングしたらもう一度ベースグレーを塗ってから青を細吹きします。
さらに青に白を足してハイライトを吹きます。
Img_4535
Gメカの下地に白を吹きました。
Img_4542
Gメカ基本色塗りました。
Img_4552
着陸脚とG-2号のタイヤを塗りました。
Img_4520
ノズルは黒下地→噴射口をマスキング→チタンシルバーで塗装→ノズル先端をマスキング→黒→スターブライトアイアン塗装→段差にクリアブルー→マスキング剥がし→クリアオレンジで焼けを再現→つや消しクリアブラックでトーンを落とす→完成です
 
■スミ入れ
Img_4574
細部の塗装が終わったのでエナメルのダークブラウンで墨入れします。
 
■デカール貼り
Img_4576
デカールを貼りました。
ソフター等を使って密着させます。
Img_4578
ゴッドフェニックス側面窓の裏側にメタルテープを貼りました。
Img_4580
全体につや消しクリアを吹きました。
Img_4583
着陸脚のシリンダー部分にハセガワのミラーフィニッシュを貼りました。
 
■完成(2022.12.8)
Gf0903
完成画像をTINAMIにUPしました。
https://www.tinami.com/view/1128850

| | コメント (0)

2022年9月24日 (土)

シルフィード ヤフオク出品

Yh01_20220922193701
「1/100 シルフィード 塗装済完成品 ランサータイプ換装可能」ヤフオクに出品しました。
https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/e1064754360
 

よろしくお願いします。

| | コメント (0)

2022年8月28日 (日)

1/100 シルフィード制作

■製作開始(2022.8.26)
Img_4338
次のお題はPLUM製1/100「シルフィード/ランサータイプコンバーチブルキット」です。

この作品はヤフオク出品予定です。
Img_4344
仮組しました。
シルフィードは過去に何度か制作してますので、それを参考に手を入れていきます。

キットは機体下部の武器が選択式ですが、部品注文をして完成後も換装出来る様にします。
 
■各部加工
Img_4356
プラムスタッフブログを参考に手を入れます。
 
まずは接続部のダンパー部分側面のリベットを作り直します。
ノーマルとランサー分で2組作ります。
Img_4349
次にコクピットのクリアパーツの角度を変えます。
Img_4351
メインノズルの内側を修正します。
垂直尾翼のモールドを削る時は周りを傷つけない様にマスキングしました。
Img_4354
機体下部武器の換装がスムーズに行える様に接続箇所にポリキャップを埋めました。
Img_4346
ディスプレイスタンドは接続部分がプラで保持が不安なのでポリジョイントに変えます。
Img_4364
スタンド下部は肉抜きが有って見た目が良くないので両側にプラ板を貼りました。
Img_4366
ランサー用のジョイントは接続部が緩かったのでプラ板を貼りました。
Img_4372
ビームガン外装裏側には突出しピン跡が有るので処理します。
Img_4369
武装保持アームのバーニアは裏側が無くバーニアぽくないので修正します。
Img_4376
裏側にプラ板を貼り、整形します。
Img_4378
バーニアの修正終わりました。
Img_4362
翼端のバーニアはいまいちバーニアぽく有りません。
Img_4380
楕円のモールドを一度埋め、斜めに彫り直しました。
垂直の穴も深く彫り直してます。
Img_4382
翼端灯のモールドを彫りました。
Img_4387
一通りの加工が終わったら、中性洗剤で洗浄します。
Img_4389
サフを吹いて表面をチェックします。
 
■最終仮組(2022.9.14)
Img_4395
仮組して問題が無かったので塗装します。
 
■塗装
Img_4397
フォーメーションライトの黄、翼端灯の赤を塗ったらマスキングします。
Img_4398
ノズルに明るめのガンメタを塗ります。
Img_4401
フレームを薄いブラウンで塗ります。
Img_4402
明るいグレーを全体に塗ります。
Img_4404
HIQPARTSのスプリッター迷彩用マスキングテープを貼ります。
Img_4407
濃いグレーを塗ったら再びマスキングします。
Img_4409
全体を白く塗ります。
Img_4413
排気口の周りをチタンシルバーで塗ります。
Img_4417
ビームガン外装等板状のパーツ裏側のフレーム部分を塗り分けます。
Img_4419
メインノズルは焼け表現をしました。
Img_4421
全体をエナメルのダークブラウンでウォッシングします。
Img_4422
武器接続シリンダーにメタルテープを貼りました。
 
全体につや消しクリアを吹いて完成です。
 
■完成(2022.9.22)
Yh01_20220924012601
完成画像をTINAMIにUPしました。
https://www.tinami.com/view/1102966

| | コメント (0)

2022年8月24日 (水)

ゴッドフェニックス ヤフオク出品

Yh01_20220824184301
「ゴッドフェニックス 塗装済完成品」ヤフオクに出品しました。
https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/m1061604786
 
よろしくお願いします。

| | コメント (0)

«WAVE ゴッドフェニックス 制作