インフォメーション

最近の製作物
ゼネラルレビル[製作依頼品]
ギャロップ[1/1200][製作依頼品]
ガルダ(UC版) [製作依頼品]
タイムメカブトン[ヤフオク!出品終了]
知波単学園[チハ][新砲塔チハ][ハ号][ヤフオク!出品終了]
VF-25F スーパーメサイア[ヤフオク!出品終了]
サンダーバードS号[ヤフオク!出品終了]
サンダーバード2号&4号[ヤフオク!出品終了]
IV号戦車D型改&あんこうチーム[製作依頼品]
ミレニアム・ファルコン[ヤフオク!出品終了]
ポー専用 Xウイング[ヤフオク!出品終了]
ギャロップ[2台目][製作依頼品]
アルカディア号[製作依頼品]
ドラムロ[ヤフオク!出品終了]
X-wing[ヤフオク!出品終了]
61式戦車[製作依頼品]
グランビートル&カイゼルビートル[製作依頼品]
ガンダムアストレイ レッドドラゴン[製作依頼品]
テスタロッサ[2台目][製作依頼品]
テスタロッサ[1台目][製作依頼品]
タイ・ファイター&タイ・アドバンスト[ヤフオク!出品終了]
それ以前の作品

プラモデル・ガレージキットの代行製作お受けします。
見積希望の方はg_cubeweb@yahoo.co.jpに「○○製作希望」とメールして下さい。
※「g_cubeweb」の「 _ 」はアンダーバーです。ご注意下さい。

|

2017年3月24日 (金)

1/1700 ゼネラルレビル 製作(パーツ加工10)

2045
艦橋上部の窓を再現します。
窓のスリットが入る部分を削ります。
前側は上まで貫通させて削りました。
2049
プラ板を等間隔に貼り窓を作ります。
縁の部分もプラ板で塞ぎました。
2051
整形して完成です。
前後とも窓が出来ました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月22日 (水)

1/1700 ゼネラルレビル 製作(ベース製作2)

2031
今回、ディスプレイベースに船体を乗せるためプレートを自作したのですが、強度を優先して板状にしました。
おかげで巨大で重たい船体を支える事は出来たのですが、チョット主張し過ぎます。
2034
そこで中央を抜いたヤツに作り直しました。
重い物を支えるので内部にはプラ棒をビッシリ詰め込みました。
コレをプラ板でサンドします。
 
ホントは左右別体にした方が良いのですが、強度&位置決めの楽さから左右を繋ぎました。
2038
船体を乗せるとこんな感じです。
船体下部の主砲も見えるようになって良い感じです。
2043
船体全体です。
ようやく全体の整形が終わりましたので、スジ彫り・ディティール追加します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月18日 (土)

1/1700 ゼネラルレビル 製作(パーツ加工9)

2022
船体中央カタパルトはなぜか1本だけ短かったので延長しました。
カタパルト同士を繋ぐフレームの後端が斜めになってたのでプラ板を貼って修正しました。
2025
船体左右のサブブリッジは艦橋の窓が潰れていたので修正します。
ディティールを削り落としたら天井に目盛入りプラ板を貼って目安にします。
2028
艦橋の窓はプラ板を貼り合わせ再現しました。
彫り込むより手間は掛かりますが精度は出しやすいです。
2027
メインブリッジ左右のデッキもプラ板で作り直しました。

これらのプラ板工作した部分は形状を出し終わったら、平らな面をヤスって極々緩やかな曲面を出してプラ板ぽさを消します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 8日 (水)

1/1700 ゼネラルレビル 製作(パーツ加工8)

Img_0012
エンジンブロックのフィンは左右縁の整形が酷かったので削り落とし、プラ板で作り直します。
Img_0014
戦闘ブリッジのパーツです。
Generalrevilova
キットのままでは赤丸の部分の段差が再現されてないので、コレを修正します。
Img_0016
中途半端にパーツを弄るより思い切って作り直した方が精度が出しやすいので艦橋部分をゴッソリ削ります。
Img_0020
ポリパテで艦橋部分を作りました。
Img_0021
組み合わせた状態です。
ココから仕上げ、ディティールを追加します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月28日 (火)

1/1700 ゼネラルレビル 製作(パーツ加工7)

2028
船体下部の大型主砲は砲身を切り離し、整形してから再接着します。
2030
メインブリッジは中央で切り離します。
2033
切り離して接合部を整形します。
途中のブロックは別パーツにして精度を出し易くしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月16日 (木)

1/1700 ゼネラルレビル 製作(洗浄2)

2065
一通りの大まかな加工が終わりました。
ほとんどのディティールは削り落としました。
2066
バケツの中にポリデントを溶かしたお湯を入れ、パーツを漬け込みます。
この後、中性洗剤+クレンザーで表面を洗います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月13日 (月)

1/1700 ゼネラルレビル 製作(パーツ加工6)

2058
船体中央カタパルト側面の台形モールドは気泡が多い上、不揃いだったのですべて削り落としプラ板で作り直します。

また、縁もカタパルトと平行でなかった為、縁にプラ板を貼ってカタパルトと平行に修正しました。
2063
船体左右のカタパルトも同じ修正をしました。
2064
左右カタパルトのモビルスーツ格納庫も射出口や側面窓等、整形します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 5日 (日)

1/1700 ゼネラルレビル 製作(パーツ加工5)

2059
メインエンジン下のパーツ側面には窓のモールドが有るのですが、整形で歪んでいるので掘り直します。
掘り直しのため元のモールドを埋めます。
2060
平らにしたら窓の上辺に印を付けます。
2063
窓の深さでパーツ下まで掘ります。
掘り終わったら窓の幅分のプラ板を貼ります。
2064
その後、窓の下端にプラ板を貼り、整形します。
2065

2066
中央カタパルト側面の窓モールドも歪んでいたので掘り直しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月31日 (火)

1/1700 ゼネラルレビル 製作(パーツ加工4)

2020
船体エンジンブロック左の整形が終わりましたが、今度は船体中央側に隙間が出来るので、それを埋めます。
2022
船体中央カタパルトの基部は左右が先細りになってたのでプラ板を貼って平行にします。
2024
船体エンジンブロックには段差があるのですが右側に比べ左側は段差が弱かったので一端フラットにしてプラ板を貼り、段差を再現しました。
WAVEの目盛付プラ板が便利です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月28日 (土)

1/1700 ゼネラルレビル 製作(ベース製作)

2041
ゼネラルレビル用にディスプレイベースを製作します。

タミヤのディスプレイベース・ラージ(300×160mm)を使います。
このベースは2つ繋げて巨大なベースを製作出来るように1辺が垂直になってます。
この面を他の面と揃えます。
2044
プラ板をベースと同じ長さに切り、2ミリプラ棒を貼って底の厚みを作ります。
2047
プラ板をL字プラ棒を使ってベースに接着します。
この後、斜め部分にプラ板を貼って整形します。
2050
ゼネラルレビルを支えるプレートの製作です。
5ミリ角棒を組み合わせて作ります。
前後2個用意します。
2052
角棒をプラ板でサンドします。
2057
前後のプレートを仮置きして様子をみます。
 
最終的な位置決めはもう少し本体の加工が進んでから行います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月25日 (水)

1/1700 ゼネラルレビル 製作(パーツ加工3)

2026
船体エンジンブロックの隙間が大きいのでコレを埋めます。

通常レジンパーツはアルミ線で繋ぐのですが、コレはアルミ線の柔らかさを利用して噛み合わせの微調整をするためです。
しかし、今回のように噛み合わせを修正するときは何度も付け外しするため、軸が柔らかいとズレが発生してよろしくありません。

そこで、ソフトプラ棒を軸にします。
これで、付け外しによるズレを防止できます。
2028
受け側にサラダ油を塗ってポリパテが張り付かない様にします。
2029
エンジンブロックにポリパテを塗ります。

2032
エンジンブロックを船体中央に押しつけ半硬化させます。
半硬化したら一辺剥がし、押しつけ直し完全硬化させます。

完全硬化したらパーツを外して整形します。
2033
反対側は船体中央側の噛み合わせ部を修正します。
2037
エンジンブロックを外した状態です。
はみ出したポリパテを整形します。
2039
パーツ整形により細かいディティールが消えてしまうので、後に再生するためにメモを取っておきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月23日 (月)

1/1700 ゼネラルレビル 製作(パーツ加工2)

2022
キットは機銃が省略されており、台座しかモールドされてません。
この機銃を再現します。
2024
まずは台座のモールドを切り飛ばします。
あとで機銃位置が分からなくならないように台座中央に穴を開けておきます。

台座は3ミリと4ミリの2種類有るため穴を開けるドリルの太さを変えておきます。
台座跡は位置決めのため少し残してますが、最終的には平らにします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月17日 (火)

1/1700 ゼネラルレビル 製作(仮組)

2024
ゼネラルレビル、仮組しました。

覚悟はしてましたが、かなりの大きさです。
しかも、レジン製で重いので各部の接続には強度が必要です。
そこら辺に注意しつつ製作していきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月13日 (金)

1/1700 ゼネラルレビル 製作(パーツ加工)

2022
パーツを乾燥させたらゲート&パーティングライン処理をします。

かなりのパーツ数です。
しかも個人成型なのでバリ・段差が酷く、手間が掛かります。

大まかな処理が終わったらアルミ線で繋いで仮組みします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月11日 (水)

1/1700 ゼネラルレビル 製作(洗浄)

2020
今回はガレージキットなので離型剤を落とすために洗浄します。
ポリデントを溶かしたお湯に漬け、中性洗剤+クレンザーで表面を磨きます。

今作は完成全長が40cmの大物なので容器を2つ使いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 9日 (月)

1/1700 ゼネラルレビル 製作

2028

次のお題は岡山のプラ板使い製「1/1700 ゼネラルレビル」です。
当日版権のガレージキットです。
依頼品なのでオーダーに従い製作します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1/1200 ギャロップ&カーゴ製作 (ウェザリング)

2019

ウェザリングの下地としてエナメルの茶・黒・グレー・緑を点塗りします。
2027
先ほど塗った塗料を溶かしつつ、全体をウォッシングします。
汚れる方向を考えながら拭き取ります。
2021
付属の旧ザク・グフも塗装・ウェザリングしました。
グフはこのサイズでもB3グフと分かるディティールで驚きます。
旧ザクは量産型ザクカラー、グフは1st版で依頼されました。
 
ウェザリングが終わったら全体にツヤ消しクリアを吹き付けて完成です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 5日 (木)

1/1200 ギャロップ&カーゴ製作 (デカール貼り)

5004
元CGに有るナンバーを再現するためデカールを自作しました。
友人に作って貰ったデータをMDプリンターで刷りました。
5006
デカールを本体に貼りました。
ジオンマークは市販のガンダムデカールを使いました。

デカールが乾燥したら保護用のクリアを吹いてウェザリングです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 1日 (日)

謹賀新年

2017web01

あけましておめでとうございます。
今年もG-CUBEをよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«1/1200 ギャロップ&カーゴ製作 (塗装)