インフォメーション

最近の製作物
タイムメカブトン[ヤフオク!出品予定]
知波単学園[チハ][新砲塔チハ][ハ号][ヤフオク!出品中]
VF-25F スーパーメサイア[ヤフオク!出品終了]
サンダーバードS号[ヤフオク!出品終了]
サンダーバード2号&4号[ヤフオク!出品終了]
IV号戦車D型改&あんこうチーム[製作依頼品]
ミレニアム・ファルコン[ヤフオク!出品終了]
ポー専用 Xウイング[ヤフオク!出品終了]
ギャロップ[2台目][製作依頼品]
アルカディア号[製作依頼品]
ドラムロ[ヤフオク!出品終了]
X-wing[ヤフオク!出品終了]
61式戦車[製作依頼品]
グランビートル&カイゼルビートル[製作依頼品]
ガンダムアストレイ レッドドラゴン[製作依頼品]
テスタロッサ[2台目][製作依頼品]
テスタロッサ[1台目][製作依頼品]
タイ・ファイター&タイ・アドバンスト[ヤフオク!出品終了]
R2-D2&R5-D4[ヤフオク!出品終了]
AT-ST[ヤフオク!出終了]
マクロス要塞艦[ヤフオク!出品終了]
ギャロップ[製作依頼品]
それ以前の作品

プラモデル・ガレージキットの代行製作お受けします。
見積希望の方はg_cubeweb@yahoo.co.jpに「○○製作希望」とメールして下さい。
※「g_cubeweb」の「 _ 」はアンダーバーです。ご注意下さい。

|

2016年8月30日 (火)

1/100 タイムメカブトン 製作(各部加工3)

4543
羽の裏側にはリブのモールドがあるのですが突き出しピンの為にモールドが潰れてる部分があるので修正します。
まずはパテを使ってピン跡を消します。
4569
ピン跡を消したらリブを再生するため細切りのプラ板を貼ります。
プラ板を接着したら段差を黒瞬着で埋め成型します。
羽の内側には結構突き出しピン跡が有るので、他の突き出しピン跡も丁寧に修正します。
4563
キットにはディスプレイスタンドが無いので市販のスタンドを追加します。
スタンドが挿せる様に3ミリの穴を開けます。
4566
穴の内側にポリキャップを接着固定します。
コレでスタンド軸をシッカリ固定来ます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月29日 (月)

1/100 タイムメカブトン 製作(各部加工2)

4542
このキットのパーツの合いは概ね良いのですが、羽の裏は隙間が大きいので黒瞬着で埋めました。
4544
ヤゴマリン収納ハッチはプラのピンでロックする様になってますが、コレを切り取りネオジム磁石を埋め込みました。
ハッチにはスチール缶を切り出した鉄板を貼りました。
コレでスムーズに開閉できます。
4547
ハッチ開閉用のツマミは当初取ってしまおうと思ってたのですが、ネオジム磁石が強力なので残すことにしました。
ツマミには切り欠きを入れ、より引っかけ易くしてます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1/100 タイムメカブトン 製作(仮組)

4536
メカブトン、仮組みしました。

良いプロポーションしてます。
タイヤは軟質樹脂+プラパーツの組み合わせでスリットを再現していて凄いです。
4540
差し替えで飛行形態にも出来ます。
差し替え基部や可動部にはポリキャップが内蔵されてて確実に変換出来ます。
 
キットには飛行状態で飾れるスタンドが無いので追加しようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月27日 (土)

1/100 タイムメカブトン 製作(各部加工)

4532
このキットは接着剤不要のスナップフィットモデルです。 

 
仮組みした後、バラし易いようにダボを緩くします。
このキットのピンは様々なサイズがあるのでピッタリのサイズのドリルを見つけたら0.1ミリ大きいドリルで開口し直します。
4535
5ミリや6ミリの大きな場所はリューターのビットをピンバイスに噛ませて穴を大きくします。
4530_2
貼り合わせるパーツはピンに接着剤を塗ったらクランプして、合わせ目に流し込みの接着剤を塗ります。
 
この場合もピンは緩くしておきます。
ピンを緩くすることで接着剤が入る隙間を作ると共にパーツに掛かるテンションを無くしパーツの割れを防ぎます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月26日 (金)

1/100 タイムメカブトン 製作

4529
次のお題はベルファイン製プラモデル 1/100「タイムメカブトン」です。

 
この作品はヤフオク!に出品予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1/35 知波単学園[チハ][新砲塔チハ][ハ号] 出品

Ti01
「1/35 知波単学園3台セット 塗装済完成品」ヤフオク!に出品しました。
http://page2.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/b220216386

よろしくお願いします。
 
TINAMIに画像を投稿しました。
画像はコチラ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1/35 知波単学園[チハ][新砲塔チハ][ハ号] 製作(ウェザリング)

4517
ウォッシングをしたときに変化が出る様に、エナメル塗料の赤・緑・緑・茶・グレーをランダムに塗ります。

下地のエナメルが乾燥したら、全体にダークブラウンをウォッシングします。
先に塗った色が変に出ない様にダークブラウンで均します。
4518
ウォッシングが終わったらクレオスのウェザリングパステルを使います。
4522
ウェザリングパステルを水性アクリル溶剤で溶いたら足回りを中心に汚していきます。
パステルが乾燥して汚しすぎた場所はアクリル溶剤で拭き取ります。
4523
ウェザリングが終わったらツヤ消しクリアを2度吹いて仕上げます。
4525
ツヤ消しクリアを吹き終わったら履帯のエッジにウェザリングマスターの銀を擦りつけて使用感を再現します。
4527
ピットマルチをヒンジに塗ります。
塗った直後は白いですが乾くと透明になります。
糊が乾いても表面には粘着力が有るのでハッチを借り止め出来ます。
ハッチは好きな位置で止められるので開閉できる様になります。
何度か付け外ししてると粘着力が落ちるので、そうなったらピットマルチを再添付する必要があります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月25日 (木)

1/35 知波単学園[チハ][新砲塔チハ][ハ号] 製作(履帯製作)

4498
履帯の塗装です。
キットの履帯はプラ製の組み立て式です。

まずはランナーに付いたまま表側をガンメタで塗ります。
4504
片面の塗装が終わったらゲート処理をします。
4507
両面テープで固定してピンの有る側とゲート処理した側面を塗ります。
4515
履帯を車体に接着します。
上部転輪の接する所は浮き上がらないように綿棒を夾んで接着しました。

組み立て式の履帯は手間が掛かりますが、モールドがリアルで良いですね。
弛みも再現されてて良い感じです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月24日 (水)

1/35 知波単学園[チハ][新砲塔チハ][ハ号] 製作(転輪塗装)

4502
転輪のゴム部分にタイヤブラックを塗ります。
3台分ともなると数が多くて大変ですが、チマチマと筆で塗りました。
4509
転輪の塗装が終わったら組み付けます。
迷彩の為、転輪・アームの位置が決まっているので間違えないようにインストをチェックしながら組み立てます。
4511
車体に機銃を接着します。
以前追加したツマミのおかげで奥まったトコにも楽に接着できます。

主砲は上下可動しますが、保持力が無く砲が下がってしまうので接着しました。
その時、水平よりチョイ上向きに固定してます。
4512
転輪・砲塔の組み付け終わりました。
次は履帯の組み立てです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月21日 (日)

1/35 知波単学園[チハ][新砲塔チハ][ハ号] 製作(デカール貼り)

4497
本体の明細塗装が終わったら校章のデカールを貼ります。
デカールは軟化剤を使って密着させます。
4501
デカールが乾燥したら保護用にクリアを吹きます。
デカールを痛めないように薄く何回かに分けて吹き付けます。

黄色いラインに使ったシタデルカラーは下地を侵さない反面、定着力が弱いのでコチラにも軽くクリアを吹いておきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月15日 (月)

1/35 知波単学園[チハ][新砲塔チハ][ハ号] 製作(塗装)

4436
今回、塗装にはクレオスの専用カラーを用意しました。
ただし、車多色の茶色は3台塗るにはセットの1瓶では不安だったのでセット物のを参考に調色しました。
緑色と土地色は白を少々足しました。
4482
まずは茶色を全体に塗ります。
4485
次に緑の迷彩外縁を筆で塗ります。
この後エアブラシの細吹きで内側を塗りますが、塗る箇所を間違えないように点々とチェックを入れておきます。
4491
緑をエアブラシで塗りました。

緑が終わったら同様にして土地色を塗ります。
4495
土地色を塗ったら黄色を筆塗りします。
黄色は隠蔽力の強いシタデルカラーを使います。
4487_2
「チハ」砲塔上部の高射機関銃架は真鍮線を曲げた物で置き換えました。

その際、キットの位置だとハッチ開閉の邪魔なので90度回転させました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月 9日 (火)

1/35 知波単学園[チハ][新砲塔チハ][ハ号] 製作(塗装)

4464
日本戦車は複雑な迷彩が特徴です。
迷彩パターンを把握し易いようにインストに蛍光ペンでマーキングしました。
4466
まずは砲塔内部を白く塗ります。
4480
マスキングしたらハッチ裏・砲塔にカーキを塗ります。

コレをマスキングしたら、いよいよ迷彩塗装です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月 5日 (金)

1/35 知波単学園[チハ][新砲塔チハ][ハ号] 製作(エッチング加工)

4467
キットに付属のエッチングパーツを加工します。
デザインナイフでエッチングパーツを枠から外すのですが、エッチングパーツを歪ませないために台座はアクリル板を使います。
 
ゲートは大変細いので切り離しは楽で、有り難かったです。
4470
エッチングパーツのゲート跡を処理します。
ヤスリ掛けは自作の治具に夾んで、力を入れずヤスリ掛けします。
4474
キットに付いてる治具を使ってエッチングパーツを曲げます。
4476
キットに乗せてみました。
プラでは出せない細さと薄さがスケール感を上げてくれます。
ただ、薄いので取り扱いには神経を使います。
4478
エッチングパーツの下地塗装をします。
ガイアのマルチプライマーを塗った後、ガイアサフを吹き付けました。

これで、すべての加工が終わったので塗装です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月 1日 (月)

1/35 知波単学園[チハ][新砲塔チハ][ハ号] 製作(機銃加工)

4453
車体と砲塔に付く機銃は似たような形なのですが、土台が違ったりするので間違えないようにプラ棒を接着して、ドコの機銃か書いておきます。
この棒は塗装時や接着時のツマミとしての役割も果たします。
4462
機銃先端は開口しました。
なにせ小さいので0.2ミリドリルで慎重に開けた後、0.3ミリで仕上げました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月29日 (金)

1/35 知波単学園[チハ][新砲塔チハ][ハ号] 製作(ライト塗装)

4446

テールランプに使われているクリアパーツは裏側を銀で塗りました。
ヘッドライト内側も銀で塗っておきます。
4449
テールランプにクリアカラーを塗りました。
裏側に塗った銀のおかげで光を反射します。
4451
ヘッドライトにクリアパーツを接着しました。
接着にはアクアリンカーを使います。
アクアリンカーがはみ出したらエナメル溶剤で拭き取ります。
 
これらのライト類はマスキングして本体に接着します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月25日 (月)

1/35 知波単学園[チハ][新砲塔チハ][ハ号] 製作(仮組3)

4443
「ハ号」は最近のキットなのでファインモールドの10年の進化を感じられます。
モールドも細かいですし、何よりパーツの綺麗さにウットリします。

画像のシャーシにしても板状の物を箱形に組み合わせるのですが、パーツ同士がピッタリ合い気持ち良く組めます。
もちろん、パーティングラインやバリの処理等、調整が必要な部分も有りますが、模型作りの楽しみの範疇です。
4444
「ハ号」仮組み終わりました。

ここから塗装を考えながら3台の細部を仕上げていきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月24日 (日)

1/35 IV号戦車D型改&あんこうチーム 完成

Ti01

「1/35 IV号戦車D型改&あんこうチーム」完成写真UPしました。
画像はコチラ
 
■依頼内容■
●キューポラ開閉可能●各ハッチ開閉可能●MAX塗り●ウェザリング仕上げ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1/35 知波単学園[チハ][新砲塔チハ][ハ号] 製作(仮組2)

4441
「新砲塔チハ」仮組みしました。
砲塔だけでなく車体もチマチマ変わってます。
そういうのが分かるのも模型の楽しみですね。

キットを組んでみて感心したのは、左右同じ様なパーツでもダボの形を変えて間違えないようになってる所です。
私の様に戦車に詳しくない人間でも間違えずに済みます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月22日 (金)

1/35 知波単学園[チハ][新砲塔チハ][ハ号] 製作(仮組)

4439
まずは隊長車の「チハ」から組みました。
さすがファインモールド、カチッとした作りで気持ちいいです。

続いて「新砲塔チハ」を組みます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«1/72 VF-25F スーパーメサイア 出品