宇宙戦艦ヤマト04

2012年9月 7日 (金)

1/500宇宙戦艦ヤマト(DO楽DO)

Top_2
1/500宇宙戦艦ヤマト(DO楽DO) 画像公開しました。 こちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月15日 (水)

1/500宇宙戦艦ヤマト(DO楽DO)製作(レンズ加工)

Cimg8573
艦橋レーダー基部にレンズを追加します。
光を反射するようにH・アイズの裏側を銀で塗ります。(画像1)
今回はH・アイズのグリーンを使用しますが、そのままでは色が薄いためクリアグリーンを上塗りしました。(画像2)
レンズの接着にはアクアリンカーという接着剤を使ってます。
固定するにはマジカルピックという粘着剤の付いた棒を買って使ってみました。
ピンセットみたいにパーツを飛ばしてしまう危険性が無く、とても便利です。(画像3)
レンズの上から透明の塩ビ板で蓋をして、ガラスを再現しました。(画像4)
主砲側面の観測機にもレンズを追加しました。(画像5)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月12日 (日)

1/500宇宙戦艦ヤマト(DO楽DO)製作(ウォッシング)

Cimg8570
塗装が終わったので船体全体をウォッシングします。
薄めたエナメル塗料の黒を塗り拭き取っていきます。
拭き取り忘れや逆にウォッシングが届いてない所が無いか船体をグルグル回して入念にチェックするのですが、船体が重いので取り回しも大変です。
エナメル塗料が乾いたらつや消しクリアを吹きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月 9日 (木)

1/500宇宙戦艦ヤマト(DO楽DO)製作(マスキング)

Cimg8561
船体下部の赤を塗り終わったらマスキングします。
塗り分け部分に細切りマスキングテープを貼ったら徐々に太いテープを貼っていき、最終的にはコピー用紙でマスキングします。
マスキングが終わったら、赤がはみ出した箇所にベースグレーをもう一度塗って、船体色をMAX塗りします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月 8日 (水)

1/500宇宙戦艦ヤマト(DO楽DO)製作(船体下部塗装)

Cimg8558
下地のベースグレーを塗り終わったら、船体下部を赤く塗ります。
毎度のMAX塗りです。
1/500ヤマトはバンダイのプラモを何回か塗っていたので、大体掛かる時間は把握しているつもりでしたが、想像より何倍も時間が掛かりました。
今回は船体が重いので、手に持って塗装せずにほとんど作業台に置いたまま作業していたのですが、それが原因みたいです。
普段余り意識してないのですが、エアブラシ塗装の時はブラシを持つ手よりもパーツを持った手の動きが重要なのを再認識しました。
でも、この重さの物をずっと手で持って塗るには私はあまりに貧弱すぎます。(泣)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月 7日 (火)

1/500宇宙戦艦ヤマト(DO楽DO)製作(砲塔加工2)

Cimg8553
各砲塔にはポリキャップを仕込んで、旋回可能にしました。(画像1)
全砲塔設置しました。(画像2)
金属の輝きが素晴らしいです。
加工が終わりましたので、塗装です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月 6日 (月)

1/500宇宙戦艦ヤマト(DO楽DO)製作(パルスレーザー加工)

Cimg8539
キットはパルスレーザー用に金属砲身が付属してます。
まずは脱脂の為に洗浄します。
パーツが小さいので無くさないように注意します。(画像1)
パルスレーザー埋め込み終わりました。
結構時間が掛かりましたが、充実度はハンパ無いです。(画像2)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月 1日 (水)

1/500宇宙戦艦ヤマト(DO楽DO)製作(レーダー加工)

Cimg8521
ブリッジのレーダー基部にはH・アイズを使ってレンズを再現しますが、レンズの上にガラスが入ってる様にオーダーを受けました。
ガラスは透明な塩ビ板で再現します。
塩ビ板を固定出来る様にプラ板で段差を付けました。(画像1)
レーダーには真鍮線+真鍮パイプでアンテナを再現しました。(画像2)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月31日 (火)

1/500宇宙戦艦ヤマト(DO楽DO)製作(砲塔加工)

Cimg8520
このキットの特徴である金属砲塔の組み付けです。
砲塔の仰角用のガイドがあるのですが、そのままでは仰角がキツイのでHPの指示通り修正します。(画像1)
ガイドに沿って1ミリの穴を開けます。(画像2)
穴を2ミリまで開けたら2ミリプラ棒を刺してチェックします。
この後、3ミリ開けた状態でも同様のチェックをしました。(画像3)
4ミリまで開けたら金属砲塔を差し込んで接着します。(画像4)
やはり金属砲塔の精度は良いですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月27日 (金)

1/500宇宙戦艦ヤマト(DO楽DO)製作(サフ吹き)

Cimg8504
洗浄後、乾燥したらサフ吹きします。
一度に厚く吹くのではなく薄く吹き付け、キズやパーティングラインのチェックをします。
今回初めて使った「檄泡キッチンクリーナー」の効果ですが、サフを弾くこともなく離型剤は落ちてるようです。
もっとも最近のガレージキットはあまり強力な離型剤を使って無いみたいなので、効果は分かり辛いですね。
試せるなら見ただけで分かるほど離型剤でギトギトだった20年ぐらい前のキットで試してみたいです。
あの頃は、マスキングテープを剥がすとそのまま下地まで剥がれるようなことが良く有りました(泣)
ところで、酷くはないのですが手の表面がボロボロになってます。
どうやら素手で洗浄作業を行った為みたいです。
缶を見ると「手袋を着用」と注意が書いてありました。
「檄泡キッチンクリーナー」を試してみる人は注意して下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

バンダイ | ハセガワ | ファインモールド | コトブキヤ | PLUM | ピットロード | WAVE | B-CLUB | アオシマ | アルカディア(旧やまと) | ボークス | プラモデル | ガレージキット | 完成トイ | 機動戦士ガンダム | エルガイム | 装甲騎兵ボトムズ | 聖戦士ダンバイン | 戦闘メカザブングル | 宇宙戦艦ヤマト | 松本零士 | キャプテン・ハーロック | 銀河鉄道999 | スターウォーズ | スタジオジブリ | 宮崎駿 | 未来少年コナン | エヴァンゲリオン | ふしぎの海のナディア | グレンラガン | アーマード・コア | PSO | レイストーム | アイドルマスター | メダロット | リリカルなのは | マクロス | 機動戦艦ナデシコ | テッカマンブレード | メカコレ | ガンコレ | ロボット魂 | 1/12 | 1/24 | 1/35 | 1/48 | 1/60 | 1/72 | 1/100 | 1/144 | 1/400 | 1/500 | 1/700 | 1/1000 | 1/1200 | 1/1500 | 1/4000 | 1/6000 | VF-11 02 | YF-19/VF-19 01 | YF-19/VF-19 02 | YF-19/VF-19 03 | マクロス 要塞艦 | ブラックサレナ | ギガント | ブラスターブレード | Ν-ノーチラス号 | テスタロッサ01 | テスタロッサ02 | ドラムロ | グランビートル | カイゼルビートル | アルカディア号01 | アルカディア号02 | アルカディア号03 | ホワイト・グリント01 | ホワイト・グリント02 | R-GRAY1 | ネルフ司令官専用垂直離着陸機 | アースラ01 | アースラ02 | ガンヘッド | 星井美希 | 宇宙戦艦ヤマト04 | 宇宙戦艦ヤマト05 | 宇宙戦艦ヤマト06 | 宇宙戦艦ヤマト07 | 宇宙戦艦ヤマト08 | 連合宇宙艦隊セット | コスモゼロ01 | コスモゼロ02 | コスモファルコン01 | 主力戦艦[完結編]01 | 主力戦艦[完結編]02 | 駆逐艦[完結編] | プリンス・オブ・ウェールズ | シュルツ艦 | ナスカ01 | ナスカ02 | 三段空母 | 多層式航宙母艦 シュデルグ | デスラー艦[Ⅲ版] | ガミラス艦セット1 | 戦闘母艦 | ミランガル | アルビオン02 | リリー・マルレーン | デンドロビウム | ノイエ・ジール | アウドムラ | ギャロップ01 | ギャロップ02 | アストレイ | 61式戦車 | X-wing04 | X-wing05 | X-wing レジスタンス仕様 01 | AT-ST | R2-D2 | R5-D4 | タイ・ファイター | タイ・アドバンスト | ナブー・スターファイター | ミレニアム・ファルコン 02 | 愛国丸 | さつま | フランカーD | 年賀状 | その他 | とらドラ! | みなみけ | キャロットウェポン射出カプセル | シルフィード | ダライアス | ノヴェンバー・ステップス | ノーチラス | ベホイミちゃん | レイノス | ロストプラネット | 斑鳩 | 模型イベント | 清姫 | 紋章機 | 通信販売