宇宙戦艦ヤマト05

2013年3月31日 (日)

1/1000 宇宙戦艦ヤマト 完成

Img_0494
1/1000 ヤマト完成しました。
正式な画像は後日UPします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月28日 (木)

1/1000 宇宙戦艦ヤマト 製作(デカール貼り)

Img_0488
ヤマトに「連合宇宙艦隊セット1」付属のデカールを使う様に指示されましたので、貼りました。
デカールを貼ったら保護用のクリア吹き→ウォッシング→つや消しクリアと進みます。
クリアが乾燥したら組み立てて完成です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月26日 (火)

1/1000 宇宙戦艦ヤマト 製作(スタンド加工)

Img_0463
艦載機を載せるスタンドは長さが足りず、艦載機を固定したければ接着する必要があります。
そこで、プラ板で艦載機の載る部分を延長しました。
コスモゼロは下部に尾翼が有るので隙間を作りました。(画像1)

艦載機を載せた状態です。(画像2)
これで艦載機を接着せずに済みます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月23日 (土)

1/1000 宇宙戦艦ヤマト 製作(コスモファルコン塗装)

Img_0456
付属のコスモファルコンは半分パレットに載った形になってるので、まずはパレットを塗装します。
パレットを塗り終わったら両面テープでダンボール板に張り付けマスキングします。(画像1)
物が小さいんで筆塗りで行けないこともないんですが、仕上がりを考えてマスキングしてエアブラシ塗装しました。
筆塗りの方が取っかかりがスグなんで、早く仕上がる様な気がしますが実際はマスキングした方が早い場合が多いです。
仕上がりはエアブラシ塗装の方が良いのは言うまでもありませんから、筆塗りでさっさと進めたい気持ちを押さえてマスキングします。

基本塗装が終わったら、細部を塗ります。(画像2)
とにかく数が多いんで大変です。
白・赤・黄はシタデルカラーを使いました。
隠蔽力の強さがありがたいです。
コスモファルコンは加藤機・篠原機も塗り分けました。
塗り終わったらウォッシングして組み立てます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月22日 (金)

1/1000 宇宙戦艦ヤマト 製作(塗装)

Img_0455
ヤマト船体の塗装終わりました。
下地に黒に近いグレーを塗った後、船体色を細吹きしました。
船体色はクレオスのヤマトカラーを使用しました。
調色の手間が省けて助かります。
色調はMAX塗りとウォッシングで暗くなるので少々白を加えました。

エアブラシ用塗料の希釈にはHIQPARTSのDPボトルを使ってます。
0.2ミリのエアブラシで細吹きする時、塗料はかなり薄めなければいけないのですが、薄すぎるとそれはそれで困ります。
以前は塗料皿に塗料を入れ、シンナーを多めに足していたんですが丁度良い感じにするのが手間でした。
その点DPボトルは少しずつエアブラシのカップに入れてシンナーを調整できるので良いですね。
一度調整してしまえば、そのまま何度でも吹けるのもありがたいです。
注いだ後そそぎ口を拭き取らないといけないのが少々面倒ですが、それを補って余るぐらい便利です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月17日 (日)

1/1000 宇宙戦艦ヤマト 製作(船体加工2)

Img_0421
船体中央下部の膨らみは側面のモールドが途中で消えてるので、プラ板を貼りました。(画像1)

第三艦橋後と煙突全面のモールドは合わせ目の処理をした後、プラ板で再生しました。(画像2)

船体上部はここまで接着出来ました。(画像3)
これでパルスレーザー等を組んだ後、塗装出来ます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月16日 (土)

1/1000 宇宙戦艦ヤマト 製作(艦橋加工)

Img_0416
艦橋全面のパーツは第2艦橋下で切り離しました。
これにより、塗装後に窓のパーツを嵌められます。(画像1)

レーダー基部裏側の穴はプラ板で埋めました。(画像2)

艦長室のアンテナは削り込みました。(画像3)

艦長室窓は真ん中にハメ合わせ用のダボがあるので削り取って、接着しました。
艦長室内側は白く塗ってあります。(画像4)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月14日 (木)

1/1000 宇宙戦艦ヤマト 製作(砲塔加工)

Img_0412
主砲横の照準機裏側はプラ板で埋めました。(画像1)

照準機と裏蓋を主砲本体に接着したら合わせ目を消します。
ここは合いがあまり良くないので、黒瞬着で埋めました。(画像2)

副砲先端は0.3ミリドリルで開口しました。(画像3)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月13日 (水)

1/1000 宇宙戦艦ヤマト 製作(船体スジ彫り)

Img_0406
バルバスバウのラインは段差で再現されてるのでスジ彫りを入れました。(画像1)

船首のスジ彫りは成形の都合上、浅くなってるので彫り直しました。(画像2)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月12日 (火)

1/1000 宇宙戦艦ヤマト 製作(船体加工)

Img_0405
船体を加工して、接着できるところを接着しました。
MAX塗りで仕上げる場合、各部分の色合いを揃えるために船体は出来るだけ一体化したい所ですが、ギミックの都合でこれが限界みたいです。
後はハメ込みやマスキングテープで固定して対処します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

バンダイ ハセガワ ファインモールド コトブキヤ PLUM ピットロード WAVE B-CLUB アオシマ アルカディア(旧やまと) ボークス プラッツ タカラトミー グッドスマイルカンパニー ベルファイン タミヤ プラモデル ガレージキット 完成トイ 機動戦士ガンダム エルガイム 装甲騎兵ボトムズ 聖戦士ダンバイン 戦闘メカザブングル 機甲界ガリアン 無敵超人ザンボット3 クラッシャージョウ 宇宙戦艦ヤマト キャプテン・ハーロック 銀河鉄道999 スタジオジブリ 未来少年コナン エヴァンゲリオン ふしぎの海のナディア グレンラガン アーマード・コア PSO レイストーム アイドルマスター メダロット Fate/stay night バーチャロン リリカルなのは マクロス 機動戦艦ナデシコ テッカマンブレード ガールズ&パンツァー タイムボカン ナイツ&マジック スターウォーズ サンダーバード 松本零士 宮崎駿 メカコレ ガンコレ ロボット魂 ミニプラ ねんどろいど ビークルモデル 1/12 1/24 1/35 1/48 1/60 1/72 1/100 1/144 1/400 1/500 1/700 1/1000 1/1200 1/1500 1/1700 1/4000 1/6000 鉄巨神 プロマキス ウィンガル ファイター1 VF-11 02 YF-19/VF-19 01 YF-19/VF-19 02 YF-19/VF-19 03 マクロス 要塞艦 VF-25 VF-4 ブラックサレナ ギガント 山の翁 ランスロット ザンボット3 ブラスターブレード Ν-ノーチラス号 テスタロッサ01 テスタロッサ02 サンダーバード2号 サンダーバード4号 サンダーバードS号 ドラムロ グランビートル カイゼルビートル テムジン アルカディア号01 アルカディア号02 アルカディア号03 ホワイト・グリント01 ホワイト・グリント02 R-GRAY1 ネルフ司令官専用垂直離着陸機 アースラ01 アースラ02 ガンヘッド 星井美希 宇宙戦艦ヤマト04 宇宙戦艦ヤマト05 宇宙戦艦ヤマト06 宇宙戦艦ヤマト07 宇宙戦艦ヤマト08 連合宇宙艦隊セット コスモゼロ01 コスモゼロ02 コスモファルコン01 主力戦艦[完結編]01 主力戦艦[完結編]02 駆逐艦[完結編] プリンス・オブ・ウェールズ シュルツ艦 ナスカ01 ナスカ02 三段空母 多層式航宙母艦 シュデルグ デスラー艦[Ⅲ版] ガミラス艦セット1 戦闘母艦 ミランガル アンドロメダ ノイ・バルグレイ アルビオン02 リリー・マルレーン デンドロビウム ノイエ・ジール アウドムラ ギャロップ01 ギャロップ02 ギャロップ03 アストレイ 61式戦車 ガルダ ゼネラルレビル 01 ゼネラルレビル 02 アレキサンドリア サザビー X-wing04 X-wing05 X-wing レジスタンス仕様 01 AT-ST R2-D2 R5-D4 タイ・ファイター タイ・アドバンスト ナブー・スターファイター ミレニアム・ファルコン 02 AT-M6 愛国丸 さつま フランカーD スピットファイア 4号戦車 九七式中戦車 九五式軽戦車 ティーガーI BT-42 センチュリオン T-34/85 B1bis 八九式中戦車甲型 クルセイダーMk.Ⅲ チャーチル歩兵戦車 Mk.Ⅶ あんこうチーム 知波単学園 メカブトン 01 メカブトン 02 アールカンバー グゥエール 年賀状 その他 とらドラ! みなみけ キャロットウェポン射出カプセル シルフィード ダライアス ノヴェンバー・ステップス ノーチラス ベホイミちゃん レイノス ロストプラネット 斑鳩 模型イベント 清姫 紋章機 通信販売