ガミラス艦セット1

2014年11月 9日 (日)

1/1000 ガミラス艦セット1 完成

Top
「1/1000 ガミラス艦セット1」完成画像UPしました。

画像はコチラ

■依頼内容■
●各部スラスター開口●塗装によるパネルラインの再現
●目玉部分グラデーション塗装○反射衛星不要

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月 2日 (木)

1/1000 ガミラス艦セット1 制作(塗装4)

2129

組み立てが終わったら、全体をウォッシングしてノズル等にタミヤのウェザリングマスターですす汚れを施します。
汚し処理が終わったら、仕上げにクリアでコートします。
通常はつや消しクリアを塗るのですが、今回は「CGっぽく」と指示されたので、半ツヤクリアを塗りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月29日 (月)

1/1000 ガミラス艦セット1 制作(塗装3)

2120

ガミラス艦の特徴である目玉はグラデーションで表現するようにオーダーされました。
 
パーツは乳白色で整形されてるので、下地として白を塗ります。(画像1)
 
黄色く塗ります。(画像2)
 
オレンジを細吹きします。(画像3)
 
塗料が乾いたら目玉とトサカを組み込んで全体を組み立てます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月26日 (金)

1/1000 ガミラス艦セット1 制作(塗装2)

2119

船体色のMAX塗りが終わったらマスキングテープを剥がします。
パネルラインの色の差が激しいのでパッチワークみたいです。
ここからもう一度MAX塗りをして、パネルラインを馴染ませます。
それが終わったら船体色+白でハイライトを入れて基本塗装は終了です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月24日 (水)

1/1000 ガミラス艦セット1 制作(塗装)

2114

今回は塗装によるパネルラインの再現をオーダーされました。
 
パネルラインの色は2色希望なので、まずは船体色+黒を塗ります。(画像1)
 
細切りマスキングテープを使ってパネルラインをマスキングします。(画像2)
この後、ベースグレーを全体に塗ります。
 
2回目のマスキングが終わりました。(画像3)
この後、船体色をMAX塗りします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月14日 (日)

1/1000 ガミラス艦セット1 制作(船体加工4)

2104

ケルカピア級の上面合わせ目に有るバルジを再生します。
 
0.5ミリ厚1.0ミリ幅のプラ板を1ミリ角棒に瞬着で点付けして整形しました。(画像1)
接着部分が取れないように優しく(笑)ヤスリ掛けします。
 
船体に接着して整形しました。(画像2)
こういった合わせ目にあるモールドは作り直した方が綺麗になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月12日 (金)

1/1000 ガミラス艦セット1 制作(船体加工3)

2095

デストリア級の艦首に有るスラスターを開口しました。(画像1)
 
ひれ部分のスラスターも開口しました。(画像2)
 
船首と船体の接続部分を加工して後ハメ出来るようにしました。(画像3)
これで船首以外の船体を接着できます。
結果、9/10に行った船尾の後ハメ加工は不要になりました(笑)
ちゃんと計画して作らないとイカンですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月10日 (水)

1/1000 ガミラス艦セット1 制作(船体加工2)

2089_2
キットは船体が分割しており、船首から船尾に向けて重ねる構造になってます。 
船尾は接着して合わせ目を消す必要があるので、後ハメ出来るように加工しました。(画像1)

デストリア級の船尾には合わせ目部分にスリットが有るので、接着後に0.5ミリのスリットを掘り直しました。(画像2)
このスリット、最初はバンダイにしては珍しくパーツの合いが悪く隙間が出来てると思ったのですが、設定を見るとしっかりスリットが有りました。
早とちりして埋めなくて良かったです(笑)

ケルカピア級の船尾はスラスターをドリルで開口しました。(画像3)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月 9日 (火)

1/1000 ガミラス艦セット1 制作(船体加工)

2081

船体の上部に合わせ目が出てしまいますが、ココを加工して目玉とトサカを塗装後に組み立てられる様します。(画像1)
 
船体片側の赤いラインにノコを入れます。(画像2)
 
ノコを入れた間の部分を接着します。(画像3)
 
ノコを入れた部分を切り離し、左右のパーツを一体化しました。(画像4)
これで塗装後に組み立てできます。
この部分にはバルジのモールドがありましたが、削り落としてプラ板で再生します。
2082  
デストリア級の船首も加工しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月 8日 (月)

1/1000 ガミラス艦セット1 制作(仮組)

2079

ガミラス艦セット、仮組みしました。
スジ彫りが細く、各部もシャープに仕上がってます。
バンダイにしては接着が必要なパーツもかなりあり、ディティールの再現を優先した感じがして好印象です。
接着・塗装する場合、ハメ合わせを緩くする必要があり普通はピンの受け側を0.1ミリ太いドリルで開口し直せば済みます。
しかし、このキットは四角いハメ合わせが多く手間が掛かりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

バンダイ ハセガワ ファインモールド コトブキヤ PLUM ピットロード WAVE B-CLUB アオシマ アルカディア(旧やまと) ボークス プラッツ タカラトミー グッドスマイルカンパニー ベルファイン タミヤ プラモデル ガレージキット 完成トイ 機動戦士ガンダム エルガイム 装甲騎兵ボトムズ 聖戦士ダンバイン 戦闘メカザブングル 機甲界ガリアン 無敵超人ザンボット3 クラッシャージョウ 宇宙戦艦ヤマト キャプテン・ハーロック 銀河鉄道999 スタジオジブリ 未来少年コナン エヴァンゲリオン ふしぎの海のナディア グレンラガン アーマード・コア PSO レイストーム アイドルマスター メダロット Fate/stay night バーチャロン リリカルなのは マクロス 機動戦艦ナデシコ テッカマンブレード ガールズ&パンツァー タイムボカン ナイツ&マジック スターウォーズ サンダーバード 松本零士 宮崎駿 メカコレ ガンコレ ロボット魂 ミニプラ ねんどろいど ビークルモデル 1/12 1/24 1/35 1/48 1/60 1/72 1/100 1/144 1/400 1/500 1/700 1/1000 1/1200 1/1500 1/1700 1/4000 1/6000 鉄巨神 プロマキス ウィンガル ファイター1 VF-11 02 YF-19/VF-19 01 YF-19/VF-19 02 YF-19/VF-19 03 マクロス 要塞艦 VF-25 VF-4 ブラックサレナ ギガント 山の翁 ランスロット ザンボット3 ブラスターブレード Ν-ノーチラス号 テスタロッサ01 テスタロッサ02 サンダーバード2号 サンダーバード4号 サンダーバードS号 ドラムロ グランビートル カイゼルビートル テムジン アルカディア号01 アルカディア号02 アルカディア号03 ホワイト・グリント01 ホワイト・グリント02 R-GRAY1 ネルフ司令官専用垂直離着陸機 アースラ01 アースラ02 ガンヘッド 星井美希 宇宙戦艦ヤマト04 宇宙戦艦ヤマト05 宇宙戦艦ヤマト06 宇宙戦艦ヤマト07 宇宙戦艦ヤマト08 連合宇宙艦隊セット コスモゼロ01 コスモゼロ02 コスモファルコン01 主力戦艦[完結編]01 主力戦艦[完結編]02 駆逐艦[完結編] プリンス・オブ・ウェールズ シュルツ艦 ナスカ01 ナスカ02 三段空母 多層式航宙母艦 シュデルグ デスラー艦[Ⅲ版] ガミラス艦セット1 戦闘母艦 ミランガル アンドロメダ ノイ・バルグレイ アルビオン02 リリー・マルレーン デンドロビウム ノイエ・ジール アウドムラ ギャロップ01 ギャロップ02 ギャロップ03 アストレイ 61式戦車 ガルダ ゼネラルレビル 01 ゼネラルレビル 02 アレキサンドリア サザビー X-wing04 X-wing05 X-wing レジスタンス仕様 01 AT-ST R2-D2 R5-D4 タイ・ファイター タイ・アドバンスト ナブー・スターファイター ミレニアム・ファルコン 02 AT-M6 愛国丸 さつま フランカーD スピットファイア 4号戦車 九七式中戦車 九五式軽戦車 ティーガーI BT-42 センチュリオン T-34/85 B1bis 八九式中戦車甲型 クルセイダーMk.Ⅲ チャーチル歩兵戦車 Mk.Ⅶ あんこうチーム 知波単学園 メカブトン 01 メカブトン 02 アールカンバー グゥエール 年賀状 その他 とらドラ! みなみけ キャロットウェポン射出カプセル シルフィード ダライアス ノヴェンバー・ステップス ノーチラス ベホイミちゃん レイノス ロストプラネット 斑鳩 模型イベント 清姫 紋章機 通信販売