« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月

2007年9月28日 (金)

ビャコウ製作

Kif_1680 ガンメン新作は螺旋王四天王の怒濤のチミルフのカスタムガンメン「ビャコウ」です。

カミナを倒した敵として印象強いガンメンです。

コトブキヤ製プラモのグレンラガンに大きさを合わせて製作してます。

まずは腕や足などの左右共通部分を作り複製して揃えます。

| | トラックバック (0)

2007年9月23日 (日)

イベント参加予定

G-CUBEは年内の模型イベント参加はありません。

ワンフェス2008冬も休みます。

現時点で参加予定が有るのは2008/3/30のWHF名古屋8です。
RA紋章機はそこで製作再開する予定です。

しばらくはガンメン(天元突破グレンラガン)製作に集中しようと思います。
よろしくお願いします。

| | トラックバック (0)

2007年9月19日 (水)

ラガン製作

Lagan01 「ラガン」サンプル完成しました。

http://garagekit.web.fc2.com/gallery/gurrenlagan/lagan/lagan_00.html

この商品は通販で購入出来ます。

| | トラックバック (0)

ラガン製作

Kif_1631 すべてのパーツが塗り終わりましたら、ドリル以外のパーツにつや消しクリアを吹き付け表面を整えます。

目だけはつやを消したくないのでマスキングはしたままにしておきます。

つや消しクリアが乾いたら組立です。

| | トラックバック (0)

2007年9月18日 (火)

ラガン製作

Kif_1626 頭部のカバーは塗装後にスミ入れします。

ココのように太いスジ彫りにはガンダムマーカーが便利です。

細いところはコピックライナーでスミ入れします。

| | トラックバック (0)

ラガン製作

Kif_1618  ドリルは不要塗料+黒で作ったベースグレーを下地に塗ります。(画像1)

その上からパールを吹き付け金属表現をします。(画像2)

パールはWAVEの物を使用しました。

| | トラックバック (0)

2007年9月17日 (月)

ラガン製作

Kif_1623_3 ボディの赤は発色を良くするためピンクで下塗りします。

赤はガイアカラーのスカーレットとクレオスのキャラクターレッドを1対1で混ぜました。

| | トラックバック (0)

2007年9月16日 (日)

ラガン製作

Kif_1615 仕上げが終わったら塗装です。

まず顔とあごのパーツは白く塗ります。(画像1)

その後、歯の部分をマスキングして目の塗装をします。

目は蛍光イエロー→クリアイエロー→クリアの順で塗りました。
クリアカラーは上から塗装すると浮きあがってくる時があるので目以外の部分はマスキングします。(画像2)

その後、目をマスキングして目のフチの緑と顔の塗装をします。

色はコトブキヤのグレンラガンのカラーレシピを参考に調合しました。
緑はミディアムブルー+白+緑少々
顔の色は白+レッドブラウン少々+赤少々です。

| | トラックバック (0)

ラガン製作

Kif_1612 仮組みして全体のチェックが終わったらバラしてまた洗浄します。

十分乾燥させたらサフェイサーを吹き付けます。

サフェイサーはプライマー入りの物を使ってください。

一度に厚く吹き付けず、軽く吹き付ければパーティングラインが浮き上がってきますので処理します。

それを繰り返しパーツを仕上げていきます。

| | トラックバック (0)

2007年9月15日 (土)

ラガン製作

Kif_1609 各パーツのバリ取りが終わったら、アルミ線で接続し仮組します。

ここで塗装プランを練っておくと後々ラクです。

画像はコトブキヤのグレンラガンと比較です。

| | トラックバック (0)

ラガン製作

Kif_1605 肘の部分はガイドラインが掘ってあります。

ガイドラインは薄いので注意して見てください。(画像1)

それを合わせ肘の角度を決めます。(画像2)

| | トラックバック (0)

2007年9月14日 (金)

ラガン製作

Kif_1604 このキットは手首が握り拳とドリルの選択式です。

どちらか固定で作るのなら問題ないのですが、握り拳とドリルとでは腕の角度が変わります。
握り拳の場合は前腕が水平、ドリルの場合はやや上向きが良いと思います。

サンプルは手首を差し替えられるように製作してるので、腕の付け根を可動するように加工しました。

私は輸送時に外せるようにポリキャップを仕込みましたが、単純に可動させるだけでしたらポリ軸で接続すれば十分だと思います。

| | トラックバック (0)

2007年9月13日 (木)

ラガン製作

Kif_1600 太ももに付くアーマーの様に薄いパーツの場合はピンを短くせずに穴を開けます。

ドリル径は1mmです。
貫通しない様に注意します。(画像1)

この穴はパーツ接合用ではなく塗装時にパーツを保持するための穴です。

ここは荷重がかかる場所じゃないので、パーツ自体の接合は太ももに2mmの穴を開け接着すれば十分だと思います。(画像2)

| | トラックバック (0)

2007年9月12日 (水)

ラガン製作

Kif_1594 パーツを洗浄して離型剤を落としたら組立です。

キットには接合面にピンが飛び出してる箇所があります。
コレは原型を作るときに接続にプラ棒を使った跡です。(画像1)

キットの組立にはアルミ線が便利なのでそれの入る穴を開けます。

ピンを中心が分かるギリギリ残し、中心にドリルで穴を開けます。
ドリルは1.5mmを基本とします。(画像2)

穴を開けたら接続面を平らに成形します。

その後3mmドリルで角を落とします。
こうしておくと穴位置の誤差をアルミ線の曲がりでカバーできます。(画像3)

| | トラックバック (0)

2007年9月11日 (火)

ラガン製作

Kif_1590 ラガン成型品届きました。
パーツ数は25です。
右下の単3電池は大きさ比較用です。

成形は喜久屋/文雅さんにお願いしました。
前回、クロスキャリバーの成型品を見て自分の成形レベルではとても出来ないところまで抜けており感動しました。
これならと、今回はさらに複雑なパーツ構成にしたのですがごらんの通り綺麗にぬけてます。
喜久屋様ありがとうございます。

おかげで自分で成形する時よりも2/3位にパーツ数を押さえることが出来、組立もラクになりました。

ただ欠点はコスト。
当然のことながらそれなりのお金がかかります。
買って下さる人のことを考えると少しでも安くしたいのですがキットとしてのクオリティを上げる為、業者成形を選択しました。
ご理解お願いします。

| | トラックバック (0)

2007年9月 2日 (日)

ラガン製作

Kif_1588 ラガン二次審査無事通りました。

ガイナックス版権企画部様ありがとうございます。

画像は喜ぶラガンさん。

今週中に成形業者に送る予定です。

| | トラックバック (0)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »