« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

2011年6月29日 (水)

1/72 VF-11B製作(主翼接着)

Cimg6860_4主翼は上下2枚を貼り合わせる構成ですが、パーツ裏側には突き出しピンの跡が有ります。
そのままでは上手く貼り合わせられないので丁寧に消します。
作業にはWAVEのヤスリスティックを小さく切った物が便利です。(画像1)

突き出しピンの処理が終わったら接着します。
接着剤を塗ってから貼り合わせるとはみ出す可能性があるので、100円ショップで買ったクランプで固定してからタミヤの流し込み接着剤で接着します。(画像2)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月28日 (火)

1/72 VF-11B製作(仮組)

Cimg6858VF-11B仮組みしました。

やはりハセガワのファイターは薄くて格好いいですね。

最新作だけ有あって各ブロックごとに組み立てられる様になっていて、製作し易そうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月27日 (月)

1/12 レイキャシール出品

Fg01_2 1/12 レイキャシール、Yahoo!オークションに出品しました。

fgにも画像をUPしました。

よろしくお願いします。

http://page5.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/e112029714

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月26日 (日)

1/12 レイキャシール製作

Cimg6818サーベルにはパーティングラインがあるので丁寧に消します。
画像は2000番のペーパーを掛けたところです。
この後、コンパウンドで仕上げます。(画像1)

ショットの塗り分け&デカール張り終わりました。
レイキャシール本体は1/12というスケールと女性ロボなのでクドくなるのをさけるためスミ入れはしないのですが、ショットはディティ-ルを際立たせたいのでスミ入れしました。
画像は全体につや消しクリアを吹いたところです。
この後先端上部の部分を白下地→クリアグリーンで塗り分けます。
ホントはサーベルの様にクリアグリーンで成形してあると良いのですが、無塗装で組む人のこと考えると難しいんでしょうね。(画像2)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月23日 (木)

1/12 レイキャシール製作

Cimg6817ショットの側面には「TEST」の文字があるのですが、デカールが付いてないので自作しました。

まずパッケージをスキャンして大きさを合わせ、ガイドにします。(画像1)

パソコンで作図した物をMD-5500プリンターでクリアデカールに出力しました。
下の黄色い下地の物はマスキング用です。
タミヤのマスキングシートにMDプリンターで
印刷しました。
これでサイドのラインを正確に再現します。(画像2)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月19日 (日)

1/72 VF-11B製作

Cimg6816次のお題はハセガワの1/72「VF-11B」です。

いつもながらカッコいい箱絵ですね。

製作意欲が上がります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1/12 レイキャシール製作

Cimg6814スカートには塗り分けがあるので塗り分けるライン(画像の赤いライン)をスジ彫りしておきます。
これにより境界線がハッキリするのでマスキング後の塗装の仕上がりが綺麗になります。

スカート以外にも塗り分け箇所はスジ彫りしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月18日 (土)

1/12 レイキャシール製作

Cimg6807太もも中央部の可動部を抜き差しできるようにして塗装後に組立できるようにします。

まずはキットのジョイントをポリ製のボールジョイントに置き換えます。
右側がキットのジョイントです。(画像1)

ジョイントの受け口をプラ板で埋め、接着剤の乾燥後に穴を開けます。(画像2)

完成した状態です。
可動部にはクリアランスが欲しいのでボールジョイントが下がりすぎないようにダボ穴を利用してストッパーにしました。(画像3)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月14日 (火)

1/12 レイキャシール製作

Cimg6798股関節の軸にはホビージャパンの記事を参考に0.8ミリ真鍮線を埋め込みました。

これで強度は十分だと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月13日 (月)

1/12 レイキャシール製作

Cimg6797レイキャシール仮組みしました。

いくつかの間接は挟み込みが必要です。
塗装のことを考えると後ハメが出来るように加工するのが良いのですが、キットが小さいので強度的に不安です。
そこで、合わせ目を加工してスジ彫りっぽく見せたりマスキングで対処しようと思います。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月12日 (日)

1/35 レイノス出品

Fgtop1/35 レイノス、Yahoo!オークションに出品しました。

fgにも画像をUPしました。

よろしくお願いします。

http://page6.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/f99415396

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月11日 (土)

1/35 レイノス製作

Cimg6730下地処理が終わりましたらリューターでダメージ表現を施します。
今回は1/35なのでいつもより大きなビットを使い、ダメージ箇所も細かくならないように注意しました。(画像1)

肩のタンクに入る赤ラインは塗装で再現しました。
基本色が終わったら赤く塗る部分を残してマスキングします。
赤ラインの剥げを再現するためマスキングゾルを塗りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1/12 レイキャシール製作

Cimg6736次のお題はコトブキヤの1/12「レイキャシール エルノア Ver.APSY」です。

作った人の意見を見ると間接が弱いようなので、間接の強化を中心に製作しようと思います。

カラーバリエーションが豊富にあるので、色は変える予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1/35 レイノス製作

Cimg6715キットの銃用手首は親指が別パーツになっており接着しなければ完成後も銃を外せますが、キットのままでは親指が外れ易いので手を加えます。
画像はキットの状態です。(画像1)

親指の軸を切り落としプラ棒に変えます。柔軟性のあるプラ棒を使いました。
受け側にも穴を開ければ完成です。
これでイラストの様に銃を縦に持たせる事が出来ます。
もっとも平手は左手しかないのでイラストとは手が逆ですが雰囲気は出ると思います。(画像2)

頭部アンテナは途中で切断して先端を0.5ミリ真鍮線に置き換えました。(画像3)

合わせ目処理で消えたモールドはプラ板で再生しました。(画像4)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 9日 (木)

1/35 レイノス製作

Cimg6694バックパックのバーニアに内側にコトブキヤのパーツを付けよりバーニアらしくしました。
一番右がキットのままです。(画像1)

バックパック左右のパーツ外側には穴を開けラックらしくしました。(画像2)

バックパック下に着くパーツは左右にネジモールドを追加して下部に穴を開けました。(画像3)

バックパック上部にはフックを追加しました。(画像4)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 8日 (水)

1/35 レイノス製作

Cimg6693 肩はフレームを挟み込む構造なので加工します。

まずは肩のパーツを接着します。
ずれないようにフレームを挟み込んでおきます。(画像1)

接着剤が乾いたらエッチングソーで切り離します。(画像2)

切り離さない側もスジ彫りをしておきます。
パーツの構成を考えてスジ彫りの方向や太さを変えています。(画像3)

前腕に付くアーマー裏側の上部をプラ板で塞ぎました。
可動に支障が出ないようにしました。
突き出しピンの処理も忘れないようにします。(画像4)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 1日 (水)

1/35 レイノス製作

Cimg6692太ももに付く膝関節はピンを削る事により塗装後接着する様にしました。(画像1)

すね外側に付くバーニアパーツはドリルで開口した後、リューターで仕上げました。(画像2)

すね両側に付くパネルにはスジ彫りが有るのですが、成形の都合上浅くなってるのでエッチングソーで彫り直しました。(画像3)

すねパーツ全体の加工が終わりました。(画像4)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1/35 レイノス製作

Cimg6682つま先の爪のパーツは可動軸を切り離し、3ミリプラ棒を接着しました。(画像1)

ポリキャップのカバーはWAVEのプラサポの上下にプラ板を貼り付け、丸く加工しました。(画像2)

つま先の加工が終わった状態です。
ポリキャップ内臓により爪の脱着が出来るようになりました。(画像3)

足首全体のパーツ構成は画像のようになりました。(画像4)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »