« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

2012年3月30日 (金)

1/1000 主力戦艦[完結編] 製作(波動砲口加工)

Cimg8079艦首波動砲発射口には気泡が有ります。
ここは気泡を埋めるより作り直した方が早いです。(画像1)

まずはシャッターのモールドの大きさまで穴を開けます。(画像2)

次にコトブキヤのモールドパーツで再現します。
元のモールドより一段低くして奥行きを出しました。(画像3)

今回みたいに原型に使ってるパーツが分かれば再生は楽なので助かりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月29日 (木)

1/1000 主力戦艦[完結編] 製作(スタンド穴加工)

Cimg8072主力戦艦は3ミリ真鍮線でスタンドに固定する予定ですが、バンダイのアクションベースにも取り付けられるようにして欲しいとの依頼を受けましたので、スタンド穴にポリキャップを内蔵する事にしました。

まず、スタンドを取り付けたい箇所に3ミリの穴を開け、その周りを約1ミリ掘り下げます。(画像1)

次にポリキャップが入る様に穴を拡張します。(画像2)

ポリキャップを内蔵しましたら、3ミリの穴を開けたプラ板を貼ります。
周りを整形して完成です。(画像3)

これで、ポリキャップが露出せず、見た目が良くなりました。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月23日 (金)

1/1000 主力戦艦[完結編] 製作(各部整形)

Cimg8067船体各部を整形してます。
段差をプラ板で再生したり、気泡を黒瞬着で埋めたりします。(画像1)

ブリッジは一部を切り離し整形しました。(画像2)

気泡と共にガレージキットに付きものなのが歪みです。
ガレージキットはシリコン型で複製を取るのですが、シリコン型は柔らかいためクランプ時に型が歪んでしまいます。
原型は綺麗な正方形でも成型品は菱形になってしまう場合があります。
またレジンは整形後収縮するため、原型では真っ平らな面も中央がへこんで、えぐれた状態になる場合があります。
これらをすべて修正するのは難しいのですが、今回みたいな直線的なデザインだと目立つので出来る限り整形していきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月19日 (月)

1/1000 主力戦艦[完結編] 製作(砲塔加工3)

Cimg8053砲身を砲塔に組み込んだ所、中央の幅が足りなかったので中央で切断してプラ板を挟んで幅増ししました。(画像1)

砲身を固定する軸は左右に飛び立たせて砲塔に固定します。(画像2)

砲身は塗装後に組み立てられるように裏側の蓋を外せる様にしました。(画像3)

砲塔の可動部完成しました。
後は削り取ったディティールを再現します。(画像4)

これを後2つ作ります。
試行錯誤しながら作ったので結構時間掛かりました。
砲塔のデザインが直線的なので一からプラ板で作った方が早かったかも知れません。
まあ終わったから言えるんであって、いきなり自作するのは勇気が要りますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月15日 (木)

1/1000 主力戦艦[完結編] 製作(砲塔加工2)

Cimg8039砲身はオーダーに従い、キットの物を使わずアルミ削りだしの物に交換します。(画像1)

アルミの砲身がキットの物より長いので切り詰めます。
9本加工しなければならないので長さにばらつきが出ないようにプラ板とプラ棒で簡単なゲージを作りました。(画像2)

砲身付け根には可動軸用のパイプが必要なので、真鍮パイプを切り出します。
切った後、断面を成形するためプラパイプとプラ棒で固定具を作りました。(画像3)

パイプと砲身を接着します。
金属同士の接着には半田付けが良いのですが、アルミの半田付けは難しいらしいので瞬間接着剤を使います。
瞬間接着剤は耐衝撃性の物を使いました。
プラ棒を仮に通して歪まないように接着します。(画像4)

パイプを接着したら、ポリ軸を通します。(画像5)

砲身の加工が終わったら砲塔に組み込みます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月14日 (水)

1/1000 主力戦艦[完結編] 製作(砲塔加工1)

Cimg8035今回のオーダーは主砲の旋回と砲身の上下可動なので、キットを加工します。

砲塔の左右幅増しのオーダーもあるのでプラ板を貼り成形します。(画像1)

砲身上下のギミックを入れるため裏側をリューターで削ります。(画像2)

ある程度薄くなったら表からくり抜きます。
厚みを増やすオーダーもあるので前端は削り落としました。(画像3)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月12日 (月)

1/1000 主力戦艦[完結編] 製作(洗浄)

Cimg8034パーツのバリをある程度処理したら2度目の洗浄です。
ガレージキットは離型剤が付きものなので、念のため2回洗浄します。
画像はお湯の中にポリデントを入れた状態なので発泡してます。

以前は洗面器で足りていたのですが、最近は大きなキットを依頼される事も多くなったので、50センチのコンテナを買ってきました。
これで大概のモノは入るでしょう。
コレでムリなら、後は風呂だな(家族に迷惑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 9日 (金)

1/1000 主力戦艦[完結編] 製作(船体成形)

Cimg8029今回製作するキットは個人複製のため、段差や気泡が多いです。
そこを成形ときにモールドを削り落として成形後、再生した方が綺麗に仕上げられる場合があります。
このキットは原型師のオリジナルでモールドが入っているのでそれを再生しますが、モールドを削り落としてしまうと元が分からなくなるのでメモを取っておきます。(汚い図でスミマセン)
こういった作業は業者成形品なら避けられるのですが、実際には難しいです。
私も昔ディーラ参加していたので分かるのですが、メカ物の業者成形は色々ハードルが高いですね。
けっこうな数売らないと採算合わないので、こういったマイナーなメカを出して貰えることを喜んだ方が吉だと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 8日 (木)

1/1000 主力戦艦(完結編) 製作

Cimg8018_2次のお題は「宇宙戦艦ヤマト 完結編」より1/1000「主力戦艦」です。

「岡山のプラ板使い」製のイベント販売ガレージキットです。
依頼品なので、オーダーに従って製作します。

「岡山のプラ板使い」様といえば私がディーラ参加してたころ、今は無きWHF(ワールドホビーフェスティバル)でお互い数少ないメカ物ディーラとして参加していた思い出があります。
ヤマトメカを積極的に製作しており、でっかい「自動惑星ゴルバ」(展示用だったのかな?)が印象に残ってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 7日 (水)

1/700 愛国丸 完成

Top_21/700 愛国丸 完成しました。

画像はコチラ

艦船模型を本格的に作るのは初めてで、良い刺激を得ると共に勉強になりました。
今回、強く感じたのはキャラ物の1/700とスケール物の1/700は大きく違うと言うことでした。
このことは、今後の製作に生かしたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 6日 (火)

1/700 愛国丸 製作(梱包)

Cimg8015愛国丸、完成しました。

郵送の衝撃に耐えられるように、発泡スチロールで箱を作りました。
発泡スチロールにビニールヒモで固定するのですが、空中線を張ってるためヒモを通す場所が少なく苦労しました。

今は依頼者の元に旅立ってます。
過去に完成品を郵送して破損したことは無いのですが、無事到着の連絡貰うまで心配です。
例えるなら、子供を旅行に行かせてる気持ちですかね?
まあ、子供どころかヨメもいないんですけどね(泣)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 3日 (土)

1/700 愛国丸 製作(空中線張り)

Cimg7977 空中線の張り作業には次のサイトを参考にしました。
http://www.1mokei.jp/html/work_56.html
大変詳しく説明されていて、スゴク助かりました。

そのサイトに書いてある通り、ワークスタンドをホームセンターで買ってきました。
ルーペスタンドがあるので拡大鏡は無くても良かったんですが、付いてるヤツしかなかったんで買ってきました。
いつか役に立つ時が来るでしょう。(希望)
空中線に使う糸は依頼主から提供されたモデルカステンのメタルキリング0.15号を使いました。
こんな専用の物があるんですね~。
知りませんでした。(画像1)

ワークスタンドを使った張り線作業の様子です。(画像2)
やってみて分かったんですがピンと張るよりたるませる方が難しいんですね。
2本のたるみを揃えるのに苦労しました。
もの凄く神経を使う作業です。
でも、1本張るごとに上がっていく精密感に嬉しくなって、ニヤニヤしてます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 1日 (木)

1/700 愛国丸 製作(マスト製作)

Cimg7975マスト接着しました。

ゆがむとみっともないので、垂直に注意しながら何度も確認します。

マストが固定されたら空中線の張り作業です。
初めてやるんで緊張する反面、新しい事が出来るので楽しみでもあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1/700 愛国丸 製作(偵察機・内火艇製作)

Cimg7971付属の偵察機と内火艇、完成しました。

内火艇の搭載位置は不明らしいので、依頼主に指定していただきました。

偵察機は小さいながらも良くできてますね。
空母だとコレを複数作らないといけないと思うと怖くなります。
でも、いつかは・・・(コレばっか)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »