« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

2012年9月26日 (水)

ダイヤモンドヤスリシート 使用

Cimg8781
WAVEの新製品「HGダイヤモンドヤスリシート」を試してみました。
薄い金属板の表面にダイヤモンドヤスリ加工がしてある物です。
早速、色んな幅や厚さのプラ板に貼ってみました。(画像1)
普通のペーパーで作るのと違い、エッジが堅いので入り組んだところのヤスリ掛けが楽になりました。
今回、購入して一番やりたかったのが、プラ棒の断面に貼り付ける事です。(画像2)
一段低くなった所に立てて使うために作りました。
接着面が狭いので元々貼ってある両面テープは剥がし、瞬着で接着してます。
これも以前は普通のペーパーで作っていたのですが、普通のペーパーはすぐダメになってしまうのでダイヤモンドヤスリシートの耐久性はありがたいです。
残念なのはプラ棒に巻き付けて棒ヤスリを作りたかったのですが、手で曲げたら金属板が割れてしまいました。
なにかしら治具が必要な様です。
何にせよ便利な物なので、色々な形を試してみたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月24日 (月)

アースラ(リリカルなのは)製作 (洗浄)

Cimg8779
大まかなバリ取り、気泡埋めが終わったら、洗浄です。
ガレキの場合、最初に洗浄するので2度目になります。
乾燥したらサフを吹いて表面のチェックです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月22日 (土)

アースラ(リリカルなのは)製作 (気泡修正)

Cimg8778
このキットは個人成形であちこちに気泡や欠けがあるので修正します。
このパーツは先端に気泡があります。(画像1)
気泡部分をナイフで切り落とし、ヤスリで断面を平らにします。(画像2)
成形した部分にレジン棒を接着します。
断面をヤスリを使って直角に成形してあるので、レジン棒の接着を強固に出来ます。(画像3)
この後、成形します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月21日 (金)

1/100 ネルフ司令官専用垂直離着陸機 製作(デカール到着)

Cimg8777
ネルフ司令官専用垂直離着陸機のデカール届きました。
自分が注文したのが火曜日でしたから、到着してすぐ発送して貰えたみたいですね。
コトブキヤのサポートは初めて利用したのですが、素早い対応がありがたいです。
アースラが完成したら製作を再開します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月20日 (木)

アースラ(リリカルなのは)製作 (仮組)

Cimg8768
アースラ、仮組終わりました。
結構独特な形状してます。
「リリカルなのは」は好きな作品なので、この船のことも知ってるのですがイマイチ形を把握してませんでした。
こうして立体を手にすると一発で形が分かって良いですね。
ここからもう一度バラして各パーツの仕上げに入ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月19日 (水)

アースラ(リリカルなのは)製作 (組立)

Cimg8766
このキットはパーツの接続部が四角いダボになってます。
四角いダボは接続位置が決まり易く良いのですが、キットは成形が悪く埋まってしまってる箇所が何カ所か有るので彫り直します。
修正が終わったら各パーツをアルミ線で繋ぎます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月17日 (月)

アースラ(リリカルなのは)製作

Cimg8761
次のお題は「魔法少女リリカルなのは」より「時空管理局艦船 アースラ」です。
MRDというディーラーの当日版権キットです。
依頼品なのでオーダーに従い製作します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月16日 (日)

1/100 ネルフ司令官専用垂直離着陸機 製作(製作中断)

Cimg8758
塗装が終わったらデカール貼りです。
キットには注意書等の細かいデカールがないのでHiQpartsやサテライトのコーションデカールを貼りました。(画像1)
デカールが乾燥したらエナメル塗料でウォッシングしたのですが、問題発生!
エンジン横に貼ってあるNERVの文字が見えなくなってしまいました。(画像2)
キットの指定を参考に調色したのですが、デカールを貼る場所のグレーが白すぎたみたいです。
文字を貼った直後もあまり目立たなかったので不安が有ったのですが、ウォッシングにより色が馴染んでしまいほとんど見えなくなってしまいました。
このカラーリングの売りはNERVの文字だと思うので、デカールを注文して張り直す事にしました。
デカールが届くまで時間が掛かるのでコイツは一時中断して次のネタを作ります。
次のヤツが完成したら再開するので、完成&ヤフオク出品は10月頭になると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月15日 (土)

1/100 ネルフ司令官専用垂直離着陸機 製作(マスキング)

Cimg8751
今回製作してる機体は3DCGならではの複雑な塗り分けです。
エンジン本体は3色のグレーが交差してます。
画像は2色のグレーを塗った後、マスキングした状態です。(画像1)
こういった交互にマスキングする場合、気を抜くとマスキングする面を間違えかねません。
マスキングテープをカットして不要部分を剥がしたつもりが逆だったときはガックリ来ます。
機体の赤いラインはデカールが付いてますが、今回は使わず塗装で再現しました。(画像2)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月14日 (金)

1/100 ネルフ司令官専用垂直離着陸機 製作(キャノピーマスキング)

Cimg8741
キャノピーの窓枠を塗り分けるため、窓部分をマスキングします。
キットにはキャノピーが透明とクリアオレンジの2つ付いてます。
有色クリアパーツの塗り分けは不可能で、かといってクリア成形のみだとエアブラシ環境にない人には厳しいので、こういった2色入り仕様はありがたいです。
今回はクリアオレンジ成形の物を使うのでクリア成形パーツはつかいません。
せっかくなのでマスキングテープの当たりに使いました。
まずはマスキングテープを貼って鉛筆で枠をなぞります。(画像1)
カッティングマットに張り、ナイフで切り出します。(画像2)
キャノピーに貼った状態です。
これを上下2パーツ行います。(画像3)
マスキングが終わったら塗装です。
下地には透け防止に黒サフを使います。
軽く吹いてはドライヤーで乾かしを繰り返します。
クリアパーツはマスキングテープの隙間から塗料が染みこむと修正がやっかいなので慎重に何度も吹きます。(画像4)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月11日 (火)

1/100 ネルフ司令官専用垂直離着陸機 製作(洗浄)

Cimg8724
加工が終わったら洗浄です。
ポリデントを入れたお湯にパーツを漬けます。
クリアパーツは傷が付かないように別の容器を使いました。(画像1)
塗り分けの参考にインストを実物大に拡大しました。(画像2)
運が悪く、家の複合プリンターが壊れてコピー出来なくなったのでコンビニ行ってきました。
コンビニで模型とコピーを照らし合わせる勇気はないので、大体の拡大率を計算したら5%刻みでコピー取ってきました。
無駄が出ましたが仕方ないです。
新しいプリンター早く欲しいなー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月10日 (月)

1/100 ネルフ司令官専用垂直離着陸機 製作(スタンド穴加工)

Cimg8723
キットのスタンドへの接続は脚カバーを外して本体に直接付ける様になってますが、そのままでは隙間が大きく見栄えが悪いです。(画像1)
そこで、閉状態のカバーに穴を開けました。(画像2)
カバーを貫通して接続する形になりました。
隙間や段差が無くなりスッキリしました。(画像3)
尾翼の姿勢制御ノズルに穴を開けました。(画像4)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 9日 (日)

1/100 ネルフ司令官専用垂直離着陸機 製作(リベット修正)

Cimg8702
キットには機体全体にリベットが打ってありますが、インジェクションキットの宿命として垂直面にはモールド出来ないので、それらのリベットを再現します。
斜めになっている部分のリベット幅が不揃いなので、合わせ目を処理と同時にリベットを埋めます。(画像1)
キットのリベット幅は1ミリと0.6ミリがありますので、0.6ミリ幅のマス目をラベルシールにプリントアウトします。(画像2)
ラベルシールを0.3ミリプラ板に貼り、切り出します。(画像3)
プラ板を本体に固定してニードルで当たりを付けた後、0.3ミリドリルでリベットを掘ります。(画像4)
エンジンノズル周辺のリベット幅は1ミリなのでHiQpartsのマス目ツールを使いました。(画像5)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 8日 (土)

1/100 ネルフ司令官専用垂直離着陸機 製作(インテーク開口)

Cimg8689
左右エンジンのインテークは塞がってるので実感がイマイチです。(画像1)
ドリルで穴を開けナイフで繋げます。(画像2)
ヤスリで仕上げます。
周りを傷つけないようにマスキングテープを貼っておきます。(画像3)
開口できました。
グッとリアルになりました。(画像4)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 7日 (金)

1/500宇宙戦艦ヤマト(DO楽DO)

Top_2
1/500宇宙戦艦ヤマト(DO楽DO) 画像公開しました。 こちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 6日 (木)

1/100 ネルフ司令官専用垂直離着陸機 製作(接着)

Cimg8686
ピンの調整が終わったら接着です。
接合ピンに通常の接着剤を塗ったら貼り合わせ、クランプしてから接合面に流し込み接着剤を流し込みます。
接着剤が乾燥したら合わせ目の処理をします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年9月 5日 (水)

1/100 ネルフ司令官専用垂直離着陸機 製作(仮組)

Cimg8683
仮組終わりました。
想像より薄い機体でした。
全体の出来は問題ないので、細部に手を入れて行きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 4日 (火)

1/100 ネルフ司令官専用垂直離着陸機 製作

Cimg8679
仮組前に恒例のはめ込みピンの調整です。
このキットのピンは太く、4ミリや5ミリの物が中心です。
ピンの調整はピンの受け部に0.1ミリ太いドリルで開けるのが良いので3ミリぐらいまでは0.1ミリ刻みで揃えてます。
さすがに4.1ミリなんて半端なドリルは持ってないので、4ミリの物を使ってグリグリ円を描くように拡張しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 3日 (月)

1/144 R-GRAY1(レイストーム)出品

Top
R-GRAY1 Yahoo!オークションに出品しました。
http://page13.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/r93637557
よろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 2日 (日)

1/144 R-GRAY1(レイストーム)製作(梱包箱製作)

Cimg8681
今回、R-GRAY1は友人の部屋で撮影して貰える事になりました。
自分の部屋は狭いのでお願いしたのですが、模型を持ち出すので運送用の梱包箱が必要です。
どのみち落札者に郵送するのに箱は必要なので作りました。
プラモを運ぶ場合出来るだけ分解するのが良いのですが、機体とエンジンの接続部を接着せざるを得なかったので、発泡スチロールで箱を製作しました。
ヤマトのような船でしたら船体は大きな塊なので厚めの発泡スチロールをくり抜いて箱を作るのですが、R-GRAY1は複雑な形をしてるので薄めの板を積層して箱を作りました。
これで、落札後に宅急便で送るときの破損の心配を軽減出来ます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 1日 (土)

1/100 ネルフ司令官専用垂直離着陸機 製作

Cimg8675
次のお題はコトブキヤの「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」より、1/100「要人輸送用ネルフ司令官専用垂直離着陸機」です。

TV版の時から好きなメカだったので、プラモ化は嬉しいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1/144 R-GRAY1(レイストーム)完成

Cimg8671
R-GRAY1 完成しました。
いやー、カッコイイ。
マスキングに苦労した甲斐がありました。

詳細な画像公開&Yahoo!オークションへの出品は月曜を予定してます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »