« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月

2012年11月30日 (金)

1/700 海上自衛隊輸送艦 さつま 製作(マスキング)

Cimg9244
甲板のマスキング終わりました。
覚悟はしてたけど大変でした。
ディティールが細かい上に入り組んでるので少しずつ貼っていくしかありません。
そんなときは細切りマスキングテープが重宝します。
今まではクレオスの1.0ミリ幅のマスキングテープで十分だったのですが、今回は入らない箇所が多くシモムラアレックの0.5ミリ幅マスキングテープが大活躍でした。
0.5ミリのマスキングテープは以前ロール状の物を使ったことがあるんですが、カットするのが結構手間でした。
その点、シート状になってる物は台紙ごと欲しい幅に切った物を何種類か用意しておけば良いので助かります。
テープを貼り終わったらマスキングゾルを塗ってテープの隙間を埋めます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月28日 (水)

1/700 海上自衛隊輸送艦 さつま 製作(塗装)

Cimg9241
サフ吹きによるチェックが終わったら塗装です。
まずは歩行帯にグレーを塗ります。
グレーはピットロード社の専用カラーを使いました。
塗料が乾いたらマスキングです。
細切りマスキングテープを駆使してチマチマとマスキングします。
手摺等エッチングパーツを曲げないように注意しながら丁寧にマスキングします。
この後、白→甲板色→船体色と塗っていきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月24日 (土)

1/700 海上自衛隊輸送艦 さつま 製作(各部加工)

Cimg9222
艦橋ウイングに手摺を追加しました。
旗箱を一度切り離し、手摺設置後に接着しました。(画像1)

甲板室上部に手摺を追加して、プラ棒で作った木材を載せました。(画像2)

プロペラガードはエッチングパーツを使いました。(画像3)

レーダー下のホーンは開口しました。(画像4)

各部加工が終わったので、塗装に入ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月20日 (火)

1/700 海上自衛隊輸送艦 さつま 製作(LCM加工)

Cimg9145
船体に搭載するLCM(機動揚陸艇)のマストは切り離して操舵室左舷側の壁に接着しました。(画像1)
LCMは4隅をワイヤーで固定されます。
これを再現するため、船尾角に真鍮線を埋め込みココに引っかける様にします。(画像2)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1/700 海上自衛隊輸送艦 さつま 製作(サフ吹き)

Cimg9144
一通りパーツを加工しましたらサフを吹いてキズチェックします。
エッチングパーツを使ってるので、プライマー入りのガイアサフを吹きます。
モールドを潰さないようにエアブラシで薄く吹き付けます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月12日 (月)

1/700 海上自衛隊輸送艦 さつま 製作(艦首見張台加工)

Cimg9065
艦首に見張台をエッチングパーツを使って設置しました。
艦首マストは0.3ミリピアノ線で作り直しました。
艦首に手摺を設置したのですが、ブルワークの部分が飛び出てるためエッチングパーツを切り貼りして設置しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月10日 (土)

1/700 海上自衛隊輸送艦 さつま 製作(ラッタル加工)

Cimg9056
船体側面につくラッタル部分は手摺が回り込むように設置するように指示されましたので、その様に設置します。(画像1)
ラッタルを固定しました。(画像2)
上から見るとこんな感じです。(画像3)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月 9日 (金)

1/700 海上自衛隊輸送艦 さつま 製作(救命艇ラック加工)

Cimg9020
救命艇ラックの取付部には不要な枠があるので、削り取ります。(画像1)
枠を削って、平らにします。(画像2)
消えたモールドを伸ばしプラ棒で再現します。(画像3)

救命艇ラックはエッチングパーツを使いますが、依頼で支柱を追加しました。(画像4)
支柱は手摺を加工した物です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月 5日 (月)

1/700 海上自衛隊輸送艦 さつま 製作(機銃加工)

Cimg8999
後部機銃は銃身を金属製に変えました。
ブルワーク内側に収まるように、キットより短めです。
ブルワークには旗竿を0.3ミリピアノ線で設置しました。
アンテナ・梯子も設置しました。(画像1)

艦首連装砲の銃身も金属製に変えました。
銃身の間にはスチールボールを接着してレドームを再現しました。(画像2)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月 4日 (日)

1/700 海上自衛隊輸送艦 さつま 製作(ブリッジ手摺加工)

Cimg8959
ブリッジに手摺を設置します。
エッチング手摺の接着方法は色々あるのですが、今回は0.3ミリの真鍮線を埋め込んで柱にする方法を選びました。
見た目はやや劣るのですが、強度が出せるので選択しました。

まずは角になる部分に真鍮線を埋めます。(画像1)
面ごとに長さや角度を合わせた手摺を接着していきます。(画像2)
飛び出した真鍮線をカットして完成です。(画像3・4)
ラッタルも設置しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月 2日 (金)

1/700 海上自衛隊輸送艦 さつま 製作(艦首ブルワーク加工)

Cimg8947_3
艦首ブルワークは船側と面一になるように修正指示を受けましたので加工します。(画像1)
キットのモールドを削り、平らにします。(画像2)
プラ板を曲げた物を船体に沿って接着します。
キットのブルワークは垂直に成ってましたが、資料写真を見ると上に向かって狭くなってる様なので両端は斜めにしました。(画像3)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月 1日 (木)

1/700 海上自衛隊輸送艦 さつま 製作(レーダー加工)

Cimg8934
艦橋上部のレーダーはエッチングパーツに置き換えました。
エッチングパーツ独特の折り紙工作は順番を考えないといけないので、頭を使いました。
完成するとプラパーツと比べると精密感が段違いです。
小さいレーダー基部マスト先端の円形部分(TACAN)は、撤去の指示を受けましたので切断しました。(画像1)

船尾機銃のブルワークは乗り込み用の梯子を付けるため、切り欠きを入れました。
それに伴い、全体を幅増ししました。(画像2)
この後、エッチングの梯子を取り付けます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »