« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月

2013年4月28日 (日)

1/1000 連合宇宙艦隊セット1 製作(フィン加工)

Img_0751
キリシマの船首フィンは黒い部分が別パーツになっており、接着必要なパーツです。
こういった小さいパーツは塗装後に接着すると汚してしまう危険性があるので、先に接着してマスキングで塗り分けます。

しかしこんな小さなパーツまで色分けする所にバンダイの意地を感じます。
ただスナップフィットでは無く、接着する方法を取っているおかげでフィンが厚く成ってないのは良かったです。
でもそれだったら黒い部分はフィンと一体化して、上下のフィンを別パーツにして側面のディティールをしっかり入れて貰った方が嬉しかったですね。
まあ、ここら辺は各プラモメーカーでどれを選択するか変わってきて面白いです。

黒い部分の先端は安全の為か尖って無いので、ヤスリをかけて尖らせました。
白い方が未加工、赤が加工済です。
ここは尖って無いとは言え、丸かったり太い訳でなく平べったくなってるので側面を削るだけで尖らせられるのはありがたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月27日 (土)

1/1000 連合宇宙艦隊セット1 製作(三段空母加工)

Img_0748
連合宇宙艦隊セットにはメカコレの三段空母がオマケに付いてます。
これも制作依頼を受けたので製作します。

船体の一部が成形不良を起こしていたので黒瞬着で埋めました。(画像1)
これが最新キットならメーカーに連絡して新しいパーツ送って貰うんですが、なんせ30年前のキットなので仕方ないところです。
どうせ全体の合いが悪く、あちこち埋めなきゃいけないんで、ついでに埋めます。
そういや出たばっかの頃、買ったら船体下部が成形不良起こしてた様な記憶が・・・。
当時パテで埋める技術は持ってなかったので、見て見ぬふりしたかもう一個(100円!)買ったか覚えてないです。
まあ、当時はパパっと組み立てて筆で最低限の塗装して完成!って感じでしたから、あまり気にしなかったと思います。
あの頃完成させたプラモは今とは比べものにならないレベルですが、楽しかったな~。

余計な話が長くなりました。
やっぱ古いキット作ると色々思い出しますね。

甲板のモールドが凸だったのでスジ彫りし直しました。(画像2)
他にもスジ彫りが途中で消えてる箇所があるので彫り直してます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月25日 (木)

1/72 VF-11B スーパーサンダーボルト 完成

Img_0736
VF-11B スーパーサンダーボルト 完成しました。
正式な画像は後日UPします。
ヤフオク!への出品は連休明けを予定してます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月24日 (水)

1/72 VF-11B スーパーサンダーボルト 製作(着陸脚加工)

Img_0722
着陸脚のシリンダー部分にはミラーフィニッシュを貼りました。(画像1)

コクピット塗り終わりました。(画像2)
ハセガワのコクピットは密度があって良いですね。
パイロットフィギュアも良い出来です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月23日 (火)

1/1000 連合宇宙艦隊セット1 製作(仮組)

Img_0721
連合宇宙艦隊セット、仮組終わりました。
シールに頼らない色分けはスゴイです。
折角なので分割を極力活かして製作したいと思います。
以前製作したファインモールドの「沖田艦」「古代艦」のイメージがあったので、「ゆきかぜ」の小ささにビックリします。
大きさから各艦の役割がハッキリ分かって良いですね。
こういうところは統一スケールならではの利点です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月20日 (土)

1/1000 連合宇宙艦隊セット1 製作

Img_0715
次のお題は、「宇宙戦艦ヤマト 2199」よりバンダイ製「1/1000 国連宇宙海軍 連合宇宙艦隊セット1」です。
製作依頼品なのでオーダーに従い製作します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月19日 (金)

1/72 VF-11B スーパーサンダーボルト 製作(デカール貼り)

Img_0711
VF-11、デカール貼り終わりました。
ハセガワのバルキリーは注意書の数がスゴイので毎回貼るのが大変なんですが、実機に即した注意書は説得力が有ります。
「注意書」とはどういう所に必要なのか勉強になります。
デカールが乾燥したら保護用のクリアを吹いて、ウォッシングです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月17日 (水)

1/72 VF-11B スーパーサンダーボルト 製作(キャノピーマスキング)

Img_0710
キャノピーのマスキングにはフランカー同様、HOBBY SUPPLY TSUKIMURAのマスキングシートを使いました。
運良く新製品としてリリースされたので飛びつきました。
おかげでマスキング作業がだいぶ楽になりました。
こんな便利だとアレやコレや欲しくなりますね。
リクエストも受け付けてるので、今度頼んでみようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月15日 (月)

1/72 VF-11B スーパーサンダーボルト 製作(塗装)

Img_0707
カナード等に使われてるオレンジはデカールが用意されてますが、塗装で再現しました。
黒いラインも極力デカールを使わず、塗装しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月13日 (土)

1/72 VF-11B スーパーサンダーボルト 製作(各部加工)

Img_0687
機首下面にスジ彫り追加しました。(画像1)
スーパーパック側面にスジ彫り追加しました。(画像2)
頭部機銃をドリルで開口しました。(画像3)

パーツ加工が終わったら洗浄します。(画像4)
パーツが乾いたら薄くサフ吹きしてキズをチェックします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月12日 (金)

1/72 VF-11B スーパーサンダーボルト 製作(翼端灯加工)

Img_0684
翼端灯はキットでは一体で成形されていて、切り取った後クリアパーツを接着するように指示されてます。(画像1)

クリアパーツを接着後ヤスリで平滑にしました。(画像2)

主翼付け根のライトもクリアパーツを接着後、成形しました。(画像3)

クリアパーツ部分はマスキングしてサフ吹き→塗装します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月11日 (木)

1/72 VF-11B スーパーサンダーボルト 製作(スーパーパック加工)

Img_0683_2
スーパーパック上部のノズルは穴が浅いので深くします。(画像1)

裏側に2ミリプラ板を貼りました。(画像2)

表から開口します。(画像3)

この後、プラ板で底を塞ぎます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月10日 (水)

1/72 VF-11B スーパーサンダーボルト 製作(足首加工)

Img_0682
足首ノズルとフレームの間を黒瞬着で埋めて強度を上げました。(画像1)

足首には塗り分けがあるので赤いラインでスジ彫りをして、塗り分け易くすると共に別パーツ感を上げました。(画像2)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月 9日 (火)

1/72 VF-11B スーパーサンダーボルト 製作(機首加工)

Img_0681
機首カナード基部にスジ彫りを追加します。
パーツの重なりを考えて矢印方向からスジ彫りします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月 7日 (日)

1/72 VF-11B スーパーサンダーボルト 製作(接着)

Img_0658_2
主翼の貼り合わせ面には突き出しピンの跡があるので平らに処理します。
WAVEのヤスリスティックを小さく切ってヤスリます。(画像1)

主翼裏表を貼り合わせたらクランプして流し込み接着剤を流し込みます。(画像2)

接着剤が乾いたら合わせ目を処理します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月 6日 (土)

1/72 コスモゼロ[古代機]出品

Yh01
1/72 コスモゼロ α1 古代機 ヤフオク!に出品しました。
http://page4.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/d140197606

よろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月 4日 (木)

1/72 コスモゼロ[古代機]製作(デカール貼り)

Img_0519
キット付属の古代フィギュアを塗りました。(画像1)
資料を見ながらチマチマ塗ってます。
バンダイのミニフィギュアはモールドがハッキリしてて良いですね。
立像の方は足下にプラ板を貼り、立ち易くします。

デカール貼り終わりました。(画像2)
乾燥したら各部を接着して半ツヤクリアを吹いたら完成です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1/72 VF-11B スーパーサンダーボルト 製作

Img_0513
次のお題は「1/72 VF-11B スーパー サンダーボルト“マクロスプラス”」です。

この作品はヤフオク!に出品予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月 2日 (火)

1/72 コスモゼロ[古代機]製作(塗装)

Img_0505
機首の赤とミサイル先端の赤は変えた方が追加武器っぽくなると思ったので、変えました。
ミサイルの赤はガイアカラーのブライトレッド+スカーレット少々+白極少々で、機首の赤はそれにスカーレットと白を足した物です。(画像1)
画像だと余り差が分からないですね・・・。

機体と高機動ユニット先端の黄色は山本機のそれが両方白色の事からパーソナルカラーと判断したので、同じ色にしました。
ガイアカラーの橙黄色に白を少々混ぜました。(画像2)

機体はガイアのEXシルバーを塗ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1/72 コスモゼロ[古代機]製作(キャノピー塗装)

Img_0498
キャノピーは無色透明なのでクリアグリーンを塗ります。
ゲート処理をしたら内側をマスキングします。
前後のパーツを合わせて色の差が出ないようにします。(画像1)

キャノピーは裏側から塗ると表面をキレイにし易いのですが、角度によってはプラの厚みが見えてしまうので表から塗ります。
クリアグリーンそのままでは濃いのでクリアを足して色を薄く仕上げました。(画像2)

キャノピー枠を塗り分けるためマスキングします。(画像3)
透け防止に黒サフを吹いてから機体色の銀を塗ります。
失敗は許されないので、薄く何回にも分けて塗りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月 1日 (月)

1/72 コスモゼロ[古代機]製作(機首スジ彫り)

Img_0497
機首のスジ彫りがなぜか途中で止まってます。(画像1)
設定通りなのかもしれませんが、なんかモヤモヤします。
スジ彫りを彫り直しました。(画像2)
これでスッキリしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »