« ブラックサレナ 制作(アーム加工) | トップページ | ブラックサレナ 制作(関節加工) »

2013年11月16日 (土)

ブラックサレナ 制作(すね加工)

Img_1846

エステバリスのすね部分はフレームを挟み込むため、塗装後に組み立てられる様に加工しました。(画像1)
すねパーツを接着した後、切断しますが今回はシモムラアレック製「ハイパーカットソー」を購入したので使ってみました。
噂通りの切れ味で切り口の綺麗さに感動します。
ハメ合わせ用のダボのある部分まで簡単に切断できました。
今まで使っていたエッチィングソーは持ち辛かったので、のこぎりの形をしてるのも有りがたいです。
切り離してない反対側にはスジボリをしてパーツ構成をハッキリさせました。
このスジボリに使ってるラインチゼルも便利です。
近年便利な道具がどんどん出て有りがたいんですが、その分どれもお値段は結構しますね。
まあ、そこは「仕事のため」を免罪符に買ってしまいます。
 
ハンドキャノンは合わせ目に1.5ミリプラ板を貼って厚みを増した後、左右に1.5ミリプラ板を貼って幅増ししました。(画像2)

|

« ブラックサレナ 制作(アーム加工) | トップページ | ブラックサレナ 制作(関節加工) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170264/58582536

この記事へのトラックバック一覧です: ブラックサレナ 制作(すね加工):

« ブラックサレナ 制作(アーム加工) | トップページ | ブラックサレナ 制作(関節加工) »