« 1/72 VF-19スーパーパック仕様 制作(足首ノズル加工) | トップページ | 1/72 VF-19スーパーパック仕様 制作(飛行状態への加工) »

2014年2月19日 (水)

1/72 VF-19スーパーパック仕様 制作(ガンポッド加工)

2114

今回のVF-19は飛行状態にしてバンダイのアクションベースでディスプレイ出来る様にします。
まずはガンポッドにポリキャップを埋め、アクションベースの軸受けとします。(画像1)
 
ガンポットで機体を支えることになるので、腕との接続を3ミリ真鍮線に変えました。
キットの状態よりゴツくなりますが、強度重視です。
腕の部分は接着箇所に軸受けが来るので、プラパイプを埋めました。
グリップにも真鍮線を埋め込み、ガンポッドの回転防止にしました。(画像2)

|

« 1/72 VF-19スーパーパック仕様 制作(足首ノズル加工) | トップページ | 1/72 VF-19スーパーパック仕様 制作(飛行状態への加工) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170264/59161564

この記事へのトラックバック一覧です: 1/72 VF-19スーパーパック仕様 制作(ガンポッド加工):

« 1/72 VF-19スーパーパック仕様 制作(足首ノズル加工) | トップページ | 1/72 VF-19スーパーパック仕様 制作(飛行状態への加工) »