« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年10月

2014年10月29日 (水)

1/60 VF-19 イサムスペシャル 制作(デカール貼り)

2244

デカールを貼る面は脱脂する必要が有ります。
中性洗剤で洗うのがベストで、洗える物は洗います。
ただ、組み上がったパーツは内側に水が入ると面倒なのと金属パーツのサビも恐いです。
そこでデカールを貼る面はアルコールを含んだウエットティッシュで拭きました。
その後、キムワイプで水気を取って準備完了です。(画像1)
 
コクピット周りにSMSマーク等を貼りました。
マークソフターやセッターを使って密着させます。
キットに付属の注意書きもデカールに置き換えてますが、MDプリンターでは綺麗に出ない物や強度の欲しい物はシールを使ってます。
シールも余白をギリギリまで切って余白が目立たないようにしてます。(画像2)
 
デカールが乾燥したら変形用にデカールを分割しました。
分割した面には改めてマークセッターを塗って接着力を上げてます。(画像3)
 
デカールはシールに比べ強度がないので保護用にクリアを吹きます。
通常プラモ製作だと全部デカールを貼って一気にクリアを吹くのですが、今回は完成トイを大まかにバラしただけなので 部分的にデカール貼り→クリア吹き→乾燥→別の場所にデカール貼り→ を繰り返します。
手間は掛かりますが無理にバラして壊すより安全です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月26日 (日)

1/60 VF-19 イサムスペシャル 制作(デカール制作)

2241

イサムスペシャル用のデカールを制作します。
スーパーパックに貼るデカールはバンダイ1/72の物を元に拡大しました。
YF-19本体に貼る注意書きはキット付属の物をデータ化してデカールに置き換えます。
共にデータは友人に制作して貰いました。(感謝)
 
デカールはMD-5500で刷るのですが、普段使ってるパソコンはWin7 64bitで動かせません。
仮想XPで動かせるらしいのですが、私はあまりパソコンに詳しくないので不安です。
しかたないので友人が使わなくなったXPパソコンをMDプリンター用に保有してます。
それを押し入れから引っ張り出しました。(画像1)
 
久々のデカール刷りなので緊張しましたが、無事刷り終わりました。(画像2)
スペアにも含め2枚刷りました。
これで貼り損ねても安心です。
ここら辺の利便性は自作ならではですね。
 
しかし、デカールを刷るためだけに予備のパソコンをセットするのは面倒です。
Win7以降のプリンタドライバーが欲しいですが、生産が終了した機械じゃ望みは薄いですね。
MDプリンターの後継機、どっかで出さなかな~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月18日 (土)

1/60 VF-19 イサムスペシャル 制作(マーク加工)

2227

YF-19は統合軍マークが貼ってありますが、これをSMSマークに変更します。(画像1)
 
機首横のマークをヤスリ掛けして削り落とします。
削り落としたらMrカラー薄め液で拭き取ります。
機首のライトは傷つけないようにマスキングしました。(画像2)
 
主翼のマークも削り落とします。(画像3)
 
2233
 
主翼裏の版権承諾や生産国の印刷文字も削り落としました。(画像4)
 
削り落とした黒を塗装するためマスキングします。(画像5)
プライマー効果が欲しいので黒サフを塗りました。
余分な部分に付かないよう吹きつけ圧力を下げ、細吹きします。
 
塗料が乾いたらマスキングテープを剥がします。(画像6)
 
この後、自作のSMSマークを貼ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月16日 (木)

1/60 VF-19 イサムスペシャル 制作(サフ吹き)

2226

スーパーパックの合わせ目処理が終わったら二度目の洗浄をします。
乾燥したら下地にガイアのマルチプライマーを吹き、さらにガイアサフを薄く塗って表面のチェックをします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月13日 (月)

1/60 VF-19 イサムスペシャル 制作(ノズル加工)

2212

スーパーパックのノズルはボールジョイント部がレジン製のため動かしていると緩くなってしまいます。(画像1)
そこで、ボールジョイントをポリ製に交換します。
 
ボールジョイントを切り落としたらノズル基部のパーツに接着します。
ボールジョイントを切り落とした後には当たりとして穴を開けておきます。(画像2)
 
ノズル基部のパーツを挟み込んでスーパーパックの左右を接着します。
隙間が出来ないようにしっかりクランプします。(画像3)
 
接着したらノズル基部にボールジョイントに軸が入る穴を開けます。(画像4)
 
ノズルに市販のボールジョイントを差し込みます。(画像5)
 
軸の長さを調整してノズルを固定します。(画像6)
これで可動が確実になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月11日 (土)

1/60 VF-19 イサムスペシャル 制作(各部整形)

2207

スーパーパックのパーツはレジン整形で気泡もなく綺麗なのですが、レジンパーツである以上整形は必要です。
 
パーツはランナーも付いておらず、一見そのまま組めそうですが、パーツ接合面に小さなダボがありました。
気泡抜きのためでしょうか?
なんにせよそのままでは隙間が出来るので綺麗に均します。
また、ピンの受け口も綺麗に空いてない箇所もありますので、一通りドリルで開口し直しました。
 
しかし、レジン製でもインジェクションみたいなパーツ構成してますね。
整形技術の進歩に感心します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月 9日 (木)

1/60 VF-19 イサムスペシャル 制作(洗浄)

2206

YF-19に取り付けるT-REX製スーパーパックは無塗装でも装着できるようにカラーキャストで整形されてます。
今回は合わせ目の処理と全塗装を依頼されたので、離型剤を落とすため洗浄します。
ポリデントを溶かしたお湯につけ置きした後、クレンザー+中性洗剤で洗います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月 6日 (月)

1/60 VF-19 イサムスペシャル 制作

2204

YF-19本体ですがウェザリングをオーダーされてます。
 
状態を確認するため変形させてみました。
私は普段、可変トイに触れる機会があまりないので、変形の複雑さと完成度の高さにビックリしました。
各部が形態の変化だけでなくプロポーションを良くするために動くのに感心しました。
今のオモチャ(と言って良いのか?)ってスゴイですね。
 
複雑さと繊細さで一回変形させただけでヘトヘトです。
画像の状態は腹の収まりが悪いですが、テストなのでココで止めときます。
てか、雑に扱うと壊しそうで恐いです。
 
作業に当たり外せる部分は外しますが、あまり外せそうも無く作業は手間取りそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月 2日 (木)

1/1000 ガミラス艦セット1 制作(塗装4)

2129

組み立てが終わったら、全体をウォッシングしてノズル等にタミヤのウェザリングマスターですす汚れを施します。
汚し処理が終わったら、仕上げにクリアでコートします。
通常はつや消しクリアを塗るのですが、今回は「CGっぽく」と指示されたので、半ツヤクリアを塗りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »