« 1/60 VF-19 イサムスペシャル 制作(デカール貼り) | トップページ | 1/60 VF-19 イサムスペシャル 制作(スーパーパック塗装) »

2014年11月 1日 (土)

1/60 VF-19 イサムスペシャル 制作(ジョイント加工)

2245

肩部ミサイルポッドを機体に固定するジョイントは一部が収縮で緩くなっていたので両側にプラ板を貼って密着する様にしました。(画像1)
 
ジョイントが完成しました。(画像2)
接続する真鍮線は自分で用意しなければならない辺り、ガレージキットですね。
(さすがに小型ネジは付いてました)
本体に固定する軸ですが少々短いので真鍮線を通したプラ棒で継ぎ足しました。
その機体の穴ですが、ノーマル状態では蓋がされており、ミサイルポッドを付けるときは蓋を取ります。
でも、ココの穴はノーマルはもちろんファストパック装着時は使うことがないので「サヨナラノツバサ」版用なんですかね?
このガレキを買う人は全体から見れば少ないでしょうけど、そこまで考えて設計するってなんかスゴイですね。
もしくはこのガレージキットは没商品案の流用ですかね?
 
スーパーパックをバトロイド時に固定するためのジョイントは緩くて外れてしまうので、プラ板で段差を作ってしっかり嵌るようにしました。(画像3)

|

« 1/60 VF-19 イサムスペシャル 制作(デカール貼り) | トップページ | 1/60 VF-19 イサムスペシャル 制作(スーパーパック塗装) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170264/60577316

この記事へのトラックバック一覧です: 1/60 VF-19 イサムスペシャル 制作(ジョイント加工):

« 1/60 VF-19 イサムスペシャル 制作(デカール貼り) | トップページ | 1/60 VF-19 イサムスペシャル 制作(スーパーパック塗装) »