« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015年1月

2015年1月31日 (土)

1/1000 ナスカ級打撃型航宙母艦 キスカ 製作(ウオッシング)

2489

仕上げのウオッシングです。
エナメル塗料をベターっと塗り、キムワイプでサッと拭きます。
前から後に汚れの方向を考えて拭き取ります。
良い感じになるまで拭き取りと塗りを繰り返します。
 
終わったらツヤ消しクリアを吹き付け完成です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月30日 (金)

1/1000 ナスカ級打撃型航宙母艦 キスカ 製作(デカール貼り)

2467
目玉のインナーパーツは光を反射するようにします。
まずは下地として黒く塗ります。
その上からクレオスのメッキシルバーを塗ります。(画像1)
 
甲板にデカールを貼ります。(画像2)
甲板にはディティールが有るのでデカールを馴染ませます。
マークソフターやマークセッター、時には熱湯を染みこませた綿棒を使って密着させます。
密着仕切れないところはナイフを入れ、隙間をリタッチしました。
 
デカールが乾いたら保護用のクリアを吹いてウオッシングです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月28日 (水)

1/1000 ナスカ級打撃型航宙母艦 キスカ 製作(塗装2)

2466_2

マスキングテープを剥がした状態です。(画像1)
この上から機体色を上塗りして全体を馴染ませます。
 
パネルラインの馴染ませが終わったら機体色+白をハイライトとして吹きます。(画像2)
明るい部分に吹くわけですから、なるべく組み立てて吹き付けます。
こうすることで自然に奥まった所に暗い色が残ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月27日 (火)

1/1000 ナスカ級打撃型航宙母艦 キスカ 製作(デスバテーター製作)

2463

キット付属のメカコレ デスバテーターを製作します。
尾翼のパーツは切り離して塗装後に組み立てられる様にしました。
2464
機体各部のアンテナには破損防止の板が付いてるので削り取ります。(画像左)
全部のアンテナ6カ所を加工します。
 
機体各部のスラスターや機銃はドリルで開口しました。(画像右)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月25日 (日)

1/1000 ナスカ級打撃型航宙母艦 キスカ 製作(塗装)

2457

塗装でパネルラインを再現するため、艦底色+黒を塗ります。(画像1)
これがパネルラインの一色目になります。
 
マスキングテープの細切りを貼ります。(画像2)
 
この上からベースグレーを塗ります。
これがパネルライン二色目になり、MAX塗りの下地も兼ねます。
2462
ベースグレーを塗ったらまたマスキングします。(画像3)
 
その上から船体色をMAX塗りします。(画像4)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月21日 (水)

1/1000 ナスカ級打撃型航宙母艦 キスカ 製作(アンテナ追加2)

2450

パーツC3・C4にアンテナを追加しました。(画像1)
0.3ミリ真鍮線を使ってます。
 
パーツA9・A11にもアンテナを追加しました。(画像2)
こちらは0.3ミリ ピアノ線を使ってます。
ココは外側に配置されるため強度としなりのあるピアノ線を使いました。
ピアノ線は真鍮線に比べ堅いのですが、その分加工しにくいので場所により使い分けてます。
2455
すべての加工が終わりましたので、もう一度仮組みします。
前回の仮組と違い、細かいパーツもすべて取り付けて最終チェックをします。
 
問題なかったので、塗装に入ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月20日 (火)

1/1000 ナスカ級打撃型航宙母艦 キスカ 製作(アンテナ追加)

2441

艦橋に金属線でアンテナを追加しました。
0.3ミリと0.5ミリの真鍮線とピアノ線を使いました。
 
これで密度とスケール感をUPします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月19日 (月)

ブラスターブレード 完成

Top

「ブラスターブレード」完成写真UPしました。
画像はコチラ
 
■依頼内容■
●全身塗装●ボディ色 MAX塗り●ツヤ有り仕上げ
●ボルテッカ展開用パーツ追加

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月18日 (日)

1/1000 ナスカ級打撃型航宙母艦 キスカ 製作(パーツ加工4)

2433

艦首上面のバルジは周りをスジ彫りして別パーツっぽくします。(画像1)
 
船首下面のスラスターを開口しました。(画像2)
ここは窪みも浅かったので深く掘り直してあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月16日 (金)

1/1000 ナスカ級打撃型航宙母艦 キスカ 製作(パーツ加工3)

2432

船体左右のインテイクは塗装後に組み立てられる様に後ハメ加工をしました。(画像1)
すぼんだ形状なのでかなり削ってなんとか納めました。
 
パーツB1にスジ彫り(赤い線)をしてノズル部を別パーツっぽくしました。(画像2)
 
船体左右のパーツは合わせ目があるので接着・整形しました。(画像3)
甲板は後ハメするとプラ板で追加した滑走路左右のモールドを傷つけてしまう恐れがあるので接着してしまい、マスキングで塗り分けます。
甲板前半は塗装後に嵌めます。
船体左右のバルジはスジ彫りしました。(赤い線)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月15日 (木)

1/1000 ナスカ級打撃型航宙母艦 キスカ 製作(パーツ加工2)

2427

パーツC5を開口しました。(画像1)
 
パーツA16のスラスターを開口しました。(画像2)
噴射方向を考えて開口します。
 
パーツB3・B4のスラスターを開口しました。(画像3)
 
各部スラスターを開口することでスケール感をUPしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月14日 (水)

1/1000 ナスカ級打撃型航宙母艦 キスカ 製作(パーツ加工)

2415

パーツC7+C8の内側のモールドを開口しました。(画像1) 
外側のスラスターも開口しました。(画像2)
2420
パーツE8&E9内側のモールドは整形の都合でパーティングラインが有ります。
そこでモールドを削り落とし、プラ板で再生しました。(画像3)
少々手間ですが、この方がパーティングラインを綺麗に処理できます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月11日 (日)

ブラスターブレード 製作(パーツ加工3)

2400

キットは肩部分がスライドしてボルテッカが再現できるようになってますが、差し替え無しで変形出来るようになってるためスライド幅が小さく位置も安定しません。
そこで延長パーツを自作してボルテッカ時は差し替えるようにしました。
これでレンズ部分が完全に露出して、且つ肩が落ちることもありません。(画像1)
 
股関節には3ミリの穴を開け市販のスタンドを差し込めるようにしました。(画像2)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月10日 (土)

1/1000 ナスカ級打撃型航宙母艦 キスカ 製作(仮組)

2397

ナスカ、仮組出来ました。
 
さすがバンダイ、ストレス無く組めます。
複雑な船体をキッチリ再現してます。
特に段になった部分が別パーツなので立体感がスゴイです。
 
これからバラしつつ、接着するところはしていきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月 9日 (金)

1/1000 ナスカ級打撃型航宙母艦 キスカ 製作(組立)

2396

このキットはスナップフィットの為、ハメ合わせを緩くする必要があります。
ピンより0.1ミリ太いドリルを使って受け穴を緩くします。
四角いハメ合わせはヤスリを掛け薄くしたり短くしたりします。
 
ハメ合わせを緩くする事により接着が強固になるのと仕上げのウォッシングでプラが割れるのを防ぎます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月 8日 (木)

ブラスターブレード 製作(塗装3)

2393

レンズや目のパーツはクリアグリーンで整形されてるのですが、色が薄いのでクレオスのGXクリアグリーンを上塗りしました。
パーツ裏側に銀色を塗って光が反射するようにしました。(画像1)
 
各パーツを接着したらクリアを吹き付けます。(画像2)
 
充分乾燥させて組み立てたら完成です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月 7日 (水)

1/1000 ナスカ級打撃型航宙母艦 キスカ 製作

2388

つぎのお題は「1/1000 帝星ガトランティス ナスカ級打撃型航宙母艦 キスカ」です。
 
この作品はヤフオクに出品予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月 6日 (火)

ブラスターブレード 製作(塗装2)

2391

ボディの白はMAX塗りを指定されたのでベースグレーの上から白を塗りました。
他の部分はベタ塗りです。
 
塗装が乾いたら組み立てです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月 3日 (土)

ブラスターブレード 製作(塗装)

2386

関節部のグレーを塗りました。
グレー部分はツヤ消しにしてツヤ有り仕上げのボディとのメリハリを付けます。
 
球体ジョイントは動かすと塗装が剥がれる危険性があるので無塗装ですが、ツヤ消しは吹いてグレー部分と質感を揃えました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月 1日 (木)

謹賀新年

2015web

あけましておめでとうございます。
今年もG-CUBEをよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »