« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

2016年1月

2016年1月30日 (土)

1/144 ミレニアム・ファルコン 製作(電飾)

3625

電飾にはマイクラフトのコネクタ付LEDを使いました。(画像1)
コネクタを電池に繋ぐだけで発光するのでお手軽&確実に電飾出来ます。
 
エンジン部の遮光用枠を作ります。
クリアパーツの曲面に合わせた型紙をパソコンで作図します。(画像2)
 
LED固定用の台座と枠をプラ板から切り出しました。
遮光用枠の縁は薄く削ってます。
遮光し易いようにグレープラ板を使いました。(画像3)
 
黒く塗ったらクレオスのメッキシルバーを塗って反射するようにします。(画像4)
3637
チップLEDを台座に接着します。
チップLEDは配線済みなので配線を巻き付けて長さを調整します。(画像5)
 
台座を組み込み、遮光用枠の上下を接着します。
点灯テストをしました。(画像6)
 
エンジンのクリアパーツ内側にペーパーを掛け表面を荒らします。
これにより光源が目立たなくなります。(画像7)
 
機体に組み込んで点灯させてみました。
均一に光って良い感じです。(画像8)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月29日 (金)

1/144 ミレニアム・ファルコン 製作(仮組)

3622

ミレニアム・ファルコン仮組しました。
この複雑な機体を接着剤無しで組み立てられるバンダイの技術には感心します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月27日 (水)

1/144 ミレニアム・ファルコン 製作(サフ吹き)

3612

パーツをランナーから切り離した後、ゲート跡やパーティングラインが見つけ易いようにランナー状態で全体にサフを吹きます。
今回は電飾をするので透け防止も兼ねて黒サフを吹きました。
サフはモールドを潰さないようにエアブラシで軽く吹きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月26日 (火)

1/72 ポー専用 Xウイング ブラックワン 出品

Top1000

「1/72 ポー専用 Xウイング 塗装済完成品 ブラックワン」ヤフオク!に出品しました。
よろしくお願いします。
 
TINAMIに画像をUPしました。
画像はコチラ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月23日 (土)

1/144 ミレニアム・ファルコン 製作

3611

次のお題はバンダイ製「1/144 ミレニアム・ファルコン(フォースの覚醒)」です。
 
この作品はヤフオク!に出品予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1/72 Xウイング・レジスタンス仕様 製作(ベース製作)

3609

キットのベースは小さいのでタミヤのディスプレイベース・スモールを使って作り直します。
プラ板で枠と砂紋の元を作ります。(画像1)
 
プラ板をデコボコに削ってメリハリを付けます。(画像2)
削り終わったら縁を黒く塗りマスキングします。
 
砂紋の部分にタミヤのテクスチャーペイントを塗ります。
斜めにした状態で盛り付けそのまま乾燥させます。(画像3)
乾燥したら逆側にも塗ります。
3610
砂紋の両側にテクスチャーペイントを塗ったら全体に筆塗りします。(画像4)
 
テクスチャーペイントが乾燥したらリューターで変な部分を削ったり砂紋の頂点のエッジを立てます。(画像5)
この後、テクスチャーペイントを上塗り→削って修正を繰り返します。
 
Xウイングを支えるアームはキットの物を使います。
左右の肉抜きはプラ板で埋めました。(画像6)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月22日 (金)

1/72 Xウイング・レジスタンス仕様 製作(フィギュア塗装)

3608

キット付属のBB8のアンテナは0.3ミリ真鍮線で作り直しました。(画像1)
 
BB8を塗装しました。(画像2)
オレンジ部分はデカールを使ってます。
 
パイロットフィギュアも塗装しました。(画像3)
塗装→ウォッシング→ツヤ消しクリア→ゴーグルにクリアオレンジの順で塗りました。
キットのヘルメット用デカールは一般兵なので筆でポー・ダメロン用に塗り分けました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月21日 (木)

1/72 Xウイング・レジスタンス仕様 製作(ウェザリング)

3607

全ての塗装が終わったら全体を薄めたエナメル塗料でウォッシングします。
 
ウォッシングが終わったらエナメルでチッピングやタミヤのウェザリングマスターでスス汚れ等再現します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月18日 (月)

1/72 Xウイング・レジスタンス仕様 製作(塗装3)

3593

エンジン内側等グレーの部分を塗ったらマスキングします。(画像1)
 
マスキングが済んだら全体を黒く塗ります。(画像2)
黒はMAX塗りの時に使う黒に限りなく近いグレーです。
 
着陸脚の内側は黒を塗ってからマスキングして内側のグレーを塗ります。(画像3)
二度手間ですが、この方がマスキングし易いのでこうしてます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月14日 (木)

1/72 Xウイング・レジスタンス仕様 製作(塗装2)

3589

レーザーのエフェクトパーツはビームと銃身が一体になってるのでマスキングして銃身部のみ塗装します。(画像1)
 
キャノピーのマスキングにはHOBBY SUPPLY TSUKIMURA のマスキングシートを使ってます。(画像2)
 
マスキングが済んだら透け防止に黒を塗ります。(画像3)
 
この後、銀を塗ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月12日 (火)

1/72 Xウイング・レジスタンス仕様 製作(塗装)

3579

翼端レーザー砲の先端をドリルで開口しました。(画像1)
 
各パーツの加工が終わったら塗装です。
まずはオレンジから塗ります。
下地にピンクサフを吹きました。(画像2)
青成型のパーツは特にしっかり隠蔽しておきます。
 
オレンジを塗りました。(画像2)
エンジン内側にもラインが有るので塗り忘れないように注意します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月10日 (日)

1/72 Xウイング・レジスタンス仕様 製作(ダメージ表現)

3578

Xウイングの機体表面にダメージ表現をします。
 
リューターを使ってエッジを主に削ります。
ビットは何種類か使って変化を出しますが、スケールが1/72なので小さいビットを使ってやり過ぎ無い様に注意します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月 8日 (金)

1/72 Xウイング・レジスタンス仕様 製作(パーツ加工)

3572

全部のパーツの切り出しとゲート処理を済ましたらサフを軽く吹きます。
 
サフを表面に軽く吹く事でゲートやパーティングラインの処理忘れが無いかチェックします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月 6日 (水)

1/72 Xウイング・レジスタンス仕様 製作(仮組)

3527

Xウイング仮組しました。
さすがバンダイ、ストレス無く組めます。
各部も細かく良い感じです。
 
発売も公開前でした。
こんな完璧なモデルが映画見た後、スグ手に入るなんて良い時代です。
 
キットは一般機ですが、今回はポー・ダメロン専用機で製作します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月 5日 (火)

1/72 Xウイング・レジスタンス仕様 製作

3526

次のお題はバンダイ製「1/72 Xウイング・ファイター(レジスタンス仕様)」です。
 
この作品はヤフオク!に出品予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1/400 ギャロップ 製作(ウェザリング)

3525

ウオッシングが終わったらタミヤのウェザリングマスターを使って、パネルラインの再現や銃口のスス汚れを追加します。(画像1)
 
キットの前面ハッチは開状態と閉状態の選択式ですが裏側にスチール板を張り、ボディにネオジム磁石を埋め込むことで換装できる様にしました。(画像2)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月 3日 (日)

1/400 ギャロップ 製作(塗装4)

3524

機体色をMAX塗りしたらマスキングテープを剥がします。
 
ここから全身をエナメルのダークブラウンでウオッシングします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月 1日 (金)

1/400 ギャロップ 製作(塗装3)

あけましておめでとうございます。
今年もG-CUBEをよろしくお願いします。
 
3520
パネル色の塗装が終わったらマスキングテープを貼ります。(画像1)
パネル用のマスキングテープは幅と長さを何種類か用意しておき様子を見ながら貼っていきます。
 
マスキングが終わったらMAX塗り下地のベースグレーを全体に塗ります。(画像2)
 
下地が乾いたら機体色をMAX塗りします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »