« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2016年2月

2016年2月28日 (日)

グランビートル&カイゼルビートル 完成

Ti01

「グランビートル&カイゼルビートル」完成写真UPしました。
画像はコチラ
 
■依頼内容■
●関節に市販ジョイントを使用してフル稼働●目にミライトを仕込んで電飾●ツヤ有り仕上げ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月27日 (土)

1/35 IV号戦車D型改&あんこうチーム 製作

3809
あんこうチームのフィギュアはレジン製なので離型剤を落とすためポリデントを溶かしたお湯に漬け込みます。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月25日 (木)

1/35 IV号戦車D型改&あんこうチーム 製作

3808
次のお題はプラッツ製プラモデル「1/35 IV号戦車D型改(H型仕様)劇場版 」と同じくプラッツ製ガレージキット「1/35 あんこうチームパンツァージャケットver.」と「1/35 あんこうチームフィギュアセット お掃除バージョンです!」をセットで製作します。

 
依頼品なのでオーダーに従い製作します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1/144 ミレニアム・ファルコン 出品

Top

「1/144 ミレニアム・ファルコン LED電飾 塗装済完成品 ジオラマ」ヤフオク!に出品しました。
よろしくお願いします。
 
TINAMIに画像をUPしました。
画像はコチラ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1/144 ミレニアム・ファルコン 製作(電飾4)

3755

フロントライト用のLEDをセットします。
3ミリLEDにピッタリはまる真鍮パイプを用意します。(画像1)
LDEに真鍮パイプを被せたら熱収縮チューブで遮光します。(画像2)
3761
熱収縮チューブに穴を開け、光ファイバーを差し込んだら本体にホットボンドで固定します。 
3779
キット純正の電飾ユニット用の蓋裏にスイッチを接着します。
その先には電池ボックスがあり電池交換時は電池ボックスを本体から引きずり出します。
電池ボックスのコネクターは外せるようにしてますので電池交換も楽に出来ます。
他の部分のコネクターは外れないようにテープを巻いてあります。
3783
スイッチはこんな感じでセットしてます。
蓋を少し開ければON・OFFが出来ます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月24日 (水)

1/144 ミレニアム・ファルコン 製作(ベース製作5)

3764

AT-ATの足を設置したらベースの仕上げです。
3776
表面がテクスチャーペイントのままだと単調なので白を混ぜた茶を砂紋のエッジを中心にランダムに吹き付けました。
それが乾いたら縁のマスキングテープを剥がし、ネームプレートを貼ります。
その後、全体にツヤ消しクリアを吹いて完成です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1/144 ミレニアム・ファルコン 製作(フィギュア塗装)

3743

付属のフィギュアを塗装しました。
今回は惑星ジャクーのシーンの再現なのでレイとフィルのみ塗りました。
3749
フィギュアをコクピットに乗せたらコクピットを組み立てます。
合わせ目に隙間が出来ると光漏れするのでしっかりクランプして接着します。
3752
コクピットを光らせてみました。
リアパネルの細長い部分も上手く光ってくれてます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月23日 (火)

1/144 ミレニアム・ファルコン 製作(ウェザリング)

3736

デカール保護のクリアを吹いたらウェザリングします。
まずはエナメルの茶・黒・グレーをランダムに塗ります。
3737
下地用の塗料が乾いたら全体に薄めたダークブラウンを塗ります。
それを下地の塗料を残しつつ拭き取る事で汚れに変化を付けます。
拭き取りも汚れる方向を考えながら拭き取ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1/144 ミレニアム・ファルコン 製作(塗装3)

3730

ボディ色を塗ったらマスキングを剥がします。
3733
このままではパネル部分が平坦すぎるのでボディ色を上塗りして変化を付けます。
3735
塗装が終わったらデカールを貼ります。
キットのデカール指示は大変細かく、拡大鏡で見ないと正確な位置が分かりません。
老眼にはツライです。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月21日 (日)

1/144 ガンダムアストレイ レッドドラゴン 完成

Top_2

「1/144 ガンダムアストレイ レッドドラゴン」完成写真UPしました。
画像はコチラ
 
■依頼内容■
●電撃ホビーマガジン付録の「ガンダムアストレイ カスタムキット」を三個使用した「レッドドラゴン」仕様●「ビルダーズパーツ MSランチャー01」のソードをガーベラストレートに準じた塗装カレトヴルッフのレンズに「MSサイトレンズ」を埋め込み●ウェザリング仕上げ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1/144 ミレニアム・ファルコン 製作(塗装2)

3721
今回は機体パネルの塗り分けは塗装で再現します。

まずは薄いグレーを塗ります。
グレーの位置は付属のシールを台紙に付いた状態で印を付けてチェックします。
グレーが乾いたら付属のシールを仮貼りして位置を確認します。(画像1)
シールを剥がしつつマスキングしてます。(画像2)
3726
これを濃いグレー・黄・赤と繰り返しマスキングしてきます。
3727
マスキングが終わったら全体に黒を塗ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月20日 (土)

1/144 ミレニアム・ファルコン 製作(塗装)

3707

ミレニアム・ファルコンボディにダメージを再現します。
リューターを使い傷を付けますが、直線な傷はマスキングテープを貼ってガイドにします。
リューターのビットも何種類か使い、傷に変化を持たせます。
他に半田ゴテを使い、弾痕を再現してます。
3717
コクピットの電飾が良く分かる様にキャノピーにスモークを吹きます。
クレオスのGXクリアブラックは濁りもなく綺麗に吹けます。
3720    
スモークが乾いたらガラス部分をマスキングします。
マスキングには探照堂のマスキングシートを使ってます。
 
マスキングが終わったら透け防止に黒を塗ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月16日 (火)

1/144 ミレニアム・ファルコン 製作(ベース製作5)

3705

ベースにスクラップを配置してみて、反乱同盟軍のメカだけだとメリハリが無いと思い、AT-ATの足を置くことにしました。(画像1)
 
足首は角度を付けたいので切り離します。(画像2)
 
足裏は筒抜けなのでプラ板で蓋を作りました。
爪は切り込みを入れた後、曲げてサスが伸びた状態にしました。
爪の一本は切り落としてます。(画像3)
3706
大腿部は真ん中で切り離し、断面を半田ゴテで溶かしました。(画像4)
 
加工が終わったらウェザリングします。(画像5)
Yウイング機首と交換です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月14日 (日)

1/144 ミレニアム・ファルコン 製作(ベース製作4)

3692_2

Xウイングの加工が終わったらウェザリングします。
スクラップなのでいつもより派手にウェザリングしてます。
Yウイングの機首とエンジンも用意しました。
3694_2
ミレニアム・ファルコンをディスプレイして全体のレイアウトを決めます。
3696_2
レイアウトが決まったら砂紋の箇所にプラ板を貼ります。
3698_2
貼ったプラ板にエポパテを盛って砂紋の形を作ります。
3700_3
ベース全体にタミヤのテクスチャーペイントを塗ります。
テクスチャーペイントは厚く塗ると中々乾かないので、薄く塗っては食器乾燥機に入れ乾かしながら盛っていきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月11日 (木)

1/144 ミレニアム・ファルコン 製作(ベース製作3)

3679_2

ベースは惑星ジャクーをイメージしたジオラマにします。
砂漠にはスクラップになったXウイングを埋めることにしました。
 
XウイングはF-TOYSの「ビークル・コレクション」の物を使います。
スケールが1/144なのでピッタリです。
 
墜落状態を再現するためにキャノピーを開けます。
0.5ミリプラ棒を組み合わせ前半部分を作ります。(画像1)
このあとキットのキャノピーの前半部分を切り落として接着します。
 
キャノピーは半開き状態にしました。
Xウイングは翼を一つ切り落として斜めにします。
R2ユニットはあの星の状況から真っ先に盗まれるでしょうから、切り落とし穴を開けました(画像2)
 
Xウイングがエンジンに被弾して墜落した事にしますので、エンジンの一個を切り取り断面を半田ゴテで溶かしました。(画像3)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1/144 ミレニアム・ファルコン 製作(ベース製作2)

3677

ベースに接続するアームはキットの物を使用します。
アームの側面には肉抜きが有るので埋めます。
アームをスキャンした物を元にパソコンで作図します。(画像1)
コレをプラ板に貼って切り出します。
3678
切り出したプラ板を貼り、隙間を黒瞬着で埋めたら整形します。
ジョイント部の肉抜き穴も埋めました。(画像2)
 
アームとベースの接続部に5ミリプラ棒を埋めました。(画像3)
右の板は3ミリプラ板を2枚重ねた物で、中央に5ミリの穴を開けてます。
コレをベース裏側に貼り付けアームを固定します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月10日 (水)

1/144 ミレニアム・ファルコン 製作(ベース製作1)

3675

今回、キットのベースは使わず自作します。
タミヤのディスプレイベース・ラージ(300×160mm)を使います。
このベースは2つ繋げて巨大なベースを製作出来るように1辺が垂直になってます。(画像1)
 
今回は一枚で済ますので垂直面を他の面と揃えます。
まずは斜めにする分、プラ板を継ぎ足します。
プラ板の接着面にはL字プラ棒を貼って強度を出します。(画像2)
3676
下段が出来たら斜めにプラ板を貼ってヤスリで成型したら完成です。(画像3)
結構手間だったのでタミヤには単体でベースを使うとき用に今回自作した部分をオプションで出して貰いたいです。
いっそ2枚を半々に切ってつなぎ合わせた方が早いかもしれません。
 
縁が完成したら上面にプラ板を貼って枠にします。(画像4)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月 6日 (土)

1/144 ミレニアム・ファルコン 製作(電飾3)

3674

船首ライトも電飾します。
ライトの位置に0.5ミリの穴を開けました。(画像1)
 
船首パーツに切り欠きを入れ光ファイバーを通します。(画像2)
 
ライトを点けてみました。(画像3)
ココは明るい方が良いのでLEDを直結します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月 5日 (金)

1/144 ミレニアム・ファルコン 製作(電飾2)

3644

コクピットを電飾します。
まずは塗装を済ませてしまいます。(画像1)
 
コンソールに光ファイバーを埋め込みます。
0.25ミリの物を中心に0.5ミリをアクセントに入れました。
大体80~90本埋めたと思います。(画像2)
 
リアパネルの細長い照明は0.5ミリ光ファイバーを並べました。(画像3)
3673
光ファイバーの先端に着色して点灯テストをしてみました。(画像4)
LED直結だと光が強すぎて計器っぽさが有りません。
 
そこでコクピット裏にLEDを固定して少し離して光ファイバーを設置しました。
LDEの表面はヤスリ掛けして光が拡散するようにしました。(画像5)
 
LEDを点けた状態です。(画像6)
通路はそのままだと光が強すぎるので0.3ミリプラ板を貼って和らげました。
 
天井パーツを点けた状態です。(画像7)
間接的に光を当ててるので輝度ムラが出ましたが落ち着いた感じになりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月 2日 (火)

1/400 ギャロップ 完成

3536

B-CLUB製「1/400 ギャロップ」完成画像です。
詳細な画像は後日UPします。
3538
3542
3544

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »