« 1/1200 ガルダ(UC版)製作(各部加工6) | トップページ | 1/1200 ガルダ(UC版)製作(各部加工8) »

2016年10月24日 (月)

1/1200 ガルダ(UC版)製作(各部加工7)

4731
ノズルカバー下端の成型が終わったらスジ彫りを追加します。
ここでもプラ板の目盛が役に立ちます。
スジ彫りの位置そのものに目盛が無くても水平・垂直の当たりとして充分役に立ちます。
スジ彫りが終わったらプラ板全体に軽くヤスリをかけ、目盛を削り落とします。
4736
エンジンカバーにもスジ彫りを追加します。
スジ彫りのガイドにはHiQPartsの「スジボリ用ガイドテンプレート ジグ2」を使いました。
4742
スジ彫りが終わったらエンジンカバー角を落とす為の治具を作ります。
1ミリプラ板を垂直に接着したら角から1ミリの箇所にスジ彫りを入れ、見易いようにスミ入れします。
4750
それをエンジンカバー角に当て、鉛筆で当たりを書きます。
4761_2
エンジンカバー角をヤスリで削ります。
鉛筆の当たりまで削ったら先ほどの治具をもう一度当てて、ちゃんと削れてるかチェックして完成です。
エンジンカバーのエッジ(赤線)も面取してます。

|

« 1/1200 ガルダ(UC版)製作(各部加工6) | トップページ | 1/1200 ガルダ(UC版)製作(各部加工8) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 1/1200 ガルダ(UC版)製作(各部加工7):

« 1/1200 ガルダ(UC版)製作(各部加工6) | トップページ | 1/1200 ガルダ(UC版)製作(各部加工8) »