« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

2017年3月

2017年3月29日 (水)

1/1700 ゼネラルレビル 製作(パーツ加工11)

2056
各所にスジ彫りを施しますが基本はガイドテープ+エッチングノコで行います。

凹にラインを引きたいときはidolaのエッチングガイドが便利です。
キャラクターモデル用に設計されており、スジ彫りをする面が薄くなっており作業が楽です。
曲面にも馴染む様になっていたり色々考えられていて感心します。

問題は取り扱ってる店が少なく、入手し辛いトコでしょうか。
私も存在を知ってから数ヶ月かかりました。
コレの第2弾も便利そうで欲しいのですが未入手です。(泣)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月24日 (金)

1/1700 ゼネラルレビル 製作(パーツ加工10)

2045
艦橋上部の窓を再現します。
窓のスリットが入る部分を削ります。
前側は上まで貫通させて削りました。
2049
プラ板を等間隔に貼り窓を作ります。
縁の部分もプラ板で塞ぎました。
2051
整形して完成です。
前後とも窓が出来ました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月22日 (水)

1/1700 ゼネラルレビル 製作(ベース製作2)

2031
今回、ディスプレイベースに船体を乗せるためプレートを自作したのですが、強度を優先して板状にしました。
おかげで巨大で重たい船体を支える事は出来たのですが、チョット主張し過ぎます。
2034
そこで中央を抜いたヤツに作り直しました。
重い物を支えるので内部にはプラ棒をビッシリ詰め込みました。
コレをプラ板でサンドします。
 
ホントは左右別体にした方が良いのですが、強度&位置決めの楽さから左右を繋ぎました。
2038
船体を乗せるとこんな感じです。
船体下部の主砲も見えるようになって良い感じです。
2043
船体全体です。
ようやく全体の整形が終わりましたので、スジ彫り・ディティール追加します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月18日 (土)

1/1700 ゼネラルレビル 製作(パーツ加工9)

2022
船体中央カタパルトはなぜか1本だけ短かったので延長しました。
カタパルト同士を繋ぐフレームの後端が斜めになってたのでプラ板を貼って修正しました。
2025
船体左右のサブブリッジは艦橋の窓が潰れていたので修正します。
ディティールを削り落としたら天井に目盛入りプラ板を貼って目安にします。
2028
艦橋の窓はプラ板を貼り合わせ再現しました。
彫り込むより手間は掛かりますが精度は出しやすいです。
2027
メインブリッジ左右のデッキもプラ板で作り直しました。

これらのプラ板工作した部分は形状を出し終わったら、平らな面をヤスって極々緩やかな曲面を出してプラ板ぽさを消します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 8日 (水)

1/1700 ゼネラルレビル 製作(パーツ加工8)

Img_0012
エンジンブロックのフィンは左右縁の整形が酷かったので削り落とし、プラ板で作り直します。
Img_0014
戦闘ブリッジのパーツです。
Generalrevilova
キットのままでは赤丸の部分の段差が再現されてないので、コレを修正します。
Img_0016
中途半端にパーツを弄るより思い切って作り直した方が精度が出しやすいので艦橋部分をゴッソリ削ります。
Img_0020
ポリパテで艦橋部分を作りました。
Img_0021
組み合わせた状態です。
ココから仕上げ、ディティールを追加します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »