« 1/1200 アレキサンドリア 製作(パーツ加工4) | トップページ | 1/1200 アレキサンドリア 製作(パーツ加工6) »

2017年8月11日 (金)

1/1200 アレキサンドリア 製作(パーツ加工5)

2026
ディティールアップとしてプラ板の小片を船体に貼っていきます。

プラ板は0.25ミリ厚0.5ミリ幅の物を2ミリの長さで切ってます。
チョッパー2型を使ってザクザク切っていきます。

プラ板は何本かまとめてテープで止めてから切ると手早く大量に切れます。
2031
プラ板を貼る前にある程度のブロックに纏めておき、その状態で貼ります。
これにより全体のバランスを見ながら貼っていけます。
2032
プラ板の小片は流し込み接着剤で仮止めします。

本来レジンとプラはプラ用接着剤では接着出来ません。
表面にサフが吹いてあるので一応くっついてますが強く触ると取れてしまいます。

そこで、流し込み接着剤が乾燥したら瞬着を竹串で少量付けて固定します。

|

« 1/1200 アレキサンドリア 製作(パーツ加工4) | トップページ | 1/1200 アレキサンドリア 製作(パーツ加工6) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 1/1200 アレキサンドリア 製作(パーツ加工5):

« 1/1200 アレキサンドリア 製作(パーツ加工4) | トップページ | 1/1200 アレキサンドリア 製作(パーツ加工6) »