« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »

2017年10月

2017年10月31日 (火)

アールカンバー&グゥエール 製作(資料収集)

2022
ウェザリングの資料として公式サイトの画像をプリントアウトしました。
前後の画像が有るのがありがたいです。

本編をキャプチャーした物も用意しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月30日 (月)

アールカンバー&グゥエール 製作(洗浄)

2025
リペイント前に洗浄します。

歯ブラシに中性洗剤を付け洗います。
洗ったら良く水を切り、乾燥させます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月28日 (土)

アールカンバー&グゥエール 製作

2033
アールカンバー&グゥエール、箱から出した状態です。

 
良く出来てますね。
塗装も綺麗ですし可動もシンプルながらよく動きます。

ただ、やはり劇中のダメージ&ウェザリングが無いと物足りないので、そこら辺に手を入れたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月27日 (金)

アールカンバー&グゥエール 製作

2035
次のお題は「ナイツ&マジック」より「アールカンバー&グゥエール」です。
 
この作品はヤフオク!に出品予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月26日 (木)

スーパーミニプラ 鉄巨神ガリアン 製作(関節補修)

2019
鉄巨神の最終組立中に股関節が折れてしまいました。
知らない内にダメージが蓄積してたみたいです。
2020
仕方ないので反対側の軸も切り落とし、市販のボールジョイントに置き換えることにしました。
ボールジョイントの軸が入る大きさまでドリルで穴を開けるのですが、内壁が有るためリューターで削りながら穴を大きくしていきました。
2022
穴が開いたのでボールジョイントを差し込むのですが、キットの軸の長さが1.5ミリだったのでプラ板でゲージを作って同じにしました。
ボールジョイントは瞬着で固定してます。
2025
なんとか補修できました。
塗装済のパーツに手を入れるのは緊張します。
 
結果として股関節をポリ化することにより可動はスムーズになったので、良しとしたいと思います。
2026
股関節が折れたことにより、急に胴の軸も不安になったので補強します。

キットの軸に穴を開け、真鍮線を通しました。
これで大分強度は上がったはずです。
 
要らん苦労をしたので、次回ミニプラを作るときは最初から補強したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月25日 (水)

スーパーミニプラ 鉄巨神ガリアン 製作(ウェザリング3)

2050
クレオスのフィルタ・リキッドをテストするために100均マグネットでカラーサンプルを作りました。
2051
4色塗ってみました。
2054
サンプルの結果、バイオレットに決定。

全体にベタッと塗って垂れて溜まった部分を筆で取る感じで塗りました。
2058
右がバイオレットを塗った後です。

ダークブラウンでウォッシングした時ほどハデな変化はないのですが、うっすら明るくなった感じです。
2056
肘関節は制作中にユルユルになってしまったので、パーマメントマットバニッシュを注射器で流し込み、1日置きました。

初めて使いましたがコレはスゴイですね。
乾燥後、動かすときパーツが折れるかと思うほど固くなってました。
2060
全ての行程が終わったので仕上げのツヤ消しクリアを吹きます。

乾燥したら組み立てて完成です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月23日 (月)

スーパーミニプラ 鉄巨神ガリアン 製作(ウェザリング2)

2039
クリアコートが乾いたらエナメルのダークブラウンでウォッシングします。
今回は人型ロボなので上から下に向かって拭き取りました。
2041
エナメル塗料を関節部に使うと割れる心配があるので、タミヤアクリルの黒+茶+リターダー+シンナーでスミ入れ用のダークブラウンを作りました。
2043
それを関節部に塗って綿棒で拭き取ります。
アクリル塗料はのびが悪いのでベッタリ塗って、すぐ拭き取る様にしました。
2046
ウォッシングが終わったら、またフラットクリアでコートします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月22日 (日)

スーパーミニプラ 鉄巨神ガリアン 製作(ウェザリング)

2034
エナメルの赤・黄・緑・グレー・黒を点置きして乾かします。
2036
綿棒にエナメルシンナーを含ませ拭き取ります。
完全に拭き取るのでは無く、ぼかしつつ色を残します。
2037
フラットクリアでコートしてウェザリング面を保護します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月21日 (土)

スーパーミニプラ 鉄巨神ガリアン 製作(塗装4)

2026
刀の鍔にH・アイズを埋め込みました。
やはりクリアパーツにすると栄えますね。
2028
塗装が終わったのでパーツを接着します。

接着剤が乾燥したらウェザリングです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月18日 (水)

スーパーミニプラ 鉄巨神ガリアン 製作(塗装3)

2019
盾をマスキングしたら金を塗ります。
剣の柄頭や肩の飾りも一緒に塗ります。
2020
額のグレーをマスキングします。
ここは狭いので筆塗りでも良いのですが、額の宝石をエアブラシで塗る必要があるので、ついでにマスキングしました。
2022
額と股関節の宝石を白を塗ってからクリアブルーで塗りました。
剣の鍔用のH・アイズも塗りました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月16日 (月)

スーパーミニプラ 鉄巨神ガリアン 製作(塗装2)

2302
ヒザ関節等をマスキングしたら薄いグレーを塗ります。
キットでは紫がかったグレーですが今回はニュートラルなグレーにしました。
参考にしたWAVE完成品に添ってます。
2306
次にMAX塗りする赤部分の下地にベースグレーを塗ります。
2308
赤は隠蔽力が低いので、まずは白を細吹きします。
2310
赤を上塗ります。

この後、赤に白を少々足してハイライトを塗ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月10日 (火)

スーパーミニプラ 鉄巨神ガリアン 製作(塗装)

2271
全ての加工が終わったので塗装です。

パーツを両面テープで固定したら黒く塗ります。
これは塗装支持棒に付けると塗り辛いパーツ裏側をしっかり塗るためです。

組んでしまったら見えない裏側をわざわざ塗るのは、ウオッシングでパーツが割れるのを防ぐ為、パーツ全体をラッカー塗料でコートする必要が有るからです。
2274
次に関節部の濃いグレーを塗ります。
2284
剣は黒で下地を塗った後、銀を塗りました。

胸の飾りも銀で塗ってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 9日 (月)

スーパーミニプラ 鉄巨神ガリアン 製作(各部加工7)

2259
鉄巨神の装甲に鋳造表現をしました。
MAXファクトリーのソフビ鉄巨神が原体験の身としてはやらずにはいられません。

ガイアの「鋳造表現塗料グレー」を使いました。
筆でサッと塗った後、叩くようにして表面を凸凹にしました。
2262
赤装甲部分に鋳造表現をするのですが、全部にやるとメリハリが無くなると思い、半分ぐらいに施しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スーパーミニプラ 鉄巨神ガリアン 製作(各部加工6)

2236
頬当てのモールドは整形の都合で斜めになってるので修正します。
2255
縁取りのモールドを外側と平行になるように修正しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 4日 (水)

スーパーミニプラ 鉄巨神ガリアン 製作(各部加工5)

2190
剣の鍔に有る宝石部分を開口します。
2191
プラ棒で底を作り、塗装後にH・アイズを埋め込みます。
2181
頭のモールドも掘り直します。
曲面はマスキングテープでガイドを使って掘りました。
2240
顔のモールドもなぞる様に掘り直しました。
額には0.5ミリのスチールボールを埋めました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 3日 (火)

スーパーミニプラ 鉄巨神ガリアン 製作(各部加工4)

2185
背中側面のモールドは整形の都合で甘くなってますので修正します。
2187
角を落としたプラ棒を貼ります。
プラ棒は長めにしておくと平行が出しやすいです。

貼る位置がずれないようにマスキングテープをガイドにします。
2194
余分を削り落とし、周りをスジ彫りして完成です。
2182
リアアーマーの穴ディティールはゴッドハンドのスピンブレードで掘り直しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 1日 (日)

スーパーミニプラ 鉄巨神ガリアン 製作(各部加工3)

2171
剣のグリップには何のモールドもないので滑り止めのディティールを掘ります。
2173
デザインナイフの捨て刃の後の部分をずらして5枚接着しました。

それをプラ板で囲いグラインダーで尖らせて3本平行の溝が掘れるタガネモドキを作りました。
コレをズラしながら2本ずつ追加で掘っていきます。
 
刃の数が多すぎるとコントロールが難しいと思い、3本にしましたが掘った感じ4本でも良かったみたいです。
その方が掘る回数が減って効率的です。
2175
掘り終わったらサイドに溝を掘って表裏を繋ぎます。
使うノコはアサリを削って刃をフラットにしてます。
2177
手首は指関節のモールドが甘いので掘り直しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »