« ビークルモデル AT-M6 製作(塗装) | トップページ | スーパーミニプラ プロマキス 製作記 »

2018年5月 7日 (月)

ビークルモデル AT-M6 製作(ウェザリング)

2070
マスキングテープを剥がしました。
2073
エナメルのダークブラウンでウォッシングしました。
2076
エナメルのジャーマングレー+白をスポンジで細かい点々を付けます。
化粧用のスポンジが細かくて良い感じです。
2078
ここまでのウェザリングを保護するため脚部に半ツヤクリアを吹きます。
2080
足の汚れが溜まりそうなところにガイアエナメルの「ほこり」を流し込みます。
2082
さらに脚部を中心にエナメルの茶色をスポンジチッピングしました。
2020
パネルのオイル漏れを鉛筆で書きます。
失敗したら消しゴムで消せるので便利です。
2024
コクピットの赤をシタデルカラーで塗りました。
2028
ウェザリングの保護用に再び半ツヤクリアを吹きました。

2030
クレオスのフィルタ・リキッド シェードブルーでフィルタリングします。
リキッドはそのままでは濃いので専用シンナーで半分ぐらいに薄くします。
2033
足と胴体の色の差を少なくするため組み立てた状態でボディ色+白極少量をコートします。

コートする塗料はシンナーを混ぜ薄くして軽く吹き付けます。
コクピットはマスキングしておきます。
 
色の差を無くすのが目的ですから、ここからはバラさずに作業を進めます。
2037
各部機銃先端にタミヤのウェザリングマスターでススを付けます。
2039
全体にツヤ消しクリアを吹いて完成です。

|

« ビークルモデル AT-M6 製作(塗装) | トップページ | スーパーミニプラ プロマキス 製作記 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170264/66692308

この記事へのトラックバック一覧です: ビークルモデル AT-M6 製作(ウェザリング):

« ビークルモデル AT-M6 製作(塗装) | トップページ | スーパーミニプラ プロマキス 製作記 »