« 2019年12月 | トップページ | 2020年3月 »

2020年1月

2020年1月17日 (金)

1/1700 ゼネラルレビル 製作3

1/1700 ゼネラルレビル 製作1→コチラ
1/1700 ゼネラルレビル 製作2→コチラ
 
■メインブリッジ制作2(2020.1.17)
Img_2703
メインブリッジ上部にパーツを追加していくとバランスの狂いが出てきました。
何度かパーツ追加→修正を繰り返していたのですが、中々バランスが難しく修正回数も増えていきました。
 
修正を繰り返してると左右対称等の部品精度が落ちていくので、思い切って作り直すことにしました。


Photo_20200117190601
これ以上修正を繰り返さなくて良いように、3DCGを作り、それを元にパーツを製作して行きます。
横着せずに最初から、こうすれば良かったです。
Img_2707
裏側の窓をプラ板で再現しました。
窓は前回より細くしてます。
 
窓を作るのは前回の失敗も含め5回目なので、要領は得て来ましたが手間がかかる事には変わりません。
Img_2716
表側の窓を作りました。
 
前回作った時は窓の位置を裏側と揃えたため低くなってしまいました。
表側の窓は裏側に比べ高い位置に有るのが正解の様です。
今回はちゃんとブリッジ上端の曲面部分に掛かる位置に窓を作りました。
Img_2743
メインブリッジの各部品が揃い、ようやく作り直す前の状態になりました。
作り直したおかげでバランスが良くなりました。
 
ここから艦橋下部のパーツを制作します。
 
■下部主砲制作2
Img_2709
砲塔左右の出っ張りとセンサーをプラ材で作りました。
Img_2710
砲身付け根をWAVEのテーパー丸棒とプラ板で作りました。
砲塔は複製するので片側のみ作りました。
 
砲身は複製後、真鍮パイプで作ります。
Img_2726
砲塔前部に3ケ有るセンサーを再現しました。

これで下部主砲は完成です。
サフを吹いて仕上げます。
  
■二連砲塔制作
Img_2715
船体に12機搭載されてる二連砲塔を制作します。
 
デザインは下部主砲と同じにしてますので、先に大きい下部主砲を制作して、それを参考に縮小して制作します。
Img_2719
図面に合わせプラ板を切り出したらプラ棒やポリパテで形を作ります。
 
やはり一度作ってるのと参考になる立体が有ると違いますね。
ここからディティールを追加していきます。
Img_2732
センサー等ディティールを追加しました。
Img_2734
二連砲塔は下部主砲に比べ一回り小さいのでディティールは省略してますが、出来るだけ再現しました。
 
■単砲塔
Photo_20200207195501  
船体に4機有る単砲身を作ります。
 
まずは3DCGを作りました。
Img_2723
プラ材で砲塔を作りました。
色違いのプラ材を使うことで精度を出しやすくしてます。
Img_2725
砲身基部を創りました。
Img_2742
センサー等ディティールを追加しました。

■格納庫ダクト制作
Img_2737
船体後部、左右MS格納庫上下のダクトはモールドが不揃いなので作り直します。
Img_2739
WAVEのモールド・プレートとプラ棒の組み合わせでダクトを作りました。
Img_2751
ダクト下側にプラ版を貼り、斜めに削りました。
 
これを複製して数を揃えます。
 
■エンジンフィン制作
Img_2749
プラ板の組み合わせでエンジン部の整流フィンを制作します。
Img_2757
プラ板を削りフィンの形にしました。
船体と接続する部分にはスジボリを入れて可動する感じにしました。
Img_2753
フィン裏側はモールド入プラ板でディティールを入れました。
 
1/1700 ゼネラルレビル 製作4に続く

| | コメント (0)

2020年1月 1日 (水)

謹賀新年

2020blog
あけましておめでとうございます。
今年もG-CUBEをよろしくお願いします。

| | コメント (0)

« 2019年12月 | トップページ | 2020年3月 »