« 2020年6月 | トップページ | 2020年8月 »

2020年7月

2020年7月 6日 (月)

1/1700 ゼネラルレビル 製作8

1/1700 ゼネラルレビル 製作1→コチラ
1/1700 ゼネラルレビル 製作7→コチラ
 
■中央ブロック制作(2020.7.6)
Img_3011
メインブリッジ下のシャッター部分が歪んでいるので修正します。
Img_3020
キットのモールドを削りプラ板で枠を再生しました。
Img_3015
船体下のシャッターも歪みが酷いので修正します。
Img_3016
ココは下の段も歪んでいたのでゴッソリ削りプラ板で再生しました。
Img_3022
プラ板で枠を制作しました。
 
コレで上下共、修正完了です。
Img_3024
左右のエンジンブロックの隙間をポリパテで埋めました。
Img_3029
中央ブロック先端はエッジが不均一なのでプラ板を貼って修正します。
Img_3096
エッジ幅はHIQPARTSのマイクロゲージを使って均一な幅になる様、仕上げます。Img_3063
中央ブロック先端の窓はプラ板の張り合わせで再現しました。
Img_3032
模型郵送時に外せる様に戦闘ブリッジの接続軸はソフトプラ棒にしました。
 
■下部主砲制作(2020.7.25)
Img_3034
下部主砲はキットのままでは下側の単砲塔に干渉します。
Img_3036
そこで下部主砲基部の板を延長しました。
基部の板は左右対象になってなかったので、同時に修正しました。
 
中央の板はプラ板で新造します。
Img_3040
板と船体の隙間はポリパテで埋めました。
Img_3042
中央板のディティールをプラ材で制作しました。
3枚の板の接合部をポリパテで作りました。
Img_3045_20200730184701
下部主砲基部、基本工作終了しました。
Img_3046
単身砲との干渉も無くなりました。
Img_3048
メインエンジン下のパーツ側面には窓のモールドが有るのですが、整形で歪んでいるので作り直します。
上下を貫通させプラ材の貼り合わせでモールドを再現しました。
Img_3051
下面のモールドは一度削り落とし、プラ板で再生しました。
 
1/1700 ゼネラルレビル 製作9に続く


| | コメント (0)

« 2020年6月 | トップページ | 2020年8月 »