« 2020年12月 | トップページ | 2021年2月 »

2021年1月

2021年1月 3日 (日)

1/1700 ゼネラルレビル 製作13

1/1700 ゼネラルレビル 製作1→コチラ
1/1700 ゼネラルレビル 製作12→コチラ

■最終仮組(2021.1.3)
Img_3324
ベース支柱の位置を決める為、裏側を仮組みします。
Img_3327
ベース支柱の位置を仮決めします。
Img_3330_20210108145501  
支柱の位置が決まったら、ベース裏側から真鍮線を貫通させ支柱を固定します。
Img_3333
最終仮組しました。
機銃以外のすべてのパーツを付けて干渉しないかチェックします。
 
問題なかったので、バラして塗装です。
 
■塗装(2021.1.9)
Img_3337
窓や航行灯の下地に白を塗りました。
Img_3340
窓の黄色、カタパルト灯の赤を塗りました。
マスキングしたらブリッジ灯の緑を塗ります。
Img_3343
ノズルと船体後部MSカタパルトダクトにガンメタに塗りました。
Img_3347
カタパルトハッチに薄いグレーを塗りました。
マスキングしたら縁をオレンジに塗ります。
Img_3349
カタパルト側面の薄茶色を塗りました。
Img_3352
カタパルトの濃いグレーを塗りました。
Img_3355
パネル塗り分け用の船体色+薄いグレーを塗りました。
Img_3359
砲塔・機銃を塗りました。
Img_3361
四角く切ったマスキングテープをパネルとして残したい場所に貼ります。
Img_3364
パネルのマスキング終わりました。
Img_3367
全体にベースグレーを塗りました。
Img_3369
エッジを残すように船体色を細吹きしましたしました。
Img_3373
船体色を塗り終えたらマスキングテープを剥がします。
パネル部分に違和感が有りましたら船体色を上塗りして修正します。
Img_3375
船体色の修正が済んだらマスキングをすべて剥がします。
マスキング漏れ箇所は筆塗りで修正します。
Img_3378
機銃を船体に接着します。
マスキングテープを貼って位置を確認したら、ゼリー状瞬着を使って接着します。
ゼリー状瞬着は硬化まで時間が掛かるので位置の微修正が出来て便利です。
Img_3380
各パーツを接着して組み立てていきます。
レジンパーツはドライヤーで温めながら組むとレジンが熱で柔らかくなり、パーツ同士を密着させることが出来ます。
Img_3396
ある程度のパーツを接着したらブロック単位でウオッシングします。
薄めたエナメルのダークブラウンを塗り、船の進行方向を意識して拭き取ります。
Img_3398
砲塔のセンサーをシタデルカラーで塗りました。
Img_3401
仕上げにつや消しクリアを吹きます。
Img_3412
郵送用に発泡スチロールで保護ケースを作りました。
 
依頼主に送って終了です。
 
1/1700 ゼネラルレビル 完成

| | コメント (0)

2021年1月 1日 (金)

謹賀新年

2021blog
あけましておめでとうございます。
今年もG-CUBEをよろしくお願いします。

| | コメント (0)

« 2020年12月 | トップページ | 2021年2月 »