機動戦士ガンダム

2021年4月 4日 (日)

1/1000 ガデラーザ制作3

1/1000 ガデラーザ制作1→コチラ
1/1000 ガデラーザ制作2→コチラ

■仮組3(2021.4.4)
Img_3505
巡航モードで仮組みしました。
Img_3509
戦闘モードです。
各モードのジョイントを作ったので形態が安定しました。
 
各部の仕上げとディティールアップに入ります。

| | コメント (0)

2021年3月12日 (金)

1/1000 ガデラーザ制作2

1/1000 ガデラーザ制作1→コチラ

■仮組2(2021.3.12)
Img_3478
戦闘モードで仮組しました。
腕の付け根に可動部を仕込んだので表情が出せる様に成りました。
 
■パーツ加工2
Img_3487
巡航モードの時は問題なかったのですが、戦闘モードで台座に乗せると左右が安定しなかったので支柱左右に張出しを追加しました。
Img_3492
キットではGNブラスターの展開は発射口のパーツで接続されてる箇所をスライドさせて再現してますが、位置が安定しません。
そこで開閉専用のジョイントをそれぞれ作り、差し替える形にしました。
Img_3491
GNブラスター展開状態です。
位置が安定しました。
Img_3495
巡航モード用ジョイントは大きさが足りなかったので、プラ板を貼りピッタリなサイズにしました。
Img_3498
戦闘モード用ジョイントにキットでは自作する様に指示されてるシリンダーを追加しました。
作業し易い様に一度シリンダー受け部を切り離してます。
Img_3500
閉状態のGNブラスター放熱パネルをプラ板で制作しました。
前後のパネルを一体化することで隙間を無くします。
Img_3504
戦闘モード時に下部コンテナから生える隠し腕を市販のジョイントを使って可動にしました。
先端も切り離しソフトプラ棒接続にして角度を変えられる様にしました。
 
1/1000 ガデラーザ制作3に続く


| | コメント (0)

2021年2月21日 (日)

1/1000 ガデラーザ制作1

■製作開始(2021.2.10)
Img_3406
次のお題は直出屋製「1/1000 ガデラーザ」です。
当日版権のガレージキットです。

依頼品なのでオーダーに従い製作します。
 
■洗浄
Img_3414
キットは3Dプリンターによる出力品で素材はABSです。
 
3Dプリンター製パーツは初制作なので色々勝手が分からないのですが、とりあえずパーツを中性洗剤を入れたお湯に漬け込み洗浄します。
Img_3417
歯ブラシを使ってクレンザー+中性洗剤で表面を磨いたら洗浄して乾燥させます。
Img_3418
3Dプリンター出力のパーツにはサポート材が付いてるのでニッパーで荒く切り取り、ヤスリで仕上げます。
Img_3425
サポート材には板状のものも有り、パーツの形状を良く確認しながら除去します。
パーツとサポート材の間にナイフを刺し、ある程度切ったらサポート材をパキッっと割り取ります。
Img_3423
パーツには積層跡が有るのでヤスリ掛けして表面を滑らかにします。
Img_3427
大きなパーツは収縮で積層面から割れてる場合があります。
瞬着と瞬着パテで修復します。
Img_3429
パーツの積層面消しに全体をざっとヤスリ掛けします。
電動歯ブラシを改造したスピンヤスリが便利です。
 
仮組(2021.2.19)
Img_3435
ガデラーザ、仮組しました。
巡航モードです。
Img_3440
パーツを差し替え戦闘モードに出来ます。
 
■パーツ加工
Img_3446
背中パーツの厚みが足りなかったので、左右パーツにそれぞれ0.5ミリプラ板を貼り幅増ししました。
Img_3447
背中のパーツ左右を接着します。
多少パーツが歪んでいるのでしっかりクランプして接着します。
 
黒い接着剤を使うことでセンターラインを分かりやすくします。
Img_3457
積層跡のヒドイところはザッと削ってプラ板を貼って平にします。
Img_3459
一通りの表面加工が終わったら下地にプライマーを塗り、サフを吹き付けました。
Img_3462
ディスプレイベースの支柱を制作します。
ボール紙を使い現物合わせで型紙を作り、プラ板とプラ棒で制作しました。
Img_3470
船体を載せ何度か修正して支柱が形になりました。
Img_3468
台座に乗せるとこんな感じです。
Img_3472
GNブラスター放熱パネルを開状態で固定出来る様にします。
治具を使って欲しい高さに仮止めして、支柱を接着します。
Img_3474
支柱はこんな感じです。
適切な長さにカットします。
Img_3476
前後のパネル支柱が出来ました。
 
1/1000 ガデラーザ制作2に続く

| | コメント (0)

2021年2月15日 (月)

1/1700 ゼネラルレビル 完成

完成(2021.2.7)
Top4
「1/1700 ゼネラルレビル」完成画像UPしました。
画像はコチラ

| | コメント (0)

2021年1月 3日 (日)

1/1700 ゼネラルレビル 製作13

1/1700 ゼネラルレビル 製作1→コチラ
1/1700 ゼネラルレビル 製作12→コチラ

■最終仮組(2021.1.3)
Img_3324
ベース支柱の位置を決める為、裏側を仮組みします。
Img_3327
ベース支柱の位置を仮決めします。
Img_3330_20210108145501  
支柱の位置が決まったら、ベース裏側から真鍮線を貫通させ支柱を固定します。
Img_3333
最終仮組しました。
機銃以外のすべてのパーツを付けて干渉しないかチェックします。
 
問題なかったので、バラして塗装です。
 
■塗装(2021.1.9)
Img_3337
窓や航行灯の下地に白を塗りました。
Img_3340
窓の黄色、カタパルト灯の赤を塗りました。
マスキングしたらブリッジ灯の緑を塗ります。
Img_3343
ノズルと船体後部MSカタパルトダクトにガンメタに塗りました。
Img_3347
カタパルトハッチに薄いグレーを塗りました。
マスキングしたら縁をオレンジに塗ります。
Img_3349
カタパルト側面の薄茶色を塗りました。
Img_3352
カタパルトの濃いグレーを塗りました。
Img_3355
パネル塗り分け用の船体色+薄いグレーを塗りました。
Img_3359
砲塔・機銃を塗りました。
Img_3361
四角く切ったマスキングテープをパネルとして残したい場所に貼ります。
Img_3364
パネルのマスキング終わりました。
Img_3367
全体にベースグレーを塗りました。
Img_3369
エッジを残すように船体色を細吹きしましたしました。
Img_3373
船体色を塗り終えたらマスキングテープを剥がします。
パネル部分に違和感が有りましたら船体色を上塗りして修正します。
Img_3375
船体色の修正が済んだらマスキングをすべて剥がします。
マスキング漏れ箇所は筆塗りで修正します。
Img_3378
機銃を船体に接着します。
マスキングテープを貼って位置を確認したら、ゼリー状瞬着を使って接着します。
ゼリー状瞬着は硬化まで時間が掛かるので位置の微修正が出来て便利です。
Img_3380
各パーツを接着して組み立てていきます。
レジンパーツはドライヤーで温めながら組むとレジンが熱で柔らかくなり、パーツ同士を密着させることが出来ます。
Img_3396
ある程度のパーツを接着したらブロック単位でウオッシングします。
薄めたエナメルのダークブラウンを塗り、船の進行方向を意識して拭き取ります。
Img_3398
砲塔のセンサーをシタデルカラーで塗りました。
Img_3401
仕上げにつや消しクリアを吹きます。
Img_3412
郵送用に発泡スチロールで保護ケースを作りました。
 
依頼主に送って終了です。
 
1/1700 ゼネラルレビル 完成

| | コメント (0)

2020年12月 3日 (木)

1/1700 ゼネラルレビル 製作12

1/1700 ゼネラルレビル 製作1→コチラ
1/1700 ゼネラルレビル 製作11→コチラ

■プラ板ディティール追加(2020.12.3)
Img_3279
プラ板チップでディティールを追加します。
 
チョッパーを使い、エバーグリーンの細切りプラ棒を必要な長さに切ります。
Img_3280
鉛筆の当たりとマスキングテープでプラ板チップを貼っていきます。
Img_3284
さらに小さいチップを貼ってディティールアップします。
Img_3292
Img_3298
カタパルトのディティールアップ終わりました。 
Img_3296
左右MSカタパルトのディティールアップ終わりました。
Img_3300
メインブリッジ・戦闘ブリッジ・サブブリッジのディティールアップ終わりました。
Img_3302
船体中央ブロックのディティールアップ終わりました。
Img_3304
二連砲塔、完成しました。
Img_3307
下部主砲と単身砲、完成しました。
Img_3309
エンジンノズル設置しました。
Img_3312
エンジンブロックにフィンを付けました。
Img_3315
砲塔付け根にポリキャップを仕込みます。
ポリキャップを接着する時、棒を刺して垂直になる様にします。
Img_3318
下部砲塔を仮設置しました。
Img_3320
二連砲塔・単身砲付け根にもポリキャップを仕込みました。
Img_3321
サフを吹きました。
パーツ表面をチェックしつつ最終仮組します。
 
1/1700 ゼネラルレビル 製作13に続く

| | コメント (0)

2020年10月26日 (月)

1/1700 ゼネラルレビル 製作11

1/1700 ゼネラルレビル 製作1→コチラ
1/1700 ゼネラルレビル 製作10→コチラ

■MSカタパルト制作3(2020.10.26)
Img_3211
カタパルト側面のディティールを追加します。
V字のスジ彫りには目立てヤスリを使います。
Img_3215
内側カタパルト側面のディティール貼り終わりました。
この後、プラ板表面はスポンジヤスリで軽く慣らします。
Img_3217
外側カタパルト側面のディティール制作しました。
サブブリッジ基部も作りました。
Img_3258
外側カタパルト後部にプラ板でディティールを足しました。
Img_3259_20201124031901
中央カタパルト二連砲塔基部の段差をプラ板で再現しました。
上面・側面にもスジ彫りを追加してます。
  
■機銃制作
Img_3227
船体各部に配置されている三連機銃を製作します。

以前の製作時に作った機銃を平行に設置するための治具を使います。
3個の穴が並列されてます。(画像左)

治具にWAVEのI・チップを置きます。
今回、I・チップ押さえを追加制作しました。(画像右)
Img_3232
中央のガイドに沿ってドリルで開口します。(画像左)

開けた穴に真鍮線を接着して必要な長さに切ります。(画像右)
Img_3236
治具にI・チップをもう一度置いて左右にドリルで開口します。(画像左)

左右の穴に真鍮線を接着しカットしたらヤスリで長さを揃えます。(画像右)
Img_3244
次に縦に3本並んでる機銃を製作します。
 
こちらも前回の製作で作った治具を使います。
プラ板とプラパイプで3本の真鍮パイプを三角形に配置してます。(画像左)
 
I・チップをプラ板に瞬着で仮止めして穴を開けます。(画像右)
Img_3249
治具を逆さまに使って真鍮線を接着します。(画像左)
真鍮線を切り揃えて完成です。(画像右)
Img_3255
エンジン上の三連機銃はブリッジを避けるため斜めにします。
底面にプラ板を貼り、斜めに削りました。
Img_3266
二連機銃用の治具を制作します。
まずは真鍮パイプを並べて接着します。(画像左)
 
プラ板で作った土台に接着します。(画像右)
この後、蓋をします。
Img_3268
治具が完成したらI・チップをセットして穴を開けます。(画像左)
 
真鍮線を接着してカットしたら完成です。(画像右)
Img_3271
メインブリッジ上部の機銃は前後に1問ずつセットして斜めに曲げました。
Img_3273
予備も含め40個の機銃を制作しました。
Img_3276
機銃をダンボールに両面テープで固定したら、プライマーを下地に塗りサフを吹きました。
Img_3294
左右エンジンブロック上部と戦闘ブリッジ後部に付くレーダーを大きさの違うI・チップを張り合わせて制作しました。
小さいI・チップの周りは彫り込んで、別パーツっぽくしました。
 
1/1700 ゼネラルレビル 製作12に続く

| | コメント (0)

2020年9月 5日 (土)

1/1700 ゼネラルレビル 製作10

1/1700 ゼネラルレビル 製作1→コチラ
1/1700 ゼネラルレビル 製作9→コチラ
 
■メインブリッジ制作4(2020.9.5)
Img_3119
戦闘ブリッジ同様、郵送時に外せる様にメインブリッジの接続軸はソフトプラ棒にしました。Img_3120
メインブリッジ後部MSカタパルトのシャッターをプラ板で制作しました。
Img_3127
メインブリッジのパーツに軽くサフを吹いたら組み立てます。
全体の様子を見ながらスジボリを入れる場所に鉛筆でアタリを書きます。
Img_3147 
メインブリッジのエッジを落とします。
まず、エッジに黒サフを塗ります。
Img_3150
黒サフを塗る事でどれぐらい削ったか分かりやすくなりました。
Img_3152
プラ板で製作したパーツはそのままでは表面が平坦で、いかにも「プラ板で作りました」って成るので、表面にヤスリがけをして極々緩やかなカーブを持った状態にします。
 
その時、便利なのがゴットハンドの神ヤス10mm厚です。
ヤスリ表面は適度な硬さがあり、なにより厚みがあるので側面を摘んでのヤスリ掛けが出来ます。
それによりヤスリ圧がコントロールし易く無駄にエッジを落とさないで済みます。
Img_3157
スジボリが終わったのでサフを吹いてキズのチェックをします。
  
■戦闘ブリッジ制作3
Img_3130
戦闘ブリッジに彫るスジボリを鉛筆で書いて検討します。
Img_3134
戦闘ブリッジにトサカを追加しました。
トサカの周りは彫り込んでパーツ構成をハッキリさせます。
 
トサカ先端にはセンサーを追加して役割を明確にします。
 
■サブブリッジ制作2
Img_3160
サブブリッジ側面にスジボリをし、天井にドーム状のパーツを貼り付けました。
ドーム状のパーツの周りは彫り込んでパーツが嵌ってる感じを出しました。
 
■船体後部MSカタパルト制作2
Img_3166
後部MSカタパルト側面に付く二連砲塔基部を制作します。
色違いのプラ板を張り合わせます。
Img_3169
プラ板を削ります。
色違いのプラ板を使う事で左右の削り具合を分かり易くなってます。
Img_3171
砲塔を載せ具合を見ます。
良い感じですので、次の工程に行きます。
Img_3193
側面の窓は幅広のカーバイトで彫ります。
いきなり幅広のモノで彫ると上手く行かないので、0.5mm→1.0mm→1.5mmと少しずつ幅を広げていきます。
 
何度も彫るためスジ彫りガイドはテープではなく金属製の物を使います。
メタルガイドはエッチングパーツの枠を再利用してます。
Img_3207
後部MSカタパルト左右のパーツ、スジ彫りまで終わりました。
 
この後、プラ板チップでディティールアップします。 
 
■中央ブロック制作2
Img_3195
中央ブロック先端に窓と補強板のディティールをプラ板で追加しました。
Img_3199
メインエンジン下のパーツのモールド・スジ彫り終わりました。
Img_3210
船体中央ブロック、スジ彫り終わりました。
 
1/1700 ゼネラルレビル 製作11に続く


| | コメント (0)

2020年8月10日 (月)

1/1700 ゼネラルレビル 製作9

1/1700 ゼネラルレビル 製作1→コチラ
1/1700 ゼネラルレビル 製作8→コチラ
 
■ノズル制作(2020.8.9)
Img_3054
メインノズル左右の板はディティールが荒れてますので、作り直します。
Img_3059
波板が入る様にノズル裏側を削ります。
Img_3061
表から見た状態です。
板を作り直したのでディティールがピシッとしました。
 
ノズル自体の溝も彫り直してキレイにします。
Img_3066
ノズル内側の溝にプラ板を貼ってディティールアップしました。
 
■左右エンジンブロック制作
Img_3069
左右エンジンブロックとMSカタパルトの接合部隙間をポリパテで埋めます。
 
離型処理したエンジンブロックを押し付けました。
Img_3072
MSカタパルトの内側の面を整形します。
面は曲面に仕上げます。
Img_3074
エンジンブロックとMSカタパルトに補強フレームが入る溝を彫ります。
Img_3079
エンジンブロックとカタパルトを接合し離型処理をしたら、フレームが付く部分にポリパテを盛ります。
Img_3098
ポリパテが固まったらバラして削り出します。
この後、フレームっぽくスジボリを入れます。
 
■二連砲塔制作3
Img_3100
砲身用に真鍮パイプを切り出します。
Img_3102
レジン板に垂直に穴を開け治具として砲口の断面を仕上げます。
Img_3105
レジン製の砲塔基部に差し込みますが、長さが一定になる様に真鍮パイプで治具を作ります。
基部と砲身が直線に成ってるか確認し易い様に治具は長めに作ります。
Img_3111
全砲塔用砲身24本完成しました。
Img_3117
砲身・砲塔に下地としてガイアのマルチプライマーを吹き、サフを上塗りします。
 
1/1700 ゼネラルレビル 製作10に続く


| | コメント (0)

2020年7月 6日 (月)

1/1700 ゼネラルレビル 製作8

1/1700 ゼネラルレビル 製作1→コチラ
1/1700 ゼネラルレビル 製作7→コチラ
 
■中央ブロック制作(2020.7.6)
Img_3011
メインブリッジ下のシャッター部分が歪んでいるので修正します。
Img_3020
キットのモールドを削りプラ板で枠を再生しました。
Img_3015
船体下のシャッターも歪みが酷いので修正します。
Img_3016
ココは下の段も歪んでいたのでゴッソリ削りプラ板で再生しました。
Img_3022
プラ板で枠を制作しました。
 
コレで上下共、修正完了です。
Img_3024
左右のエンジンブロックの隙間をポリパテで埋めました。
Img_3029
中央ブロック先端はエッジが不均一なのでプラ板を貼って修正します。
Img_3096
エッジ幅はHIQPARTSのマイクロゲージを使って均一な幅になる様、仕上げます。Img_3063
中央ブロック先端の窓はプラ板の張り合わせで再現しました。
Img_3032
模型郵送時に外せる様に戦闘ブリッジの接続軸はソフトプラ棒にしました。
 
■下部主砲制作(2020.7.25)
Img_3034
下部主砲はキットのままでは下側の単砲塔に干渉します。
Img_3036
そこで下部主砲基部の板を延長しました。
基部の板は左右対象になってなかったので、同時に修正しました。
 
中央の板はプラ板で新造します。
Img_3040
板と船体の隙間はポリパテで埋めました。
Img_3042
中央板のディティールをプラ材で制作しました。
3枚の板の接合部をポリパテで作りました。
Img_3045_20200730184701
下部主砲基部、基本工作終了しました。
Img_3046
単身砲との干渉も無くなりました。
Img_3048
メインエンジン下のパーツ側面には窓のモールドが有るのですが、整形で歪んでいるので作り直します。
上下を貫通させプラ材の貼り合わせでモールドを再現しました。
Img_3051
下面のモールドは一度削り落とし、プラ板で再生しました。
 
1/1700 ゼネラルレビル 製作9に続く


| | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

バンダイ ハセガワ ファインモールド コトブキヤ PLUM ピットロード WAVE B-CLUB アオシマ アルカディア(旧やまと) ボークス プラッツ タカラトミー グッドスマイルカンパニー ベルファイン タミヤ プラモデル ガレージキット 完成トイ 機動戦士ガンダム エルガイム 装甲騎兵ボトムズ 聖戦士ダンバイン 戦闘メカザブングル 機甲界ガリアン 無敵超人ザンボット3 クラッシャージョウ 宇宙戦艦ヤマト キャプテン・ハーロック 銀河鉄道999 スタジオジブリ 未来少年コナン エヴァンゲリオン ふしぎの海のナディア グレンラガン アーマード・コア PSO レイストーム アイドルマスター メダロット Fate/stay night バーチャロン リリカルなのは マクロス 機動戦艦ナデシコ テッカマンブレード ガールズ&パンツァー タイムボカン ナイツ&マジック スターウォーズ サンダーバード 松本零士 宮崎駿 メカコレ ガンコレ ロボット魂 ミニプラ ねんどろいど ビークルモデル 1/12 1/24 1/35 1/48 1/60 1/72 1/100 1/144 1/400 1/500 1/700 1/1000 1/1200 1/1500 1/1700 1/4000 1/6000 鉄巨神 プロマキス ウィンガル ファイター1 VF-11 02 YF-19/VF-19 01 YF-19/VF-19 02 YF-19/VF-19 03 マクロス 要塞艦 VF-25 VF-4 ブラックサレナ ギガント 山の翁 ランスロット ザンボット3 ブラスターブレード Ν-ノーチラス号 テスタロッサ01 テスタロッサ02 サンダーバード2号 サンダーバード4号 サンダーバードS号 ドラムロ グランビートル カイゼルビートル テムジン アルカディア号01 アルカディア号02 アルカディア号03 ホワイト・グリント01 ホワイト・グリント02 R-GRAY1 ネルフ司令官専用垂直離着陸機 アースラ01 アースラ02 ガンヘッド 星井美希 宇宙戦艦ヤマト04 宇宙戦艦ヤマト05 宇宙戦艦ヤマト06 宇宙戦艦ヤマト07 宇宙戦艦ヤマト08 連合宇宙艦隊セット コスモゼロ01 コスモゼロ02 コスモファルコン01 主力戦艦[完結編]01 主力戦艦[完結編]02 駆逐艦[完結編] プリンス・オブ・ウェールズ シュルツ艦 ナスカ01 ナスカ02 三段空母 多層式航宙母艦 シュデルグ デスラー艦[Ⅲ版] ガミラス艦セット1 戦闘母艦 ミランガル アンドロメダ ノイ・バルグレイ アルビオン02 リリー・マルレーン デンドロビウム ノイエ・ジール アウドムラ ギャロップ01 ギャロップ02 ギャロップ03 アストレイ 61式戦車 ガルダ ゼネラルレビル 01 ゼネラルレビル 02 アレキサンドリア サザビー ガデラーザ X-wing04 X-wing05 X-wing レジスタンス仕様 01 AT-ST R2-D2 R5-D4 タイ・ファイター タイ・アドバンスト ナブー・スターファイター ミレニアム・ファルコン 02 AT-M6 愛国丸 さつま フランカーD スピットファイア 4号戦車 九七式中戦車 九五式軽戦車 ティーガーI BT-42 センチュリオン T-34/85 B1bis 八九式中戦車甲型 クルセイダーMk.Ⅲ チャーチル歩兵戦車 Mk.Ⅶ あんこうチーム 知波単学園 メカブトン 01 メカブトン 02 アールカンバー グゥエール 年賀状 年間まとめ その他 とらドラ! みなみけ キャロットウェポン射出カプセル シルフィード ダライアス ノヴェンバー・ステップス ノーチラス ベホイミちゃん レイノス ロストプラネット 斑鳩 模型イベント 清姫 紋章機 通信販売