ガレージキット

2019年9月21日 (土)

1/1700 ゼネラルレビル 製作

■製作開始(2019.9.21)
2024_20190921145501
次のお題は岡山のプラ板使い製「1/1700 ゼネラルレビル」です。
当日版権のガレージキットです。

依頼品なのでオーダーに従い製作します。
 
■洗浄
2028
レジンキットはパーツ表面に離型剤が付いてますので、ポリデントを溶かしたお湯に漬け込みます。
この後、中性洗剤+クレンザーで洗います。
 
■乾燥
2030_20190924120801
パーツを洗ったら食器乾燥機で乾燥させます。
 
■パーツ加工
2032_20190925194401
このキットは個人成型のガレージキットなので、気泡やバリ、段差が有ります。
段差をナイフで削り、気泡やカケを瞬着パテで埋めます。
 
■仮組(2019.10.2)
2033
大まかなバリを取ってアルミ線で繋ぎました。
 
このキットを作るのは2回目なので覚悟してましたが、全長40センチはやはりデカイです。
レジン製で重さもかなりあるので各部の接続はしっかり強度を持たせたいと思います。
 
■各部加工
2035_20191003185801
キットは機銃が省略されており、台座しかモールドされてません。
この機銃を再現します。
 
まずは台座のモールドを切り飛ばします。
あとで機銃位置が分からなくならないように台座中央に穴を開けておきます。

台座は5ミリと6ミリの2種類有るため穴を開けるドリルの太さを変えておきます。
台座跡は位置決めのため少し残してますが、最終的には平らにします。 
2037_20191005230701
船体後部に付くエンジンブロックには段差が有る(左)のですが、反対側には有りません。
左右のモールドを揃えるために一辺両方ともモールドを削り落とします。
2043_20191005230701
エンジンブロックを船体に付けてみるとエンジンノズルの付く面がフラットじゃ有りませんでした。
そこで思い切ってエンジンブロックの飛び出した部分を削り、プラ板を貼ってフラットにしました。
 
結構手間が掛かる作業ですが、ココの面をシッカリ出しておけば基準面になるので、今後の精度が出しやすくなります。
2049_20191010025101
左右エンジンブロックと本体には隙間が有るので、ポリパテでコレを埋めます。
2051_20191010025101
エンジンブロック側に離型剤としてサラダ油を塗ります。
2053_20191010025101
ポリパテを練り、本体に塗ります。
2054_20191010025101
エンジンブロックを押しつけポリパテをはみ出させます。
ポリパテが半硬化状態になったら一度外し、再び押しつけて完全硬化します。
 
硬化したらパーツを外し、洗浄して油を落としたら整形します。
2056_20191012024701
削った部分をプラ板で再生しました。
プラ板で作ることで左右対称を出しやすくしてます。
2067_20191019062301
左右エンジンブロックの縁も整形が酷かったので削り落とし、プラ板で再生しました。
2045_20191010025101
船首内側カタパルトの基部は幅が狭いのでプラ板を貼り、幅増ししました。
2062_20191019062301
カタパルト先端の台形モールドはすべて削り落とします。
2070_20191019062301
カタパルト先端外側は凸凹してるので、ヤスリを掛け平らにしたらプラ板を貼ります。
 
■ベース製作
2060
ベースにはタミヤのディスプレイベース大を使いますが、ベースの一辺は垂直になってるのでプラ板で斜めにしました。

| | コメント (0)

2018年10月 7日 (日)

ランスロット(Fate/Grand Order)完成

Top
とらの会製ガレージキット、ランスロット完成しました。
 
TINAMIに画像を投稿しました。
画像はコチラ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月 8日 (水)

ランスロット(Fate/Grand Order)製作記

2028

次のお題は「とらの会」の「ランスロット」です。
当日版権のガレージキットです。
 
依頼品なのでオーダーに従い制作します。

■洗浄(2018.8.8)
2030

今回製作するのはレジン製のガレージキットなので、まずは離型剤落としのため洗浄します。
ポリデントを溶かしたお湯に漬け込んだら中性洗剤+クレンザーでガシガシ洗います。
2032
洗浄が終わったら食器乾燥機で乾燥させます。

■バリ取り・気泡埋め(2018.8.11)
2036
パーツが乾いたらゲート・パーティングラインを処理します。
スクレーパーやダイヤモンドヤスリで処理します。
2034
パーツの処理中に気泡を見つけたら埋めます。
レジン棒を削り、瞬着で気泡に接着したら削り出します。
2042
今回製作するのはアクションフィギュアですので、動かしたときの塗装のハゲる危険性が有ります。
そこで、塗料の食い付きを良くするために表面を荒らしておきます。
 
パーツ右側が処理した状態です。
HiQPartsのロックピンセットにゴットハンドの神ヤスを挟んでヤスリ掛けしました。

2043
アーマーが重なってる所はマイクロチゼルでスジボリをして別パーツ感を増してます。
 
■軸穴開口(2018.8.18)
2051
ジョイント軸穴を開けるときはドリルにテープで目印をしておき、掘り過ぎない様にします。
2048
プラボールの受け口はドリルで大体の大きさの穴を開けたらリューターで少しずつ様子を見ながら仕上げます。
2056
股関節ジョイントの受け穴はキットの指定では水平に開ける様になってますが、それですとジョイント軸を半分ぐらいカットしないといけません。
そうすると保持力に不安が出るため依頼主と相談して斜めに開口する形にしました。
 
斜めにする事で可動にクセが出ますが穴の深さを稼げます。
これでも少し軸を切らないといけないのですが保持力は十分あります。
2058
股間と肩のジョイントは片側を少し切り詰める必要があります。
短くしたジョイントの長さがバラバラだと困るのでプラパイプでゲージを作りました。
 
このゲージにニッパーの刃を当て、軸をカットします。
これでジョイント長さを統一できます。

■仮組(2018.8.26)
2067
ランスロット仮組出来ました。

各部がトゲトゲで、それがシャープに造型されていてカッコイイです。
その分エッジの気泡処理が大変でしたが、しっかり処理しないと原型の良さをダメにしてしまうので丁寧に処理しました。

この後バラして2度目の洗浄です。
 
■スジボリ(2018.8.31)■
2083
太股等に有る黒い線は凸モールドになってます。(青線)
コレの縁をケガいておくとスミ入れで塗り分けがハッキリします。
数が多いので大変ですが、ココでしっかりやっておけば後々楽になり、結果時間も短縮できます。
 
鎧の紫と黒い部分の境界線もスジボリします。(赤線)
ココは鎧が重なってる部分でもあるので深めにスジボリしておきます。
 
■2回目洗浄(2018.9.5)■
2089
パーツの加工が終わったら2度目の洗浄をします。
 
2度洗浄することで離型剤落としを確実にし、作業で付いた削りカスや手の脂を除去します。

■サフ吹き(2018.9.6)
2021
パーツを乾かしたらガイアのマルチプライマーを吹いた後、サフを吹きます。
 
■パーツ加工
2034

手首と肩には細かい飾りを付けますがパーツが小さいので慎重に作業します。
 
飾りを接着したら飾りの周りをスジボリして別パーツ感を出します。
2085
手に持つ鉄パイプの先端は資料を参考に凸凹に加工しました。

■最終仮組(2018.9.17)
2086
ランスロット、最終仮組しました。
全てのパーツを付けて各部をチェックします。
2089
背中から生えるビット(?)は自遊自在という針金で接続しました。
針金は自由に曲げられるのでポーズに合わせられます。

チェックをして問題なかったのでバラして塗装です。
 
■塗装(2018.9.19)
2091
鎧の黒い部分をガンメタで塗るために下地の黒を吹きます。
2098
ガンメタをMAX塗りしたらマスキングします。
2100
マスキングしたらベースグレーを塗り、鎧色の暗いメタリックパープルをMAX塗りします。
塗り終わったらやや明るい塗料でハイライトを入れます。
2096
アロンダイトは側面を塗ったらマスキングして全体を塗ります。
2102
頭から生えている布状の物は2段階にグラデ塗装しました。
2104
手足の黒い線はシタデルで筆塗りしました。
2106
鎧の溝等にスミ入れしました。
2170
シダテルとスミ入れのエナメルの保護に半ツヤクリアを吹きました。
2173
鎧部分にレイヤーバイオレットをコートしました。
2176
全体にスモークを吹き、トーンを落としました。
2178
目と鉄パイプの発光部分をシタデルで赤く塗りました。
2181
全体を半ツヤクリアで仕上げます。
頭の布部分はツヤ消しにしました。
 
クリアが乾燥したら組み立てて完成です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月21日 (土)

山の翁(Fate/Grand Order)完成

Ti01
放課後リボル部製ガレージキット、山の翁(キングハサン)完成しました。
 
TINAMIに画像を投稿しました。
画像はコチラ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月 1日 (木)

山の翁(Fate/Grand Order)製作記

2125

次のお題は「放課後リボル部」の「山の翁(キングハサン)」です。
当日版権のガレージキットです。
 
依頼品なのでオーダーに従い制作します。
 
■洗浄(2018.3.2)
2129
今回はレジン製のガレージキットなので、まずは離型剤落としのため洗浄します。
ポリデントを溶かしたお湯に漬け込んだら中性洗剤+クレンザーでガシガシ洗います。

■パーツ切り出し(2018.3.4)

2130
洗浄して乾燥させたらパーツを切り出します。

今回のキットは個人成型です。
パーツの表面は割と綺麗なのですが業者成型に比べるとゲート位置やパーティングラインの処理が粗いです。
これらは業者成型ですとパーツ処理がし易いように考えられてるのですが、個人成型でそれを望むのは無茶ってもんです。
ゲートカットはパーツの形状を変えないように注意しながら整形していきます。
パーツを処理しつつ、可動ジョイント接続用の穴も開けていきます。
 
■穴開け(2018.3.9)2031
パーツの大まかなバリ取りが終わったので関節ジョイントを嵌める穴を開けます。
レジン表面のままだと状態が分かり辛いので、穴開け箇所にサフを筆塗りします。
これで、開口前に当たりを打つ針の位置や穴開けの具合も分かり易くなります。
 
■仮組(2018.3.12)

2019
山の翁、仮組しました。
もの凄いボリュームで造型も良くカッコイイです。

とりあえず関節ジョイントを組み込んだ状態で細かいパーツは付いていません。
関節の調整もマダマダです。 
関節はタイトにした方が見栄えは良いのですが、やりすぎると可動範囲が狭くなってしまいますので、細かい調整が必要です。

■各部加工(2018.3.14)
2022
今回はアクションフィギュアなので動かした時、各部が当たる可能性があります。
塗料の食い付きを良くするため関節部を中心にヤスリ掛けしておきます。

細かい所のヤスリ掛けにはHiQPartsのDCロックピンセットが便利です。
以前から細切りしたペーパーをピンセットで挟んで使うことはしてたんですがピンセットがロックされて摘む力が要らないことが、こんなに楽だとは思いませんでした。
品質が良い分、お値段も高いですがもう1個ぐらい欲しいです。
2021
ヤスリ掛けが終わったら2度目の洗浄をします。

再洗浄することで離型剤を確実に落とします。
2025
パーツが乾いたらガイアのマルチプライマーを塗った後、サフを吹きます。

2029
サフを吹くと表面の状態が良く分かるので、気泡や欠けを修正します。

黒瞬着を使って気泡を埋めます。
黒瞬着は流動性が高く、エッジなどの盛り付けには不向きですが、タミヤの瞬着硬化促進剤を塗ってから盛れば多少は盛れます。
盛った後は瞬着硬化スプレーで完全硬化させます。
2031
マントのギザギザ部分のバリ取りにはファンテックの超硬スクレーパーが便利です。
デザインナイフだとやりにくい奥まった部分も削れます。
プラパイプの組み合わせでグリップを作りました。

2033
さらにサフを吹いて表面をチェックします。
埋め切れてない気泡や傷をプラパテを使って埋めます。

処理したらサフを吹きます。
2053
右手のひらと剣のグリップにネオジム磁石を埋めて脱着できるようにしました。
最初2ミリの磁石を埋めたのですが保持力が足りずギリギリでしたが3ミリの物に替えました。

グリップのネオジムは表面に黒瞬着を塗って隠します。
2054
手首にボールジョイントを埋め込みました。
これでポーズを取ったとき、手に表情が出せます。
2075
キットで股関節はボールジョイントを使うように指定してたのですが、チョット動かし辛かったので球体ジョイントに替えました。

ジョイント軸の深さを確保するために斜めに穴を開けてます。

2086
剣に刺さってる釘はレジンパーツが有りますが、こういったシンプルなパーツはプラ棒+プラパイプで自作した方が早いし精度も出せます。
2090
全てのパーツの加工が終わったので仮組みしてチェックします。
関節の調整も済みました。

これからバラして塗装です。

※右手のトゲの向きが間違ってるとディーラーの方からご指摘頂きました。
完成時は間違えないように注意します。

2019
足の付け根はイエサブ球体ジョイントを斜めに挿してます。
 
そのためちょっとジョイントがボディから浮いてます。
完成すると余り見えないところとは言え、このままでは見た目が悪く可動させたとき軸への負荷も多そうです。

2024
そこで、ジョイントの受けを作るためポリパテを塗りジョイントを押しつけました。
 
昔、自作ガレキを作ったときの治具が役に立ちました。
2027
ポリパテが半硬化したら一度外し、治具を戻したら完全に硬化させます。
治具を外したら成型して完成です。

これで見た目も良くなりました。

■塗装(2018.3.31)

2036
鎧各所に有る紫を塗ります。
2039
関節ジョイントも塗装するように指示されたので塗ります。
プライマーを塗ってから黒サフ→塗装します。

色を間違えないように台座にメモをしておきました。
2042
紫部分をマスキングしたら黒サフを全体に塗ります。
2043
マント等、布部分は黒にベースグレーでMAX塗りしました。
さらに明るいベースグレーでハイライトを入れてます。

2045
ドクロ部分はベースグレー→白でMAX塗りしました。

2051
胴の鎧はベースグレー→少し明るいベースグレーでMAX塗り→スモークです。
2047
手足の鎧はガンメタ→スターブライトアイアンでMAX塗り→スモークです。
 
鎧部分はスモークを塗ることで深みを出してます。
2054
剣は中央をスターブライトアイアン、縁をガンメタで塗りました。
ここからマスキングして巻き付けてある布を塗ります。

2068
肩アーマー前面の板はスプリング接続にしました。
2069
これで、可動に合わせ板が動くので胴体との干渉を解消できます。

2066
スミ入れが終わったら保護のためクリアを吹きます。
2070
クレオスのレイヤーバイオレットでフィルタリングします。
2074
鎧のエッジにタミヤのウェザリングマスター銀でドライブラシします。

ウェザリングマスターは粉状なので保護のために半ツヤクリアを吹きます。
マント等、布部分はツヤ消しクリアを吹きました。
2080
目玉にはH・アイズを埋め込みました。
2082
胸と剣のドクロは発光してる風にグラデ塗装しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月16日 (土)

1/1200 アレキサンドリア 完成

Photo

1/1200 アレキサンドリア完成しました。
 
画像はコチラ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月14日 (木)

1/1200 アレキサンドリア 製作(組立)

2130
アレキサンドリア、全ての行程が終わり組み立てました。

左右のエンジンブロックはブリッジから生えた板で支えられているのですが、その板が薄くピッタリとした位置に固定するのは難しいです。
2122
そこでプラ板で治具を作りました。
2134
この板を船体とエンジンブロックの間に挟み、左右からクランプします。
この状態でエンジンブロックを繋ぐフレームをドライヤーで熱し、レジンを柔らかくして矯正します。

この板は模型発送時に嵌めておけば郵送による破損防止に役立ちます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月12日 (火)

1/1200 アレキサンドリア 製作(ウェザリング)

2111
塗装が終わったのでマスキングテープを剥がします。

テープを剥がすにはホーザンのプラチップピンセットが便利です。
先端がプラ製なので塗装面を傷つけずに済みます。
2115
テープを剥がし終わったらエナメルのダークブラウンでウォッシングします。
筆で大まかに塗ったらキムワイプで方向を考え拭き取ります。
2120
ウォッシング後はタミヤのウェザリングマスターでパネルラインの汚れを施します。
パネルラインの欲しい場所にマスキングテープを貼ってウェザリングマスターを擦りつけます。
2124
同じくウェザリングマスターで砲口にもスス汚れを追加します。
2129
ウェザリングが終わったらツヤ消しクリアを吹きます。

ツヤ消しクリアはガイアのフラットクリア+クレオスのフラットベース・なめらかスムースです。
良い感じのツヤ消しになってくれました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 6日 (水)

1/1200 アレキサンドリア 製作(塗装2)

2098
まずは船体の基本色を塗ります。

これがパネルの色になります。
2101
パネルを再現するため細切りマスキングテープを貼ります。
2104
MAX塗りの下地のベースグレーを塗ります。
2108
基本色+白少々をエッジを残すように細吹きします。
 
さらに白を少々足してハイライトに吹けば基本塗装は完了です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 1日 (金)

1/1200 アレキサンドリア 製作(塗装)

2092
モビルスーツカタパルトの赤、ブリッジの黄色、船体先端の黄橙色の下地用にピンクサフを塗りました。
この後、それぞれの色を塗ったらマスキングします。
2093
船体にはフレームと思われるモールドが何ヶ所か有りますが、設定では色は船体色と同じです。
模型的に色を分けた方がメリハリが付くと思い依頼主と相談してニュートラルグレーで塗りました。

主砲・副砲・機銃も船体色と同色なのですが、これらも同じ理由でニュートラルグレーで塗装しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

バンダイ ハセガワ ファインモールド コトブキヤ PLUM ピットロード WAVE B-CLUB アオシマ アルカディア(旧やまと) ボークス プラッツ タカラトミー グッドスマイルカンパニー ベルファイン タミヤ プラモデル ガレージキット 完成トイ 機動戦士ガンダム エルガイム 装甲騎兵ボトムズ 聖戦士ダンバイン 戦闘メカザブングル 機甲界ガリアン 無敵超人ザンボット3 クラッシャージョウ 宇宙戦艦ヤマト キャプテン・ハーロック 銀河鉄道999 スタジオジブリ 未来少年コナン エヴァンゲリオン ふしぎの海のナディア グレンラガン アーマード・コア PSO レイストーム アイドルマスター メダロット Fate/stay night バーチャロン リリカルなのは マクロス 機動戦艦ナデシコ テッカマンブレード ガールズ&パンツァー タイムボカン ナイツ&マジック スターウォーズ サンダーバード 松本零士 宮崎駿 メカコレ ガンコレ ロボット魂 ミニプラ ねんどろいど ビークルモデル 1/12 1/24 1/35 1/48 1/60 1/72 1/100 1/144 1/400 1/500 1/700 1/1000 1/1200 1/1500 1/1700 1/4000 1/6000 鉄巨神 プロマキス ウィンガル ファイター1 VF-11 02 YF-19/VF-19 01 YF-19/VF-19 02 YF-19/VF-19 03 マクロス 要塞艦 VF-25 VF-4 ブラックサレナ ギガント 山の翁 ランスロット ザンボット3 ブラスターブレード Ν-ノーチラス号 テスタロッサ01 テスタロッサ02 サンダーバード2号 サンダーバード4号 サンダーバードS号 ドラムロ グランビートル カイゼルビートル テムジン アルカディア号01 アルカディア号02 アルカディア号03 ホワイト・グリント01 ホワイト・グリント02 R-GRAY1 ネルフ司令官専用垂直離着陸機 アースラ01 アースラ02 ガンヘッド 星井美希 宇宙戦艦ヤマト04 宇宙戦艦ヤマト05 宇宙戦艦ヤマト06 宇宙戦艦ヤマト07 宇宙戦艦ヤマト08 連合宇宙艦隊セット コスモゼロ01 コスモゼロ02 コスモファルコン01 主力戦艦[完結編]01 主力戦艦[完結編]02 駆逐艦[完結編] プリンス・オブ・ウェールズ シュルツ艦 ナスカ01 ナスカ02 三段空母 多層式航宙母艦 シュデルグ デスラー艦[Ⅲ版] ガミラス艦セット1 戦闘母艦 ミランガル アンドロメダ ノイ・バルグレイ アルビオン02 リリー・マルレーン デンドロビウム ノイエ・ジール アウドムラ ギャロップ01 ギャロップ02 ギャロップ03 アストレイ 61式戦車 ガルダ ゼネラルレビル 01 ゼネラルレビル 02 アレキサンドリア サザビー X-wing04 X-wing05 X-wing レジスタンス仕様 01 AT-ST R2-D2 R5-D4 タイ・ファイター タイ・アドバンスト ナブー・スターファイター ミレニアム・ファルコン 02 AT-M6 愛国丸 さつま フランカーD スピットファイア 4号戦車 九七式中戦車 九五式軽戦車 ティーガーI BT-42 センチュリオン T-34/85 B1bis 八九式中戦車甲型 クルセイダーMk.Ⅲ チャーチル歩兵戦車 Mk.Ⅶ あんこうチーム 知波単学園 メカブトン 01 メカブトン 02 アールカンバー グゥエール 年賀状 その他 とらドラ! みなみけ キャロットウェポン射出カプセル シルフィード ダライアス ノヴェンバー・ステップス ノーチラス ベホイミちゃん レイノス ロストプラネット 斑鳩 模型イベント 清姫 紋章機 通信販売