ガレージキット

2022年4月14日 (木)

1/1200 ガルダ(UC版)制作3

1/1200 ガルダ(UC版)制作1→コチラ
1/1200 ガルダ(UC版)制作2→コチラ
 
■最終仮組(2022.4.14)
Img_4067
すべての工作が終わったので、仮組してチェックします。
問題なかったので塗装に入ります。
 
■塗装
Img_4071
窓の黄色、航行灯の白・赤・青、メガ粒子砲口の赤をマスキングしながら塗っていきます。
Img_4073
主翼前面のダクトとエンジンカバーにグレーを塗りました。
Img_4081
船体のパネル色を塗ったらマスキングしてパネルを再現します。
Img_4083
ベースグレーを全体に塗ります。
Img_4085
エッジを残す様に機体色を細吹きします。
Img_4087
マスキングテープを剥がし、パネル色に違和感が有ったら機体色を上塗りして馴染ませます。
Img_4089
サブブリッジと整流板を残してマスキングします。
Img_4091
整流板を塗装後にマスキングします。
その後、サブブリッジを機体色同様に
パネル色→マスキング→ベースグレー→サブブリッジ色細吹き
と塗りました。
Img_4093
機体全体をエナメル塗料のダークブラウンでウォッシングします。
拭き取りは汚れの方向を考え拭き取ります。
Img_4096
機銃を接着したら全体につや消しクリアを吹いて完成です。
 
■完成(2022.4.27)
03
「1/1200 ガルダ(UC版)」完成画像UPしました。
画像はコチラ

| | コメント (0)

2022年1月26日 (水)

1/1200 ガルダ(UC版)制作2

1/1200 ガルダ(UC版)制作1→コチラ
 
■仮組2(2022.1.26)
Img_3961
支柱が出来たので、ベースの支柱位置を決めるため仮組みしました。
ネームプレートも含め、場所を決めます。
 
■各部加工2
Img_3963
キットのハッチは開閉選択式で開いた状態でタラップが出た状態になってます。
Img_3968
今回は閉状態で制作するためプラ板で新造しました。
ディティールもUC版にしてあります。
 
■船艇改修
006
UC版で追加された艇底左右のスリットを再現します。
Img_3972
UC版は左右の張出しが大きくなっています。
まずゲージとしてキットのパーツにプラ棒を接着します。
Img_3974
キットのモールドを潰さないようにマスキングテープを貼ったらポリパテを盛ります。
Img_3977
船艇パーツ左右の張出し出来ました。
Img_3996
船艇に合わせ後部の張り出しも大きくします。
離型処理した船艇パーツと後部パーツの間にポリパテを充填しパーツ同士を押し付けます。
Img_3999
ポリパテが硬化したら船艇パーツを外し整形します。
Img_4001
船艇前部分の整形もしました。
Img_4004_20220306154801
船艇左右のスリットを彫ります。
使用済みデザインナイフの刃を交互に重ね合わせ、グラインダーで削った物を使って彫りました。
Img_4006
スリット一通り彫り終わりました。
ココから彫りの荒い所を修正します。
Img_4037
船艇前部にパネルを張ります。
マスキングテープをガイドにプラチップを貼り付けていきます。
Img_4040
プラチップ貼り終わりました。
Img_4045
船艇前部にスリット、後部にディティールを追加しました。

■エンジンカバー改修
Img_3979
主翼上部のエンジンカバーをUC版にする為、後部を垂直にカットします。
Img_3980
カバーにスジボリをします。
HiQPartsの「スジボリ用ガイドテンプレート ジグ2」を使い彫りました。
Img_3982
プラ板でノズルカバーを作りました。
後端は斜めに削り、スジ彫りを彫りました。
Img_3985
ノズルはメタルパーツへの変更を依頼されたので、ノズル用の台座を作ります。
まず、プラ板にノズル位置に合わせた穴を開けます。(画像左)
開けた穴にアルミ線を接着します。(画像右)
Img_3988
アルミ線を整形したらノズルを仮置しプラ板の不要部分をカットします。(画像左)
台座を延長するためプラ棒を接着します。(画像左)
Img_3995
台座にノズルを接着したらジグを使いノズル位置をカバーより少し低くして接着します。
Img_4048
エンジンカバーに整流フィンを付けます。
プラチップを両面テープに貼り、三角に切ります。
Img_4050
マスキングテープをガイドにフィンを接着します。
 
■洗浄・サフ吹き
Img_4009
一通りの加工が終わったので、パーツを洗浄して乾燥させます。
Img_4011
プライマーを吹いてからサフを吹きました。
 
■各部加工3
Img_4013
垂直尾翼の航行灯が省略されてるので再現します。
プラ棒を仮止めしてプラ板を接着します。
Img_4015
プラ棒を航行灯の形に削り出しました。
Img_4017
キットのメガ粒子砲バレルは整形不良で一部欠けてました。
修正も考えたんですが、軸が金属線の方が強度が上がると考え、作り直すことにしました。
Img_4026
まずは薄厚プラパイプをリング上に削り出します。
Img_4028
プラ棒にマスキングテープを巻きつけ印をしたら0.5ミリの真鍮線を接着します。
Img_4034
リングを4分割したら完成です。
Img_4052
インテーク前の整流板を追加します。

整流板に合わせスジ彫りをします。
整流板を埋め込む部分は深く幅広に彫ります。
Img_4054
プラ板で作った整流板を接着しました。
Img_4056
機体中央上面にアンテナを追加します。
 
まずは基部をプラ板で作り、貼付けたら穴を開けます。
Img_4059
エッチングのアンテナを接着しました。
Img_4062_20220409113101
機体後部上面にスジ彫りを追加しました。
整流フィンも追加してます。
 
全体にサフを吹いてチェックしたら仮組みします。
 
1/1200 ガルダ(UC版)制作3に続く


| | コメント (0)

2022年1月 5日 (水)

1/1200 ガルダ(UC版)制作

■製作開始(2022.1.5)
Img_3896
次のお題は「んどぱら屋」の1/1200「ガルダ(UC版)」です。
当日版権のガレージキットです。

依頼品なのでオーダーに従い制作します。
 
■洗浄
Img_3899
「ガルダ」はレジン製のガレージキットなので、離型剤を落とします。

まずはポリデントを溶かしたお湯に漬け込みます。
Img_3900
パーツを中性洗剤+液体クレンザーで洗ったら乾燥させます。
Img_3903
キットはレジン軸で接続する仕様ですが、微調整が効かないのでアルミ軸接続に変更します。
 
■仮組(2022.1.10)
Img_3908
仮組みしました。
キットの原型はよく考えられており整形はキレイなのですが、パーツごとのレジンの収縮率の違いで隙間が出来るので修正していきます。
 
■各部加工
Img_3926
リアハッチ上のモールドが片側欠けていたので真鍮線で作り直しました。
接着した後、瞬着パテで整形します。
Img_3929
このキットは元々TV版として製作された物を改修してUC版として販売された物です。
その為、UC版とディテールが違う所が有るので手を入れます。
 
UC版はサブブリッジ後ろの窓が前部の窓と同形状に成ってるので彫りました。
Img_3931
キット付属の金属砲身は脱脂後、ゲートに付いたまま穴開けをした砲台に接着します。
その後、砲台をゲートから切り離し仕上げます。
Img_3938
機体にはTV版の機銃のモールドが有るので削り落とし、穴を開けます。
穴開けの最後はスピンブレードで底面を平にするのですが、同じ深さにするためスピンブレードにはプラパイプでゲージを付けます。
 
機銃は角度違いで何種類か有るので場所に合わせ接着します。
Img_3933
主翼翼端のアンテナは自作する必要が有るため、ガイドに沿って溝を彫ります。
ガイドテープはなるべく長くして水平を出しやすくします。
Img_3935
溝に合わせ真鍮線を接着します。
溝を彫ってるので接着強度が上がります。
 
■ベース制作
Img_3940
ベースは機体に穴を開けない形を依頼されましたので、支柱を自作します。
 
まずは、機体下部に合わせたプレートを作ります。
パソコンで作図したものをプリントアウトしてプラ板に貼り切り出します。
Img_3943
次に支柱をプラ棒で作ります。
ゲージを使って垂直に接着します。
Img_3945
コの字型に接着した支柱に板を貼ります。
機体下部の曲率は前後で微妙に違うので作り分けます。
Img_3947
機体下部に磁石を埋め込むために穴を開けます。
なるべくディティールに影響のない場所に開けます。
Img_3949
穴にネオジム磁石を埋めます。
表面は埋めるので少し下げて埋め込みます。
Img_3951
穴を瞬着パテで埋めました。
元々有ったアクションベース用のガイド穴も埋めました。
Img_3953
支柱のカーブ部分は中空にして磁石を内蔵しました。
機体下部に仮止めして磁石を吸着させ位置を決め接着します。
Img_3955
機体下部・支柱共に磁石を露出させてないので磁力は落ちてますが、支柱が落ちない程度には吸着します。
 
1/1200 ガルダ(UC版)制作2に続く

| | コメント (0)

2021年11月21日 (日)

1/1000 ガデラーザ完成

■完成(2021.10.24)
Top
「1/1000 ガデラーザ」完成画像UPしました。
画像はコチラ

| | コメント (0)

2021年9月21日 (火)

1/1000 ガデラーザ制作5

1/1000 ガデラーザ制作1→コチラ
1/1000 ガデラーザ制作4→コチラ
 
■仮組5(2021.9.21)
Img_3716
最終仮組みしました。
まずは巡航モードです。
Img_3720_20210921180301
戦闘モードです。
Img_3723
チェックして問題なかったので、バラして塗装です。
 
■塗装(2021.9.24)
Img_3730
GNドライヴ発光部は銀下地にクリアオレンジで塗ります。
クリアカラーは上塗りすると浮き上がってくる危険性が有るので、不要な部分をマスキングしてから塗装します。
クリアオレンジ保護用にクリアを吹いたらマスキングしてGNドライヴボディ色を塗ります。
Img_3735_20211010170601
GNファングコンテナ先端センサーを白下地にクリアイエローで塗りました。
不要部分はマスキングしてます。
Img_3737
GNブラスター放熱パネル内側を銀に砲身内側をスターブライトアイアン+銀で塗りました。
Img_3740
GNブラスター砲身・隠し腕銃身をガンメタで塗りました。
Img_3742
フレームを塗りました。
Img_3747
ボディ赤部分のパネル色を塗りました。
Img_3750
パネル部分をマスキングします。
Img_3752
ベースグレーを塗り、赤色を細吹きします。
Img_3756
パネルのマスキングを剥がしました。
この上に赤色を薄く塗り馴染ませます。
Img_3759
ボディ紫のパネル色を塗ってマスキングしました。
Img_3761
パネル用マスキングを剥がしました。
Img_3763
マスキングの都合でボディ紫より先に塗り辛かった赤を塗りました。
Img_3766
センサーにクリアイエロー、目に蛍光レッドを塗りました。
Img_3767
塗装が終わりましたので、全体をエナメルのダークブラウンでウォッシングします。
Img_3773
タミヤのウェザリングマスターを使ってパネルラインの追加をします。
マスキングテープを貼った所にウェザリングマスターを擦り付けてラインを再現します。

完成画像→コチラ

| | コメント (0)

2021年7月 3日 (土)

1/1000 ガデラーザ制作4

1/1000 ガデラーザ制作1→コチラ
1/1000 ガデラーザ制作3→コチラ

■仮組4(2021.7.3)
Img_3597
巡航モードで仮組みしました。
スジボリ等でのディティール追加で密度が増しました。
Img_3599
戦闘モードです。

各部を仕上げつつ、最終的なディティールを追加して行きます。

■パーツ加工4
Img_3632
左右ウイング後端にプラ板とスジボリでディティールUPしました
Img_3634
GNブラスター放熱パネル下にスジボリします。
 
まずはガイドテープを並べて貼っていきます。
Img_3636
スジボリをしたらテープを剥がし、最後尾に貼り直します。
テープはひっくり返して貼り、使って無い面でスジボリ出来る様に印をして置きます。
Img_3639
上下ともスジボリ終わりました。
GNブラスター放熱パネルを開放した時、良いアクセントになります。
Img_3640
GNブラスター内壁にディティールを足します。
スリット入りプラ板を底面に合わせてカットします。
Img_3642
放熱パネル固定用の穴に合わせプラ板を前後に分けます。
分けたプラ板に隙間を作ります。
閉状態の放熱パネルを外す時、この隙間にプラ板を差し込んで押し出せる様にしました。
Img_3644
GNブラスター上面のモールドをプラ板で作り直しました。
このモールドはセンサーと解釈して制作しました。
Img_3646
GNドライヴ基部フレーム中央にはアクションベースを差し込めるように穴が空いてました。
今回、ディスプレイベースを自作したのでプラ板で塞ぎました。
Img_3648
GNドライヴの丸い凹みに半円リベットを貼ります。
Img_3652_20210723004901
表面をフラットに削りました。
Img_3655
各アームの接合部を彫り込みます。
コレによりアームが伸縮する感じに出来ます。
Img_3658
全アームのスジボリ終わりました。
Img_3659
首をボールジョイント接続に変更します。
3Dプリンターのパーツは中空なので穴を貫通させプラパイプを埋め込みます。
Img_3662
ボールジョイント接続の首が出来ました。
Img_3664
ボールジョイント接続により頭が自由に動かせるようになりました。
Img_3669
GNブラスター発射口に市販パーツでディティールアップしました。
Img_3667
GNファングの小羽が欠けていましたので、修正します。
Img_3673
プラ板を使い再生しました。
Img_3677
プラ板でGNファングの台座を制作しました。
Img_3679
表面のチェックにサフを吹きました。
表面を仕上げつつ、最終ディティールを追加して行きます。
Img_3692
GNブラスター発射口側面にディティールを追加しました。
Img_3694
本体とGNファングコンテナを繋ぐフレームはただの棒だったのでプラパイプで段差を付け、よりフレームっぽくしました。
Img_3697
頭部側面のダクトを彫りました。
Img_3707
表面チェックの為にサフを吹きました。
3Dプリンター特有の積層跡の処理に少々手間取ってます。
Img_3710
プラ板チップを貼って、ディティールアップします。
バランスや干渉してないかをチェックするためにある程度組み立ててから貼っていきます。
 
1/1000 ガデラーザ制作5に続く

| | コメント (0)

2021年4月 4日 (日)

1/1000 ガデラーザ制作3

1/1000 ガデラーザ制作1→コチラ
1/1000 ガデラーザ制作2→コチラ

■仮組3(2021.4.4)
Img_3505
巡航モードで仮組みしました。
Img_3509
戦闘モードです。
各モードのジョイントを作ったので形態が安定しました。
 
各部の仕上げとディティールアップに入ります。

■パーツ加工3
Img_3510
船体中央とウイングの間に隙間が有ったのでプラ板で埋めました。
Img_3512
ウイング上部から生える隠し腕も市販ジョイントを使い可動化しました。
Img_3515
隠し腕カバーは表面が直線的なのでヤスリを掛け緩やかな曲面を再現しました。
キットでは展開状態アームの腕カバーが省略されてるので、プラ板で制作しました。
Img_3522
ウイング上部のインテークは縁を盛り上げアクセントを付けました。
Img_3523
スジボリ用のテンプレートとカーバイトを使って、スジボリをします。
idola エッチングガイド3[ステルスタイプ]がイメージ的にピッタリだったので使用しました。
Img_3527
胴体上面のスジボリ、一通り終わりました。
この後、裏面をスジボリしたらサフを吹いてチェックします。
Img_3530
ウイング下部コンテナの差替部分の合わせが悪かったので、離型処理をした後ポリパテを押し付けました。
Img_3532
ウイングと胴体の接合面にスジボリをしてフレームを再現しました。
Img_3534
ウイング下部コンテナの後面にフレームのモールドを追加しました。
Img_3536
ウイング下部コンテナ差替部分の接合部修正、終わりました。
キットはハメ合わせがキツかった上に位置がズレていた為、修正に時間が掛かりました。
Img_3538
ウイング下部コンテナ全面にスジボリを追加しました
Img_3540
コンテナ後方に付くフィンにスラスターノズルを追加しました。
Img_3542
GNファングコンテナは合いがかなり悪かったので、修正に手間取りました。
Img_3544
円形部分にスジボリを追加しました。
プラ板で作った円盤をガイドにファンテック製「超硬けがきニードル」で彫りました。
Img_3546
GNファング射出口上面にスジボリしました。
Img_3548
コンテナ円形部分のエッジを落としました。
黒サフを塗ってから削るとチェックし易いです。
Img_3552
GNドライブフレーム下面の縁を段落ちに削りました。
こういった作業はスジボリ堂のBMCダンモが便利です。
Img_3553
GNドライブの凹みは整形が荒れていたので、パテを盛ってリューターで彫り直しました。
Img_3556
GNドライブ側面にスジボリを追加しました。
Img_3558
GNドライブフレーム側面にプラ板を貼り、段差を付けました。
Img_3559
GNドライブフレームのスジボリ終わりました。
Img_3562
GNブラスター先端にスジボリを追加し、さらに側面にプラ板を貼ってディテールアップしました。
Img_3564
GNブラスター放熱パネルにスジボリしました。
Img_3566
GNブラスター側面をスジボリとプラ板チップでディテールアップしました。
Img_3567
GNブラスター上部側面のパーツにスジボリとノズルを追加しました。
Img_3569
胴体にスジボリ追加しました。
Img_3488
キットの頭部アンテナはただの板なので設定通りに作り直します。
Img_3571
センターを出し易いように色違いのプラ板を接着し、左右対象に制作する為2枚を瞬着で仮止めします。
Img_3580
2枚を張り合わせたまま、アンテナの形に削り出します。
Img_3582
仮止めしたプラ板の間にナイフを入れ切り離したら側面を削りアンテナ完成です。
この後、仕上げつつシャープにしていきます。
 
一通りの工作が終わったので、サフを吹いて仮組みです。
 
1/1000 ガデラーザ制作4に続く

| | コメント (0)

2021年3月12日 (金)

1/1000 ガデラーザ制作2

1/1000 ガデラーザ制作1→コチラ

■仮組2(2021.3.12)
Img_3478
戦闘モードで仮組しました。
腕の付け根に可動部を仕込んだので表情が出せる様に成りました。
 
■パーツ加工2
Img_3487
巡航モードの時は問題なかったのですが、戦闘モードで台座に乗せると左右が安定しなかったので支柱左右に張出しを追加しました。
Img_3492
キットではGNブラスターの展開は発射口のパーツで接続されてる箇所をスライドさせて再現してますが、位置が安定しません。
そこで開閉専用のジョイントをそれぞれ作り、差し替える形にしました。
Img_3491
GNブラスター展開状態です。
位置が安定しました。
Img_3495
巡航モード用ジョイントは大きさが足りなかったので、プラ板を貼りピッタリなサイズにしました。
Img_3498
戦闘モード用ジョイントにキットでは自作する様に指示されてるシリンダーを追加しました。
作業し易い様に一度シリンダー受け部を切り離してます。
Img_3500
閉状態のGNブラスター放熱パネルをプラ板で制作しました。
前後のパネルを一体化することで隙間を無くします。
Img_3504
戦闘モード時に下部コンテナから生える隠し腕を市販のジョイントを使って可動にしました。
先端も切り離しソフトプラ棒接続にして角度を変えられる様にしました。
 
1/1000 ガデラーザ制作3に続く


| | コメント (0)

2021年2月21日 (日)

1/1000 ガデラーザ制作1

■製作開始(2021.2.10)
Img_3406
次のお題は直出屋製「1/1000 ガデラーザ」です。
当日版権のガレージキットです。

依頼品なのでオーダーに従い製作します。
 
■洗浄
Img_3414
キットは3Dプリンターによる出力品で素材はABSです。
 
3Dプリンター製パーツは初制作なので色々勝手が分からないのですが、とりあえずパーツを中性洗剤を入れたお湯に漬け込み洗浄します。
Img_3417
歯ブラシを使ってクレンザー+中性洗剤で表面を磨いたら洗浄して乾燥させます。
Img_3418
3Dプリンター出力のパーツにはサポート材が付いてるのでニッパーで荒く切り取り、ヤスリで仕上げます。
Img_3425
サポート材には板状のものも有り、パーツの形状を良く確認しながら除去します。
パーツとサポート材の間にナイフを刺し、ある程度切ったらサポート材をパキッっと割り取ります。
Img_3423
パーツには積層跡が有るのでヤスリ掛けして表面を滑らかにします。
Img_3427
大きなパーツは収縮で積層面から割れてる場合があります。
瞬着と瞬着パテで修復します。
Img_3429
パーツの積層面消しに全体をざっとヤスリ掛けします。
電動歯ブラシを改造したスピンヤスリが便利です。
 
仮組(2021.2.19)
Img_3435
ガデラーザ、仮組しました。
巡航モードです。
Img_3440
パーツを差し替え戦闘モードに出来ます。
 
■パーツ加工
Img_3446
背中パーツの厚みが足りなかったので、左右パーツにそれぞれ0.5ミリプラ板を貼り幅増ししました。
Img_3447
背中のパーツ左右を接着します。
多少パーツが歪んでいるのでしっかりクランプして接着します。
 
黒い接着剤を使うことでセンターラインを分かりやすくします。
Img_3457
積層跡のヒドイところはザッと削ってプラ板を貼って平にします。
Img_3459
一通りの表面加工が終わったら下地にプライマーを塗り、サフを吹き付けました。
Img_3462
ディスプレイベースの支柱を制作します。
ボール紙を使い現物合わせで型紙を作り、プラ板とプラ棒で制作しました。
Img_3470
船体を載せ何度か修正して支柱が形になりました。
Img_3468
台座に乗せるとこんな感じです。
Img_3472
GNブラスター放熱パネルを開状態で固定出来る様にします。
治具を使って欲しい高さに仮止めして、支柱を接着します。
Img_3474
支柱はこんな感じです。
適切な長さにカットします。
Img_3476
前後のパネル支柱が出来ました。
 
1/1000 ガデラーザ制作2に続く

| | コメント (0)

2021年2月15日 (月)

1/1700 ゼネラルレビル 完成

完成(2021.2.7)
Top4
「1/1700 ゼネラルレビル」完成画像UPしました。
画像はコチラ

| | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

バンダイ ハセガワ ファインモールド コトブキヤ PLUM ピットロード WAVE B-CLUB アオシマ アルカディア(旧やまと) ボークス プラッツ タカラトミー グッドスマイルカンパニー ベルファイン タミヤ フジミ プラモデル ガレージキット 完成トイ 機動戦士ガンダム エルガイム 装甲騎兵ボトムズ 聖戦士ダンバイン 戦闘メカザブングル 機甲界ガリアン 無敵超人ザンボット3 クラッシャージョウ 蒼き流星SPTレイズナー 宇宙戦艦ヤマト キャプテン・ハーロック 銀河鉄道999 スタジオジブリ 未来少年コナン エヴァンゲリオン ふしぎの海のナディア グレンラガン アーマード・コア PSO レイストーム アイドルマスター メダロット Fate/stay night バーチャロン シルフィード リリカルなのは マクロス 機動戦艦ナデシコ テッカマンブレード ガールズ&パンツァー タイムボカン ナイツ&マジック 科学忍者隊ガッチャマン スターウォーズ サンダーバード 松本零士 宮崎駿 メカコレ ガンコレ ロボット魂 ミニプラ ねんどろいど ビークルモデル 1/12 1/24 1/35 1/48 1/60 1/72 1/100 1/144 1/400 1/500 1/700 1/1000 1/1200 1/1500 1/1700 1/4000 1/6000 鉄巨神 プロマキス ウィンガル ファイター1 レイズナー ザカール VF-11 02 YF-19/VF-19 01 YF-19/VF-19 02 YF-19/VF-19 03 マクロス 要塞艦 VF-25 VF-4 ブラックサレナ ギガント 山の翁 ランスロット シルフィード シルフィード07 ザンボット3 ブラスターブレード Ν-ノーチラス号 ゴッドフェニックス ゴッドフェニックス02 テスタロッサ01 テスタロッサ02 サンダーバード2号 サンダーバード4号 サンダーバードS号 ドラムロ グランビートル カイゼルビートル テムジン アルカディア号01 アルカディア号02 アルカディア号03 ホワイト・グリント01 ホワイト・グリント02 R-GRAY1 ネルフ司令官専用垂直離着陸機 アースラ01 アースラ02 ガンヘッド 星井美希 宇宙戦艦ヤマト04 宇宙戦艦ヤマト05 宇宙戦艦ヤマト06 宇宙戦艦ヤマト07 宇宙戦艦ヤマト08 連合宇宙艦隊セット コスモゼロ01 コスモゼロ02 コスモファルコン01 主力戦艦[完結編]01 主力戦艦[完結編]02 駆逐艦[完結編] プリンス・オブ・ウェールズ シュルツ艦 ナスカ01 ナスカ02 三段空母 多層式航宙母艦 シュデルグ デスラー艦[Ⅲ版] ガミラス艦セット1 戦闘母艦 ミランガル アンドロメダ ノイ・バルグレイ アルビオン02 リリー・マルレーン デンドロビウム ノイエ・ジール アウドムラ ギャロップ01 ギャロップ02 ギャロップ03 アストレイ 61式戦車 ガルダ01 ガルダ02 ゼネラルレビル 01 ゼネラルレビル 02 アレキサンドリア サザビー ガデラーザ X-wing04 X-wing05 X-wing レジスタンス仕様 01 AT-ST R2-D2 R5-D4 タイ・ファイター タイ・アドバンスト ナブー・スターファイター ミレニアム・ファルコン 02 AT-M6 愛国丸 さつま フランカーD スピットファイア フェラーリ458イタリア 4号戦車 九七式中戦車 九五式軽戦車 ティーガーI BT-42 センチュリオン T-34/85 B1bis 八九式中戦車甲型 クルセイダーMk.Ⅲ チャーチル歩兵戦車 Mk.Ⅶ あんこうチーム 知波単学園 メカブトン 01 メカブトン 02 アールカンバー グゥエール 年賀状 年間まとめ その他 とらドラ! みなみけ キャロットウェポン射出カプセル ダライアス ノヴェンバー・ステップス ノーチラス ベホイミちゃん レイノス ロストプラネット 斑鳩 模型イベント 清姫 紋章機 通信販売