ガレージキット

2018年9月18日 (火)

ランスロット(Fate/Grand Order)製作記3

■最終仮組(2018.9.17)
2086
ランスロット、最終仮組しました。
全てのパーツを付けて各部をチェックします。
2089
背中から生えるビット(?)は自遊自在という針金で接続しました。
針金は自由に曲げられるのでポーズに合わせられます。

チェックをして問題なかったのでバラして塗装です。
 
■塗装(2018.9.19)
2091
鎧の黒い部分をガンメタで塗るために下地の黒を吹きます。
2098
ガンメタをMAX塗りしたらマスキングします。
2100
マスキングしたらベースグレーを塗り、鎧色の暗いメタリックパープルをMAX塗りします。
塗り終わったらやや明るい塗料でハイライトを入れます。
2096
アロンダイトは側面を塗ったらマスキングして全体を塗ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月26日 (日)

ランスロット(Fate/Grand Order)製作記2

■仮組(2018.8.26)
2067
ランスロット仮組出来ました。

各部がトゲトゲで、それがシャープに造型されていてカッコイイです。
その分エッジの気泡処理が大変でしたが、しっかり処理しないと原型の良さをダメにしてしまうので丁寧に処理しました。

この後バラして2度目の洗浄です。
 
■スジボリ(2018.8.31)■
2083
太股等に有る黒い線は凸モールドになってます。(青線)
コレの縁をケガいておくとスミ入れで塗り分けがハッキリします。
数が多いので大変ですが、ココでしっかりやっておけば後々楽になり、結果時間も短縮できます。
 
鎧の紫と黒い部分の境界線もスジボリします。(赤線)
ココは鎧が重なってる部分でもあるので深めにスジボリしておきます。
 
■2回目洗浄(2018.9.5)■
2089
パーツの加工が終わったら2度目の洗浄をします。
 
2度洗浄することで離型剤落としを確実にし、作業で付いた削りカスや手の脂を除去します。

■サフ吹き(2018.9.6)
2021
パーツを乾かしたらガイアのマルチプライマーを吹いた後、サフを吹きます。
 
■パーツ加工
2034

手首と肩には細かい飾りを付けますがパーツが小さいので慎重に作業します。
 
飾りを接着したら飾りの周りをスジボリして別パーツ感を出します。
2085
手に持つ鉄パイプの先端は資料を参考に凸凹に加工しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月 8日 (水)

ランスロット(Fate/Grand Order)製作記

2028

次のお題は「とらの会」の「ランスロット」です。
当日版権のガレージキットです。
 
依頼品なのでオーダーに従い制作します。

■洗浄(2018.8.8)
2030

今回製作するのはレジン製のガレージキットなので、まずは離型剤落としのため洗浄します。
ポリデントを溶かしたお湯に漬け込んだら中性洗剤+クレンザーでガシガシ洗います。
2032
洗浄が終わったら食器乾燥機で乾燥させます。

■バリ取り・気泡埋め(2018.8.11)
2036
パーツが乾いたらゲート・パーティングラインを処理します。
スクレーパーやダイヤモンドヤスリで処理します。
2034
パーツの処理中に気泡を見つけたら埋めます。
レジン棒を削り、瞬着で気泡に接着したら削り出します。
2042
今回製作するのはアクションフィギュアですので、動かしたときの塗装のハゲる危険性が有ります。
そこで、塗料の食い付きを良くするために表面を荒らしておきます。
 
パーツ右側が処理した状態です。
HiQPartsのロックピンセットにゴットハンドの神ヤスを挟んでヤスリ掛けしました。

2043
アーマーが重なってる所はマイクロチゼルでスジボリをして別パーツ感を増してます。
 
■軸穴開口(2018.8.18)
2051
ジョイント軸穴を開けるときはドリルにテープで目印をしておき、掘り過ぎない様にします。
2048
プラボールの受け口はドリルで大体の大きさの穴を開けたらリューターで少しずつ様子を見ながら仕上げます。
2056
股関節ジョイントの受け穴はキットの指定では水平に開ける様になってますが、それですとジョイント軸を半分ぐらいカットしないといけません。
そうすると保持力に不安が出るため依頼主と相談して斜めに開口する形にしました。
 
斜めにする事で可動にクセが出ますが穴の深さを稼げます。
これでも少し軸を切らないといけないのですが保持力は十分あります。
2058
股間と肩のジョイントは片側を少し切り詰める必要があります。
短くしたジョイントの長さがバラバラだと困るのでプラパイプでゲージを作りました。
 
このゲージにニッパーの刃を当て、軸をカットします。
これでジョイント長さを統一できます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月21日 (土)

山の翁(Fate/Grand Order)完成

Ti01
放課後リボル部製ガレージキット、山の翁(キングハサン)完成しました。
 
TINAMIに画像を投稿しました。
画像はコチラ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月11日 (水)

山の翁(Fate/Grand Order)製作(塗装3)

2068
肩アーマー前面の板はスプリング接続にしました。
2069
これで、可動に合わせ板が動くので胴体との干渉を解消できます。

2066
スミ入れが終わったら保護のためクリアを吹きます。
2070
クレオスのレイヤーバイオレットでフィルタリングします。
2074
鎧のエッジにタミヤのウェザリングマスター銀でドライブラシします。

ウェザリングマスターは粉状なので保護のために半ツヤクリアを吹きます。
マント等、布部分はツヤ消しクリアを吹きました。
2080
目玉にはH・アイズを埋め込みました。
2082
胸と剣のドクロは発光してる風にグラデ塗装しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 4日 (水)

山の翁(Fate/Grand Order)製作(塗装2)

2045
ドクロ部分はベースグレー→白でMAX塗りしました。

2051
胴の鎧はベースグレー→少し明るいベースグレーでMAX塗り→スモークです。
2047
手足の鎧はガンメタ→スターブライトアイアンでMAX塗り→スモークです。
 
鎧部分はスモークを塗ることで深みを出してます。
2054
剣は中央をスターブライトアイアン、縁をガンメタで塗りました。
ここからマスキングして巻き付けてある布を塗ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月31日 (土)

山の翁(Fate/Grand Order)製作(塗装)

2036
鎧各所に有る紫を塗ります。
2039
関節ジョイントも塗装するように指示されたので塗ります。
プライマーを塗ってから黒サフ→塗装します。

色を間違えないように台座にメモをしておきました。
2042
紫部分をマスキングしたら黒サフを全体に塗ります。
2043
マント等、布部分は黒にベースグレーでMAX塗りしました。
さらに明るいベースグレーでハイライトを入れてます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月29日 (木)

山の翁(Fate/Grand Order)製作(各部加工4)

2019
足の付け根はイエサブ球体ジョイントを斜めに挿してます。
 
そのためちょっとジョイントがボディから浮いてます。
完成すると余り見えないところとは言え、このままでは見た目が悪く可動させたとき軸への負荷も多そうです。

2024
そこで、ジョイントの受けを作るためポリパテを塗りジョイントを押しつけました。
 
昔、自作ガレキを作ったときの治具が役に立ちました。
2027
ポリパテが半硬化したら一度外し、治具を戻したら完全に硬化させます。
治具を外したら成型して完成です。

これで見た目も良くなりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月28日 (水)

山の翁(Fate/Grand Order)製作(仮組2)

2086
剣に刺さってる釘はレジンパーツが有りますが、こういったシンプルなパーツはプラ棒+プラパイプで自作した方が早いし精度も出せます。
2090
全てのパーツの加工が終わったので仮組みしてチェックします。
関節の調整も済みました。

これからバラして塗装です。

※右手のトゲの向きが間違ってるとディーラーの方からご指摘頂きました。
完成時は間違えないように注意します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月23日 (金)

山の翁(Fate/Grand Order)製作(各部加工3)

2033
さらにサフを吹いて表面をチェックします。
埋め切れてない気泡や傷をプラパテを使って埋めます。

処理したらサフを吹きます。
2053
右手のひらと剣のグリップにネオジム磁石を埋めて脱着できるようにしました。
最初2ミリの磁石を埋めたのですが保持力が足りずギリギリでしたが3ミリの物に替えました。

グリップのネオジムは表面に黒瞬着を塗って隠します。
2054
手首にボールジョイントを埋め込みました。
これでポーズを取ったとき、手に表情が出せます。
2075
キットで股関節はボールジョイントを使うように指定してたのですが、チョット動かし辛かったので球体ジョイントに替えました。

ジョイント軸の深さを確保するために斜めに穴を開けてます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

バンダイ | ハセガワ | ファインモールド | コトブキヤ | PLUM | ピットロード | WAVE | B-CLUB | アオシマ | アルカディア(旧やまと) | ボークス | プラッツ | タカラトミー | グッドスマイルカンパニー | ベルファイン | プラモデル | ガレージキット | 完成トイ | 機動戦士ガンダム | エルガイム | 装甲騎兵ボトムズ | 聖戦士ダンバイン | 戦闘メカザブングル | 機甲界ガリアン | 無敵超人ザンボット3 | 宇宙戦艦ヤマト | キャプテン・ハーロック | 銀河鉄道999 | スタジオジブリ | 未来少年コナン | エヴァンゲリオン | ふしぎの海のナディア | グレンラガン | アーマード・コア | PSO | レイストーム | アイドルマスター | メダロット | Fate/stay night | リリカルなのは | マクロス | 機動戦艦ナデシコ | テッカマンブレード | ガールズ&パンツァー | タイムボカン | ナイツ&マジック | スターウォーズ | サンダーバード | 松本零士 | 宮崎駿 | メカコレ | ガンコレ | ロボット魂 | ミニプラ | ねんどろいど | ビークルモデル | 1/12 | 1/24 | 1/35 | 1/48 | 1/60 | 1/72 | 1/100 | 1/144 | 1/400 | 1/500 | 1/700 | 1/1000 | 1/1200 | 1/1500 | 1/1700 | 1/4000 | 1/6000 | VF-11 02 | YF-19/VF-19 01 | YF-19/VF-19 02 | YF-19/VF-19 03 | マクロス 要塞艦 | VF-25 | VF-4 | ブラックサレナ | 鉄巨神 | プロマキス | ギガント | 山の翁 | ランスロット | ザンボット3 | ブラスターブレード | Ν-ノーチラス号 | テスタロッサ01 | テスタロッサ02 | サンダーバード2号 | サンダーバード4号 | サンダーバードS号 | ドラムロ | グランビートル | カイゼルビートル | アルカディア号01 | アルカディア号02 | アルカディア号03 | ホワイト・グリント01 | ホワイト・グリント02 | R-GRAY1 | ネルフ司令官専用垂直離着陸機 | アースラ01 | アースラ02 | ガンヘッド | 星井美希 | 宇宙戦艦ヤマト04 | 宇宙戦艦ヤマト05 | 宇宙戦艦ヤマト06 | 宇宙戦艦ヤマト07 | 宇宙戦艦ヤマト08 | 連合宇宙艦隊セット | コスモゼロ01 | コスモゼロ02 | コスモファルコン01 | 主力戦艦[完結編]01 | 主力戦艦[完結編]02 | 駆逐艦[完結編] | プリンス・オブ・ウェールズ | シュルツ艦 | ナスカ01 | ナスカ02 | 三段空母 | 多層式航宙母艦 シュデルグ | デスラー艦[Ⅲ版] | ガミラス艦セット1 | 戦闘母艦 | ミランガル | アンドロメダ | アルビオン02 | リリー・マルレーン | デンドロビウム | ノイエ・ジール | アウドムラ | ギャロップ01 | ギャロップ02 | ギャロップ03 | アストレイ | 61式戦車 | ガルダ | ゼネラルレビル | アレキサンドリア | X-wing04 | X-wing05 | X-wing レジスタンス仕様 01 | AT-ST | R2-D2 | R5-D4 | タイ・ファイター | タイ・アドバンスト | ナブー・スターファイター | ミレニアム・ファルコン 02 | AT-M6 | 愛国丸 | さつま | フランカーD | 4号戦車 | 九七式中戦車 | 九五式軽戦車 | ティーガーI | BT-42 | センチュリオン | あんこうチーム | 知波単学園 | メカブトン | アールカンバー | グゥエール | 年賀状 | その他 | とらドラ! | みなみけ | キャロットウェポン射出カプセル | シルフィード | ダライアス | ノヴェンバー・ステップス | ノーチラス | ベホイミちゃん | レイノス | ロストプラネット | 斑鳩 | 模型イベント | 清姫 | 紋章機 | 通信販売