ギャロップ01

2015年6月 9日 (火)

1/400 ギャロップ 完成

Top

「1/400 ギャロップ」完成写真UPしました。
画像はコチラ
■依頼内容■
●前部機銃を真鍮パイプ+真鍮線で置き換え●アンテナをプリングパイプ+プラパイプで作り直し●前面ハッチは開状態と閉状態を磁石で換装可能●コクピットにフレームを追加●主砲は真鍮パイプに置き換え●塗装によるパネルラインの再現●MAX塗り●ウェザリング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月23日 (月)

1/400 ギャロップ 製作(梱包)

2717

ギャロップが完成しましたので、依頼主に郵送します。
 
プラモデルの場合は軽いので外せるパーツを外してクッション材で包めば大丈夫な場合が多いのですが、今回はレジン製で重みがあるので郵送中に壊れないようにケースを作りました。
手間は掛かりますが、壊れる心配は無くなります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月19日 (木)

1/400 ギャロップ 製作(ウオッシング)

2711

基本塗装が終わったらエナメル塗料でウオッシングします。
ダークブラウンをメインに場所によってブラウンやグレーを使い分けます。
 
ウオッシングが終わったらタミヤのウェザリングマスターを使って、パネルラインの再現や銃口のスス汚れを追加します。
 
それが終わったら、ツヤ消しクリアを吹いて完成です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月18日 (水)

1/400 ギャロップ 製作(塗装3)

2705

機体色をMAX塗りしたらパネルライン用のマスキングテープを剥がします。
 
ここからさらに機体色を上塗りして、差を無くします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月15日 (日)

1/400 ギャロップ 製作(塗装2)

2702

コクピットのガラスは黒下地にスモークを吹いて再現します。
クリアカラーは上塗りしたとき滲む危険性があるので不要な部分はマスキングします。(画像1)
 
機体には塗装でパネルラインを再現するので、マスキングテープを貼ります。(画像2)
 
マスキングが終わったら機体色を細吹きしてMAX塗りします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月12日 (木)

1/400 ギャロップ 製作(塗装)

2700

キット指定ではホバー部は主砲や機銃と同色の青色なのですが、これは昔のアニメなので使用する色を抑える為と推測できます。(脇役ですしね)
ここは色を変えた方が変化が出るので依頼主と相談してグレーで塗りました。
 
ホバー部や背面排熱口等をグレーに塗ったらマスキングします。
 
ここからMAX塗り下地の黒に近いグレーを塗ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月10日 (火)

1/400 ギャロップ 製作(各部加工)

2689

パーティングライン処理で消えたディティールをプラ板等で再生します。
この時サフを剥がし、レジンの地を出すことが大事です。
こうしないとサフごと追加したパーツが剥がれる危険性があります。(画像1)
 
上部コクピットはフレームを追加して、前後の部分だけガラスになってる様にします。(画像2)
 
主砲は真鍮パイプに置き換えました。(画像3)
 
主砲付け根にはポリキャップを内蔵して回転できるようにしました。(画像4)
2692
前部機銃は真鍮パイプ+真鍮線の組み合わせで置き換えました。(画像5)
 
アンテナ基部はスプリングパイプ+プラパイプで作り直しました。(画像6)
 
キットの前面ハッチは開状態と閉状態の選択式ですが裏側にスチール板を張り、ボディにネオジム磁石を埋め込むことで換装できる様にしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月 6日 (金)

1/400 ギャロップ 製作(各部加工)

2677

このキットは業者整形で気泡もほとんど無く綺麗です。
ただ、型ズレが酷いところがあり整形が必要です。
特にホバー部は酷いので一部スジ彫りを埋めて掘り直す必要があります。(画像1)
 
ホバー部と背面廃熱口はマスキングして塗り分けるので境目をスジ彫りしておきます。
これは塗装の剥がれやマスキング漏れ防止に効果があります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月 4日 (水)

1/400 ギャロップ 製作(仮組)

2674

ギャロップ、仮組しました。
ガレージキットとしては合いは良好です。
 
ここからバラして2度目の洗浄をしてプライマー吹き→サフ吹きです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月 3日 (火)

1/400 ギャロップ 製作(洗浄)

2668_2

このキットはガレージキットなので、まずは離型剤落としです。
 
ポリデントを溶かしたお湯につけ込んだ後、中性洗剤+クレンザーで洗います。
 
パーツを乾燥させたらバリ取りです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

バンダイ ハセガワ ファインモールド コトブキヤ PLUM ピットロード WAVE B-CLUB アオシマ アルカディア(旧やまと) ボークス プラッツ タカラトミー グッドスマイルカンパニー ベルファイン タミヤ プラモデル ガレージキット 完成トイ 機動戦士ガンダム エルガイム 装甲騎兵ボトムズ 聖戦士ダンバイン 戦闘メカザブングル 機甲界ガリアン 無敵超人ザンボット3 クラッシャージョウ 宇宙戦艦ヤマト キャプテン・ハーロック 銀河鉄道999 スタジオジブリ 未来少年コナン エヴァンゲリオン ふしぎの海のナディア グレンラガン アーマード・コア PSO レイストーム アイドルマスター メダロット Fate/stay night バーチャロン リリカルなのは マクロス 機動戦艦ナデシコ テッカマンブレード ガールズ&パンツァー タイムボカン ナイツ&マジック スターウォーズ サンダーバード 松本零士 宮崎駿 メカコレ ガンコレ ロボット魂 ミニプラ ねんどろいど ビークルモデル 1/12 1/24 1/35 1/48 1/60 1/72 1/100 1/144 1/400 1/500 1/700 1/1000 1/1200 1/1500 1/1700 1/4000 1/6000 鉄巨神 プロマキス ウィンガル ファイター1 VF-11 02 YF-19/VF-19 01 YF-19/VF-19 02 YF-19/VF-19 03 マクロス 要塞艦 VF-25 VF-4 ブラックサレナ ギガント 山の翁 ランスロット ザンボット3 ブラスターブレード Ν-ノーチラス号 テスタロッサ01 テスタロッサ02 サンダーバード2号 サンダーバード4号 サンダーバードS号 ドラムロ グランビートル カイゼルビートル テムジン アルカディア号01 アルカディア号02 アルカディア号03 ホワイト・グリント01 ホワイト・グリント02 R-GRAY1 ネルフ司令官専用垂直離着陸機 アースラ01 アースラ02 ガンヘッド 星井美希 宇宙戦艦ヤマト04 宇宙戦艦ヤマト05 宇宙戦艦ヤマト06 宇宙戦艦ヤマト07 宇宙戦艦ヤマト08 連合宇宙艦隊セット コスモゼロ01 コスモゼロ02 コスモファルコン01 主力戦艦[完結編]01 主力戦艦[完結編]02 駆逐艦[完結編] プリンス・オブ・ウェールズ シュルツ艦 ナスカ01 ナスカ02 三段空母 多層式航宙母艦 シュデルグ デスラー艦[Ⅲ版] ガミラス艦セット1 戦闘母艦 ミランガル アンドロメダ ノイ・バルグレイ アルビオン02 リリー・マルレーン デンドロビウム ノイエ・ジール アウドムラ ギャロップ01 ギャロップ02 ギャロップ03 アストレイ 61式戦車 ガルダ ゼネラルレビル 01 ゼネラルレビル 02 アレキサンドリア サザビー X-wing04 X-wing05 X-wing レジスタンス仕様 01 AT-ST R2-D2 R5-D4 タイ・ファイター タイ・アドバンスト ナブー・スターファイター ミレニアム・ファルコン 02 AT-M6 愛国丸 さつま フランカーD スピットファイア 4号戦車 九七式中戦車 九五式軽戦車 ティーガーI BT-42 センチュリオン T-34/85 B1bis 八九式中戦車甲型 クルセイダーMk.Ⅲ チャーチル歩兵戦車 Mk.Ⅶ あんこうチーム 知波単学園 メカブトン 01 メカブトン 02 アールカンバー グゥエール 年賀状 その他 とらドラ! みなみけ キャロットウェポン射出カプセル シルフィード ダライアス ノヴェンバー・ステップス ノーチラス ベホイミちゃん レイノス ロストプラネット 斑鳩 模型イベント 清姫 紋章機 通信販売