PLUM

2011年6月12日 (日)

1/35 レイノス出品

Fgtop1/35 レイノス、Yahoo!オークションに出品しました。

fgにも画像をUPしました。

よろしくお願いします。

http://page6.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/f99415396

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月11日 (土)

1/35 レイノス製作

Cimg6730下地処理が終わりましたらリューターでダメージ表現を施します。
今回は1/35なのでいつもより大きなビットを使い、ダメージ箇所も細かくならないように注意しました。(画像1)

肩のタンクに入る赤ラインは塗装で再現しました。
基本色が終わったら赤く塗る部分を残してマスキングします。
赤ラインの剥げを再現するためマスキングゾルを塗りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1/35 レイノス製作

Cimg6715キットの銃用手首は親指が別パーツになっており接着しなければ完成後も銃を外せますが、キットのままでは親指が外れ易いので手を加えます。
画像はキットの状態です。(画像1)

親指の軸を切り落としプラ棒に変えます。柔軟性のあるプラ棒を使いました。
受け側にも穴を開ければ完成です。
これでイラストの様に銃を縦に持たせる事が出来ます。
もっとも平手は左手しかないのでイラストとは手が逆ですが雰囲気は出ると思います。(画像2)

頭部アンテナは途中で切断して先端を0.5ミリ真鍮線に置き換えました。(画像3)

合わせ目処理で消えたモールドはプラ板で再生しました。(画像4)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 9日 (木)

1/35 レイノス製作

Cimg6694バックパックのバーニアに内側にコトブキヤのパーツを付けよりバーニアらしくしました。
一番右がキットのままです。(画像1)

バックパック左右のパーツ外側には穴を開けラックらしくしました。(画像2)

バックパック下に着くパーツは左右にネジモールドを追加して下部に穴を開けました。(画像3)

バックパック上部にはフックを追加しました。(画像4)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 8日 (水)

1/35 レイノス製作

Cimg6693 肩はフレームを挟み込む構造なので加工します。

まずは肩のパーツを接着します。
ずれないようにフレームを挟み込んでおきます。(画像1)

接着剤が乾いたらエッチングソーで切り離します。(画像2)

切り離さない側もスジ彫りをしておきます。
パーツの構成を考えてスジ彫りの方向や太さを変えています。(画像3)

前腕に付くアーマー裏側の上部をプラ板で塞ぎました。
可動に支障が出ないようにしました。
突き出しピンの処理も忘れないようにします。(画像4)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 1日 (水)

1/35 レイノス製作

Cimg6692太ももに付く膝関節はピンを削る事により塗装後接着する様にしました。(画像1)

すね外側に付くバーニアパーツはドリルで開口した後、リューターで仕上げました。(画像2)

すね両側に付くパネルにはスジ彫りが有るのですが、成形の都合上浅くなってるのでエッチングソーで彫り直しました。(画像3)

すねパーツ全体の加工が終わりました。(画像4)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1/35 レイノス製作

Cimg6682つま先の爪のパーツは可動軸を切り離し、3ミリプラ棒を接着しました。(画像1)

ポリキャップのカバーはWAVEのプラサポの上下にプラ板を貼り付け、丸く加工しました。(画像2)

つま先の加工が終わった状態です。
ポリキャップ内臓により爪の脱着が出来るようになりました。(画像3)

足首全体のパーツ構成は画像のようになりました。(画像4)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月30日 (月)

1/35 レイノス製作

Cimg6665つま先のパーツも爪を挟み込む構成なので加工します。

つま先のパーツはフレームを挟み込む必要が無いのでポリキャップを内蔵して爪のパーツを脱着できるようにしました。

まずは爪の可動軸は5ミリなのでWAVEのプラサポを使って3ミリにします。(画像1)

接着剤が乾いたらポリキャップの厚み分削ります。(画像2)

ポリキャップを挟み込んで接着したら踵のパーツと合わせるためにスジ彫りをします。
ガイド用のテープを貼り付けエッチングソーでスジ彫りしました。(画像3)

完成した状態です。(画像4)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月29日 (日)

1/35 レイノス製作

Cimg6664踵の爪パーツの可動部には肉抜き穴があるので、それを埋めます。

まずは中央にレジン板を差し込みます。
レジン板を使ったのはプラ板より柔らかくて加工がし易いからです。(画像1)

次に左右の隙間を埋めます。
ココはプラ板を使いました。(画像2)

接着剤が乾いたら成形します。(画像3)

可動軸の上に有る隙間にはポリ軸を差し込みました。
ポリ軸を削る時、軸の上から少し飛び出すように残すことで可動部のゆるみ防止に役立てます。(画像4)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1/35 レイノス製作

Cimg6575踵のパーツは爪とフレームを挟み込む形になってるので塗装後に組立できるように加工します。

まずは踵のパーツの左右を接着します。
そのときパーツがずれないように爪のパーツを挟み込んでおきます。(画像1)

接着剤が乾いたらエッチングソーで側面を切り離します。
切り離さない側もスジ彫りをして左右を揃えます。(画像2)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

バンダイ | ハセガワ | ファインモールド | コトブキヤ | PLUM | ピットロード | WAVE | B-CLUB | アオシマ | アルカディア(旧やまと) | ボークス | プラモデル | ガレージキット | 完成トイ | 機動戦士ガンダム | エルガイム | 装甲騎兵ボトムズ | 聖戦士ダンバイン | 戦闘メカザブングル | 宇宙戦艦ヤマト | 松本零士 | キャプテン・ハーロック | 銀河鉄道999 | スターウォーズ | スタジオジブリ | 宮崎駿 | 未来少年コナン | エヴァンゲリオン | ふしぎの海のナディア | グレンラガン | アーマード・コア | PSO | レイストーム | アイドルマスター | メダロット | リリカルなのは | マクロス | 機動戦艦ナデシコ | テッカマンブレード | メカコレ | ガンコレ | ロボット魂 | 1/12 | 1/24 | 1/35 | 1/48 | 1/60 | 1/72 | 1/100 | 1/144 | 1/400 | 1/500 | 1/700 | 1/1000 | 1/1200 | 1/1500 | 1/4000 | 1/6000 | VF-11 02 | YF-19/VF-19 01 | YF-19/VF-19 02 | YF-19/VF-19 03 | マクロス 要塞艦 | ブラックサレナ | ギガント | ブラスターブレード | Ν-ノーチラス号 | テスタロッサ01 | テスタロッサ02 | ドラムロ | グランビートル | カイゼルビートル | アルカディア号01 | アルカディア号02 | アルカディア号03 | ホワイト・グリント01 | ホワイト・グリント02 | R-GRAY1 | ネルフ司令官専用垂直離着陸機 | アースラ01 | アースラ02 | ガンヘッド | 星井美希 | 宇宙戦艦ヤマト04 | 宇宙戦艦ヤマト05 | 宇宙戦艦ヤマト06 | 宇宙戦艦ヤマト07 | 宇宙戦艦ヤマト08 | 連合宇宙艦隊セット | コスモゼロ01 | コスモゼロ02 | コスモファルコン01 | 主力戦艦[完結編]01 | 主力戦艦[完結編]02 | 駆逐艦[完結編] | プリンス・オブ・ウェールズ | シュルツ艦 | ナスカ01 | ナスカ02 | 三段空母 | 多層式航宙母艦 シュデルグ | デスラー艦[Ⅲ版] | ガミラス艦セット1 | 戦闘母艦 | ミランガル | アルビオン02 | リリー・マルレーン | デンドロビウム | ノイエ・ジール | アウドムラ | ギャロップ01 | ギャロップ02 | アストレイ | 61式戦車 | X-wing04 | X-wing05 | X-wing レジスタンス仕様 01 | AT-ST | R2-D2 | R5-D4 | タイ・ファイター | タイ・アドバンスト | ナブー・スターファイター | ミレニアム・ファルコン 02 | 愛国丸 | さつま | フランカーD | 年賀状 | その他 | とらドラ! | みなみけ | キャロットウェポン射出カプセル | シルフィード | ダライアス | ノヴェンバー・ステップス | ノーチラス | ベホイミちゃん | レイノス | ロストプラネット | 斑鳩 | 模型イベント | 清姫 | 紋章機 | 通信販売